2010/01/29

愛川町半原/横須賀水道3号隧道(仮称)

愛川町半原/横須賀水道1号隧道(仮称) https://bazu55555.fc2.net/blog-entry-548.html
愛川町半原/横須賀水道2号隧道(仮称) https://bazu55555.fc2.net/blog-entry-550.html
まだな人は、順に見て欲しい
一連の概略を記しているし、逆から見るとなんのこっちゃに成りかねない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23276389_0?1264532324

大正時代の愛川町(当時は愛川村)の地図
3号隧道(仮称)はまたもや川沿いの尾根を越える


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23304545_0?1264731184

県道54号線は、尾根を巻くように川沿いに迂回し、、、何か違うな
正面の道が県道54号線になっている。左に川沿いに進むのは旧道だ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23304545_1?1264731184

立派なトンネル・・・こんなのあったかな?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23304545_2?1264731184

愛川トンネル、半原側抗門

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23304545_3?1264731184

平成5年(1993年)、延長146M、幅員9.75M、高さ4.5M
拡幅が行われた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23304545_4?1264731184

先代のトンネルは、昭和25年(1950年)、延長140M、幅員3.8M、高さ4.4M
(日本の廃道/隧道データベースより) http://www.the-orj.org/

以前は車がすれ違えない程狭かったが、立派になった
(過去に通った際、そこまで狭かったか記憶に無い。ひょっとしたらもう1世代位あるかも知れない)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23304545_5?1264731184

愛川トンネル、相模原側抗門

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23304545_6?1264731184

川沿いの旧道は、抗門で合流する

さて、、横須賀水道3号隧道(仮称)だが、、、今通った
ぃゃ、ココにあったのだが、道路隧道として生まれ変わった、というのが正しい

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23304545_7?1264731184

半原側抗門で比較するとこんな形・・・旧トンネルもオマケに並べてみよう
勿論、抗口の位置は正しくない。あくまで大きさのイメージだ
3号隧道は、1、2号と同じく下部が埋まっている姿として

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23304545_8?1264731184

今昔マップで比較すると、愛川トンネルより3号隧道の方が若干長いようだ
地図が正確で無い可能性もあるが、道路トンネル施工の際、抗口の分斜面を削ったのかも知れない

3号隧道の過去の姿が判る図面等が無いか、前出の海軍関係資料を漁ったが、
残念ながら見つける事は出来なかった(1号や2号の一部は見つかったんだけどね)

横須賀水道3号隧道(仮称)、現存せず

気を取り直して、馬渡橋へ(後日掲載予定)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

なんと!!愛川トンネルは明治完成の水道用隧道が起源だったのですか。私はてっきり平成生まれの純粋な道路用トンネルだとばかり。ですから「3号隧道」と聞いた時、「あちゃ~、全く気が付かなかった」と手で顔を覆ったのですが、ある意味その通りですね(笑)。毎度の事ながら、勉強になりました(_)

No title

今回のレポでは「スカ」物件ですが、ただ今在る物を見るだけでなく、
無くなってしまった物に思いをはせるのも良いモンだと考えます

ある意味、こういう「廃」もあるんですし

今回、愛川町を廻るきっかけになったのは、あおまるさんのおかげです
ありがとうございます