2010/07/25

県道732号湯本元箱根線

箱根新道との交差地点地図 ココ

なんと1年の前のネタのフォローである 2009年7月2日の記事

要約すると、県道732号湯本元箱根線は昭和42年から工事が行われ、昭和46年(1971年)開通に至る
が、実際には改修であって、それ以前から道は存在した

県道が改修される前の1962年(昭和37年)3月31日
全国で2番目の自動車専用道路として箱根新道が開通していた

箱根新道が造られてから、下の道を県道として改修した(道路幅が広くなった)
それゆえ新道を潜る県道のカルバートが異様に狭いのである

その時はそのカルバート(橋梁か?)の写真が無かったので、今回忘れずに撮ってきた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25438521_0?1280046784

[元箱根側] 現道が、県道732号湯本元箱根線、上を行くのが箱根新道である
歩道が消えるのは当然としても、カーブが狭くなりながらカルバートを潜る
こちらからだと、遠近法で狭くなるようではっきりせん

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25438521_1?1280046784

[湯本側] こちらから見た方がよく判る
カルバートの所で車道ですら2/3程に狭くなる
センターラインがある通り、小型車ならなんとか擦れ違えるが、大きいのが来たら大変だ

カーブも絡んでいるので、バス等は遠慮なく全車線走行してくる

この幅が昭和46年(1971年)改修以前の道幅だと思われる
県道指定以前の道かどうかは、まだ調査中
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント