2011/05/29

旧水上橋脇の石碑

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27871630_0?1306622644

とある日、尺里川沿いの道を山北駅方面に向かっていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27871630_1?1306622644

旧水上橋のトコに石碑が戻されていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27871630_2?1306622644

旧橋の袂に立っていた碑である
工事の際、撤去されてそのままかと思ったが、再びこの地に帰ってきた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27871630_3?1306622644

この石碑は裏書きを見れば判るが、明治34年の道了講ものである

富士講、大山講などが有名だが、道了講も道すがらなので大いに賑わったそうだ
講の最盛期は江戸末期で、明治の頃は既に下火であった

講の石碑は言うなれば記念碑であって、公的な道標でも道祖神的地域信仰でも無い
工事などで撤去される事が多々あるので、減る一方である

此処の石碑もそーかと思ったのだが、戻ってくるとは、、、
沿石も置かれて、ちょいと恰好が良くなったゾ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27871630_4?1306622644

旧橋と街道の交わるトコだったから、此処に置かれたのだろうか・・・
真新しい法面が何の跡だったのか、知る人もやがて・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27871630_5?1306622644

と思ったら、足元に旧橋の親柱銘板が!意気な事するなぁ
対岸もどーやら埋め込まれているようだ


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27871630_6?1306622644

石碑もまだ暫くは、この街道に立ち続けて欲しいぞ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27871630_7?1306622644

と言ったこの道は、旧武相縣道、大正9年の旧県道名で言えば、厚木御殿場線である
石碑の立ってるのは、赤丸の辺り

この道はやがて・・・
→昭和11年/縣道2號秦野御殿場線、→昭和29年/主要地方道東京沼津線
→昭和31年/二級国道246号東京沼津線、、、となる
尺里川沿いは、河川改修で風情が無くなったが、ちょいと松田方面に行くと旧道が味わえる
(旧道は尺里川から離れる)

水上橋(と、続く道)の方は旧地図にも載って無いので、然程歴史が深い訳ではなさそうだ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは
ちょっと立ち寄ってみました。
この辺(山北~南足柄)は、読むのが難しい地名が多いですよね。すでにご存じかと思いますが、尺里は、ヒサリと読むんですよね。
そして水上(ミズカミ)は、この水上橋のちょっと上手に農業用水の取水口があり、水上橋より下手に田んぼが広がっていました。つまり、田んぼへ水を流し始めるところ・・・ということらしいです。
住宅が広がり、昔の景色が失われて地名の由来も、後の方にはわからなくなってしまうかもしれませんね。
では、

No title

あと、この川のもう少し上流には、銅の鉱山跡があります。

No title

TAKAHASHIさん、こんにちわ

足柄は古事記にも登場する古い地ので、
地名や字(あざ)には珍しい名があります

また、箱根や丹沢などに古代山岳宗教があったそうで、
山や地名に変わった名があるのは、そういう流れもあるそうです


西丹沢や、表丹沢にあったのは知ってましたが、
尺里川沿いに鉱山があるとは知りませんでした

ありがとうございます