2021/05/25

新東名/葛葉川周辺

撮影日 2021年05月23日 前回 2020年07月09日

秦野SAを後に葛葉川橋の東側に向かう

01_20210525085036fdd.jpg
葛葉川橋は粗方出来上がってるから途中で見るモンは無いよな、、
と思ってたんだが、HS02からHS01に移る場所から見ると
ニョキニョキと何か生えてる

02_2021052508503856e.jpg
近くに来て見上げるとアルミの支柱。コレは壁の柱だな

03_20210525085039d49.jpg
途中の現場ゲート
もはや橋上の工事を残すだけだから、下は工事道を残すだけ
おっ、図がある【ピンク枠】

04_2021052509323830e.jpg
厚木側のA1橋台から御殿場側のA2橋台まで。ずっと工事道が続いてる
橋上が通れるんだから、そろそろ要らないとは思うんだが、
まだ何かに利用されてると思われ(照明とかでクレーン必要かも)
また、この図で色分けしてない上側の道が、側道(仮)になると思う
05_202105250850423c8.jpg
葛葉川着。工事用仮橋もまだ架かったまま

06_202105250850446f0.jpg
橋上のアルミ支柱は、コッチ側から生えてる

07_2021052508504569b.jpg
上流側の側農道は相変わらず通れないので、迂回して・・・

08_202105250850474a1.jpg
羽根トンネル西坑口へ。右側の土盛が邪魔で見通せない
作業坑もう要らないから埋めるんだろか
(避難坑として使われるケースが多いが、本坑と近いから)

09_20210525085048d92.jpg
盛土越に橋台付近を見ると沢山のパネルが置かれてる

10_202105250850505c8.jpg
なんのパネルかと言えば施工されてるトコ見れば一目瞭然、防音パネルだ
縦の支柱に横桟付けてパネルをはめ込れてる

11_20210525085051816.jpg
廻りは人家とかあるからなぁ。防音対策は必要
アルミ支柱が建ってるのは途中までだけど、
残りも全て防音工されると思われ

12_20210525085053ff7.jpg
山(北)側はあんま住宅無いけど、下(南)側はソコソコあるから

松田山沿いを東名(E1)が走ってて、
夜静かな時は走行音(風切り音)が下でも聞こえる(五月蠅くは無い)
緊急車両のサイレンは流石に響くが

13_202105250850542a5.jpg
コッチから秦野SAは、、、下り線側は一応見通せる

14_20210525085056073.jpg
本線を挟んで上り線側は、、やはり手前の稜線に隠れて見えんな
SA(上)の上端は多分そこいら(勘)

橋上工も照明とか退避所電話とか、そんなんが残ってるが、完成は近い

続いて金目川橋編へ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

高速道路の防音壁はものすごく耐風性がありますよね。台風で壊れたとか聞いたことがない。
自宅に設置した自作の風除けを吹き飛ばされた身としては、これだけ大面積の壁で何ともないのには感心してしまいます。

県西地区在住者さん、こんにちわ

よくトンネル出たトコで横風強く、
トラックなどは転倒する事があるとか・・・

西湘BPの大磯内陸側にも防音壁があり、
割れてるのとか見た事無い

凄いモンですね