2010/07/29

小田原市中新田/酒匂川霞提跡

場所はこの辺 地図

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25481187_3?1280401544

国道255号から見た小道

下河原交差点から入れる道、左岸土手道に出るのは、一番近いルート
一般車両ではかなり入り辛いが、チャリだと気兼ねないので、よく通る道だ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25481187_4?1280401544

小道から国道255号方面を振り返る

小道に松が植わっているので、近くの飯泉神社の参道か、昔の河川堤跡かと思ってた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25481187_5?1280401544

こちらが現在の河川堤
右手に先程の松並木が見える

国道255号を越えた場所には続いて無いし、参道も現河川堤側だよなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25481187_1?1280401544

大正時代の地図を見ると、河川堤が二重になっていて、切れているようだ

霞提か?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25481187_2?1280401544

1952年の航空写真、国道255号や飯泉取水堰設備ができる前
はっきりと堰が切れて二重になっているのが判る。霞提だ

霞提とは、河川堤にあらかじめ切れ込みを入れておき、増水時に意図的に溢れさせる堤の形状
中に水が入ってくるが、遊水地として働くようになっている

酒匂川サイクリングコースにも二箇所あるので、走った事のある人は判るかも知れない

左岸(東側)には現存して無いと思ったのだが、こんな形で残ってるモンがあるとは
現在は新堤で塞がれてるので、霞提としての機能は無い

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25481187_0?1280401544

これは江戸時代の相州酒勾川通繪圖(横長図を縦にしてる)
黒線が河川堤

左岸にも霞提がいくつか描かれている
赤枠が今回の霞提跡と思われる

ちなみにこの霞提の一つ上流左岸の霞提も、地形的に残っているようだ
水路放水口も兼ねてるからか
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

昔の人の治水の知恵には感心しました。レポートありがとうございます。

No title

伊豆川哲也さん、こんにちわ

古来、酒匂川は大変な暴れ川だったようで、
霞堤が出来る前は度々堤が切れたそうです

この資料が詳しい
「地理空間情報を用いた江戸期酒匂川における治水史の 3 次元表現について」
http://gi-studentjp.org/s_forum/pdf/2009/20090209.pdf