2010/05/23

西湘貨物駅周辺パート4/クボタ・ダイヤ物産専用線/調査編

調査編では、どこに線路があったのか、実際にウロウロする
航空写真編を並べて見ると判り易いかも知れない。それ程跡形も無いのだ...今回もかい!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_0?1274572813

パート3の印刷局専用線が分岐する所からスタート
印刷局分岐のちょい先で、クボタ線は分岐していた・・・

ただ、当初は渡り線など無く、印刷局線が先に造られ、
後にクボタ線が印刷局線から分岐して引かれたので、現在の分岐の仕方と違っていた
渡り線敷設の際に改められたのだろう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_1?1274572813

印刷局線の跡地である西酒匂ポケットパーク、線路際に来ると新しい金網フェンス
その向こうは上の写真と同じコンクリ柵だ
クボタ線を廃止して塞いだのが金網フェンスという事になる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_2?1274572813

ちょい手前にポイントのある可能性が・・・なんか藪がいっそう濃いぃんすが
この藪の濃さは尋常ではない。ひょっとしたらポイントを取り払ってるかも知れない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_3?1274572813

さて、ここからクボタ・ダイヤ物産専用線が始まる
いきなりだがコンテナ流用の倉庫が立ち塞がっている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_4?1274572813

下の地面は、、、レールどころかバラストも取り払われていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_5?1274572813

コンテナ倉庫の反対側には、、、コンテナ倉庫
線路の反対側(ポケットパーク側)には水路が流れており、コンテナ間で暗渠へ消える
ソコにはプレートが貼られており、この暗渠が「第一松田橋梁」であると記されていた
この暗渠は本線を挟んで線路の北側(山側)まで続いている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_6?1274572813

コンテナ倉庫の反対側(東、専用線の続き)には、、、、

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_7?1274572813

イェーーーィ!家だぜ。線路跡はドコだよ~

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_8?1274572813

渡り線側には余地無い。線路跡には既に住宅が建っていたのだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_9?1274572813

住宅向こう側、酒匂堰に架かる橋梁
今ではコレがクボタ・ダイヤ物産専用線唯一の遺構となってしまった

しかし、打越跨線橋からはこの橋気づかなかったなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_10?1274572813

写真を見直して見ると・・・こんなトコに居ました!!(赤矢印)
クボタ・ダイヤ物産線は、航空写真で見る限り渡り線のちょい脇位に思えるのですが、
実際にはこんなに離れていたんすね
正直、私ももっと近いトコを通っていたよーな記憶があるので、
この橋梁が現存してなければ、かなり的外れな「線路跡」を引く所でした

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_11?1274572813

続いて、打越跨線橋の下へ
クボタ線はこの跨線橋の下を通っていた訳で、
鉄道ではお馴染みのコンクリ柵がココにあったと教えてくれます

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_12?1274572813

しかし、線路跡を物語るのは柵だけで、駐車場と化していました
停めるにはちょいと無理があるよーな感じですが・・・向こうとの接続通路が、おそらく線路跡です

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_13?1274572813

ダイヤ物産側はご覧の通り。鉄道跡は何も無し

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_14?1274572813

跨線橋上から渡り線付近をチェック
この時点では渡り線の直ぐ脇にクボタ線がある/あった可能性を考えていたので・・・
しかし、ギリで入りそうな余地には、コンクリ柵がありました(赤矢印のライン)
この隙間じゃ入らないなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_15?1274572813

酒匂堰の橋梁、跨線橋下の接続通路から想定するに、クボタ線はこのようなラインに
これでも渡り線との距離は控え目かも知れません

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_16?1274572813

クボタの工場敷地は、東端まで線路が続いていたようですが、敷地内通路になってました
線路+通路をおいて建物が建っていたが、線路が無くなった分を通路とし、
新しい建物は本線寄りに広がったように見えます

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_17?1274572813

続いて跨線橋からダイヤ物産側(西側)
舗装敷地との境に期待したのですが、ワザワザ線路を残す筈ないですね

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24780259_18?1274572813

ダイヤ物産(ゼネラル石油)のあった場所です
クボタ線本線と、ダイヤ物産線がこんな感じで並んでいました(場所等正確ではありません)

でかい油タンクの前に線路があり、そこにタンク貨車(タキ?)が並んでいた記憶があります

航空写真で確認した所、クボタ線は1988年に駐車場整備で消えているようです
ダイヤ物産線は1999年に(油タンク等すべて)更地になってました

次回は、西湘貨物駅自身の跡を探ります
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント