2010/05/04

東海道本線(熱海線)/酒匂川橋梁

現場の道中ちゃ、いかんせんネタ不足なので、現場に近いトコへ作業の合間に出かけた


東海道本線(熱海線)の酒匂川橋である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_0?1272929797

上流から見た連続トラスは東海道新幹線のモノ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_1?1272929797

下流から見た連続トラスは、複々線で架橋した旅客線のモノ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_2?1272929797

その間に架かるが、東海道線の前身である熱海線からの橋梁である


1920年(大正9年)国府津駅-小田原駅間として開業
1922年(大正11年)、熱海線は国府津駅-真鶴駅間営業となったが、翌年の関東大震災で被災する
酒匂川橋梁も・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_11?1272929797

<土木学会/大正12年関東大地震震害調査報告書より抜粋>
トラス桁が一部落橋する被害を受けた、、、ぃゃ、ある意味この程度の被害ですんだと言える

現在の橋梁は、1925年(大正14年)に復旧されたものだが、ほぼ開業当時と同じ姿の筈だ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_3?1272929797

左側が1920年の橋、右側は1979年(昭和54年)複々線化の際に架けられた
古い橋梁を貨物線とし、新しい橋梁を旅客線として利用している

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_4?1272929797

古い橋梁の1スパン目は河川両岸ともガーダーである
しかし、現在のは1979年に架け替えられたもの(名板は1977年製造)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_5?1272929797

ガーダーとトラスの間は、複線幅の橋脚で、当然のごとく石積みである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_6?1272929797

1979年の橋桁はスマートな感じだが

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_7?1272929797

1920年の橋桁はさすがにゴツゴツしている
橋脚は、両サイドの二脚で、当然のごとく石積みである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_8?1272929797

新幹線の橋梁と1920年の橋梁が並んで・・・と思ったが、新幹線は1964年(昭和39年)開業
44年の差しか無い、、、意外だなぁ
新幹線の橋梁より、複々線化の新橋梁の方が新しいのである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_9?1272929797

今回は、酒匂川右岸のみの調査
こちら側は、河原がスポーツ公園になってるので、藪の心配なく気軽に訪れる事ができます

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24555868_10?1272929797

うむぅ、橋の下を撮るにはやっぱ日没直前が丁度良い
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント