2010/09/24

小田原市/昔の海岸護岸 Part3

前回の御幸の浜プールから西、御幸の浜までの護岸を調査する

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_0?1285293487

御幸の浜プール陸地側の護岸は殆ど残っていない
プールの工事で消えてしまったのか、後に撤去されたのか定かでない
プールの中間地点で僅かに残るだけだった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_1?1285293487

プール西口に来た
こちら側は、プール奥の陸地側に護岸が続いている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_2?1285293487

護岸(堤防)の上から、西側を見る
堤防型護岸は、そこで終了

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_3?1285293487

堤防の最後の切れ込み。ここから砂浜へ下りる階段があるが、背面はドコにも出れない
私が子供の頃からこうだったと思うが、何故こーなってるのだろう?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_4?1285293487

海側には防潮堤が取り付けられてるが、かつては板をはめ込んで高潮に対抗した
はめ込みスリットは石造りなので、全体はコンクリ化されてるけど、元々は古い物だろう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_5?1285293487

地元の人でも、ドコの話だ?になりかねないのて、航空写真を
緑のラインが御幸ヶ浜の通りだ。防波堤の切れ込みは、赤でマークした場所

御幸ヶ浜の通りから、そのまま階段で海岸に下りられるのに、
こんな所に浜への出入り口があるのが謎だった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_6?1285293487

大正6年の地図。当時の御幸ヶ浜の通り(緑ライン)は、浜へ直接出れなかったのである
赤でマークしてあるのは、江戸時代末期に造られた砲台(台場)の跡

此処には代官町御台場という砲台跡があった
故に迂回する形で道が造られ、その痕跡として防波堤の切れ込みが残っているのである

なお、他の2つを含めて、全ての砲台跡の痕跡は、残されて無い

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_7?1285293487

古い地図には砲台跡が描かれて無いものが多いので、色々調べてみたが、
いつ頃まで残っていたのか不明である
航空写真のある時代では、既に跡形も無い

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_8?1285293487

御幸ヶ浜の代官町御台場跡と言えるのは、この行幸在所跡
台場跡がそのまま使われたらしい。現在残るこの一角だけという事では無い

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_9?1285293487

明治6年の行幸があった故に、此処が「御幸ヶ浜」という名称となったのである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_10?1285293487

寝かせてあったが、元は石碑だったようだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_11?1285293487

西湘バイパスは御幸ヶ浜の部分、開口高架となってる
ここの護岸は、現役という事になる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_12?1285293487

御幸ヶ浜通りの末端。階段上から西側を見る
西湘バイパスが出来る以前、かつての市民プールはこの先にあった
1952年の航空写真にも写ってるね

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_13?1285293487

この護岸は現役となるのだが、今まで(東側)が防波堤形状だったのに、法面的護岸となってる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_14?1285293487

旧地図にも描かれているが、御幸ヶ浜の通り(緑ライン)から東が防波堤(赤マーク/両側ギザギザ)、
西が法面的護岸(青マーク/片側ギザギザ)と造りが変わっている

東側が漁業を中心とした町なのは、今まで見た通り
ここから西は町並みもまったく変わるのだ

続く~

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26042624_15?1285293487

御幸ヶ浜の公衆トイレ裏には、小道があるのだが、そこにはささやかな防潮堤
護岸に対してめっさ小さいが、良いんだろうか・・・
西湘バイパス防波堤はあるけどさ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント