2010/05/14

小田原急行鉄道開業時の姿

小田原急行鉄道とは、小田急電鉄株式会社の創業時の名称である

酒匂川橋梁の話から、小田急が開業時「一部単線」で営業を開始した。という事が判った
そーなったら調べない訳にはいかんぜよ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/725107/img_725107_24677283_1?1273803991
拡大
まずはアジ歴で申請書(?)をチェック。備考欄に「新宿多摩川間複線ナリ」と書かれてる
一部複線、一部単線という事は公的に確かめられた

↑の話や、Web上のネタからすると新宿~稲田登戸駅(現/向ヶ丘遊園駅)間が複線で後は単線だった
というのが定説みたいなんだが、ちょいと違うハナシもあった

モヤモヤしてたが、小田急ダイヤ資料室 というトコを見つけて、ココに開業時のダイヤ が掲載されてる
元々のチャートなら確実なんだが、コレでも稲田登戸が境になってる雰囲気だ

ふと、そーいえば土木学会の資料で開業時の記事があったよーな

紆余曲折し見つけた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/725107/img_725107_24677283_0?1273803991

こちらによると、新宿-登戸間が複線で残りが単線として着工
工事中に全線複線に計画を変更する(そして一部複線化をなす)

新宿-登戸、座間-海老名、伊勢原-大根、大秦野-渋沢、足柄-小田原の間が複線
残りが単線として4月1日開業した、、、とある

開業時点で、複線区間はソコソコ増えていたという事です
(トンネルのある区間が単線かな?)

しかし、複線-単線区間がこんだけ入り乱れていたら、運行は滅茶苦茶になりそう
開業時の大混乱の一旦は、ここら辺にもあったんじゃないかな

また、工事開始~開業までが1年半というのも、八工区に分けて一斉に工事をしたので早かったのだ
他ページに書かれるのだが、工区は其々別の会社が請け負ったそうだ
以上、資料調査で出てきたネタでした
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

単線区間…余り調べないことを、丁寧に調べておられて恐れ入ります。
古い記事にコメント御免なさい。

一部単線…。
複線化含みの路線と。

単線を必死で複線化していく鉄道が有りますね。

近江鉄道はやや皮肉にも…八日市線は路盤・用地がすべて単線向け。
今は、閑散としている本線は相当な区間で、用地若しくは、路盤が、複線分が有るといいます。

凄い先まで、見通すことは難しい様ですね。

No title

みぃにゃんさん、こんにちわ

小田急は、都心近くは通勤路線、小田原近くは観光路線という二面性を持ってると思います
登戸から西が単線のまま開業してたら、地域の発展も随分違ってたでしょうね

近江鉄道も歴史ある鉄道会社ですね
調べてみたら、色々あって面白そう