2010/10/30

小田原電気鉄道/三枚橋付近

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26381060_0?1288374530

箱根湯本/三枚橋である
小田原馬車鉄道の開業 1888年(明治21年)から小田原電気鉄道時代の 1913年(大正2年)まで、
鉄道は現在の早川左岸ではなく、右岸側(川向こう)を通っていた

割とマトモな地図が出来るようになったのは大正時代で、従って詳しい当時の地図は無い
するってぇと

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26381060_1?1288374530

昔の写真と比べて鉄道跡を推論するしか無い(ヒェ~~
恐らく明治末期の写真だと思われるが、電気鉄道の車両と線路が写っている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26381060_2?1288374530

当時は右岸側に三枚橋停車場があり、線路は早川の近くを通っていた

ちなみに探してはいるのだが、馬車鉄道時代の写真は湯本停車場しか見つかっていない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26381060_3?1288374530

これらの写真に写っている三枚橋は、まだ木橋の頃


てな訳で、早川の右岸側を色々廻ってみたものの、鉄道跡と思われる形跡は見つからない
流石に100年前だしなぁ、、、という事もあるが、地形的に変な事も気づいた

どうも今の川沿いというのは、昔と違うんじゃないか?
現在の川沿いは人工的に造られたではないか(土手というレベルでは無く)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26381060_4?1288374530

三枚橋、鋼トラス吊橋時代の写真
ソコに写っていたモノに気付いた(赤枠)
土手造ってる!

三枚橋の歴史を調べてみた

開通年月日: 1876年11月 橋長 42m 幅員 3.6m 形式: 木橋
開通年月日: 1884年06月 橋長 42m 幅員 3.6m 形式: 木橋
<1888年(明治21年)10月1日 国府津駅 - 小田原駅 - 湯本駅(現:箱根湯本駅)間開業>
開通年月日: 1889年08月 橋長 42m 幅員 4.5m 形式: 木橋
開通年月日: 1894年11月 橋長 42m 幅員 4.5m 形式: 木桁橋
<1900年(明治33年)3月21日 全線電化>
<1913年(大正02年)8月29日 風祭~湯本路線変更>
開通年月日: 1922年 橋長 61.2m 幅員 3.6m 形式: 吊橋 鋼ポニートラス補剛,木床。
開通年月日: 1927年 橋長 60.5m 幅員 3.6m 形式: 吊橋 鋼ポニートラス補剛,木床。 鉄骨塔
<1935年(昭和10年)10月1日 鉄道線 小田原駅 - 箱根湯本駅間開業>
<小田原市内線 箱根板橋駅 - 箱根湯本駅間廃止>
開通年月日: 1964年 橋長 46m 幅員 6.5m 形式: 連続プレートガーダー l=36.8+8.2

注目すべきは橋長。木橋時代に短いのは、土手(岸)間に架かっていたのでは無く、
川の流れてる部分だけに架かっていたのと、
後期では土手から突き出した堤から橋が架けられていたようだ

そして、鉄道は左岸に移ってしまったが、1922年の鋼トラス吊橋時代の橋長は 60m程だ
現在のガーター橋 46mの1.5倍近くも長かったのだ
川幅が2/3程度になってしまった

↑最初の写真と、5枚目を比べると判ると思う
5枚目にある土手は現在の右岸川岸になったのだ

現地調査でも、流石に鉄道ネタは拾えなかったが、早川の幅は「昔は広かった」と情報を得ていた
広いったって、多少だろう、、、と思ってたのだが、これ程とは・・・

半端じゃない土地改良があったようで、当時の地形はサッパリ判らなくなってしまった
推定される鉄道跡は線引きできるけど、現在の地形とはマッチしそうにない
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

もはや現代との共通点は遠景の山並みだけという・・・。
川は浅く広く→深く狭くになったという事か。一番上の写真と比べると、右側の川岸や山も道路と鉄道通すためにガリガリバリバリ削りまくってる感じですね。

No title

影武者さん、こんにちわ

その遠景だけが頼りです(情けない)
しかし、近・遠の山が写っていれば、場所の特定はかなり正確に行えます
建物が建ってなきゃ、簡単なんだけどなぁ