2010/07/05

都市計画道路/城山曽比線 整備工事

最初の場所はこの辺 地図

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25231390_0?1278262152

いきなりだが、家を削ってる写真
ココは都市計画道路/城山曽比線として、歩道付きの幅15m道路になるのだ
引っ掛かってる家は御覧の通り改築中なんだが、この道がそーなる事は昔から決まってたのに・・・

城山曽比線と言われてもピンとこないかと思う
神奈川県が整備してる道路なのだが、県道Noは付いて無い
というか、青橋からこの近くまでも城山曽比線なのだが、道路には県道74号のヘキサが立っている

県道74号の小田原山北線は、都市計画図では国道255号線と重複ののち、
飯泉入口から五百羅漢駅前を通って大雄山を目指しているのだ

都市計画図と現実(道路ヘキサ)とが一致して無いので、結構苦労する

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25231390_1?1278262152

さて、その城山曽比線だが、今の整備工事は目の前の「山神下交差点」までである
平成21年頃までには終わる予定だったのだが、用地買収に手間取り、平成23年度までかかるようだ

交差点はT字路になってるが、城山曽比線は真っ直ぐ進む
トンネルを掘って山の向こう側に出るのだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25231390_7?1278262152

判り辛いので、地図に加筆。現在行われている整備工事は赤線の部分
その先のピンクのルートで、小田原山北線の改良ルート(こちらもピンクで描いてしまった)に出る

まぁピンクの部分はまったくの手付かずだし、
小田急線のアンダークロス、大雄山線の立体交差など面倒な工事もあるので、
いつになったら出来るか・・・


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25231390_2?1278262152

ついでなので、直ぐ隣にある県道74号線も紹介しておこう
上の地図ピンクの部分、小田原山北線の改良ルート、城山曽比線が開通しない限り、
県道であり続ける道である

「大型右折のみ」の標識があるが、県道は正面直進である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25231390_3?1278262152

普通車でも擦れ違いに苦労する急坂の道
これが主要地方道なのである(神奈川県では2桁番号が主要地方道、3桁が一般県道)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25231390_4?1278262152

勾配標識が無いので、どんだけ~なのかは不明だが、かなりの急勾配
この区間は、神奈川県西部の険道としても有名である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25231390_5?1278262152

坂を登り切るとT字路を右折

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25231390_6?1278262152

若干下ったところにヘキサがある
この先の下りは道路改良が行われて、センターラインが出現する

城山曽比線等が全線開通すれば、この険道も市道に格下げされるであろうが、暫くはこのままだな
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント