2021/03/14

北ノ窪旧々道

K74小田原山北線/塚原~穴部旧道でK74旧道を廻ったのだが・・・

01_202103142158119f1.jpg
K74【黄線】北ノ窪・府川の旧道【赤線】

02_20210314215812ac0.jpg
明治初期の地図と比べてみると・・・うむ微妙に違う
元の地形に合わせて道が造られてるから、
ちょいとした山谷でも合わせてクネクネしてる

03_20210314215814625.jpg
明治地図の道をマーク【ピンク線】

04_20210314215815d64.jpg
現代地図に戻る
黄緑矢印は小谷にあった道が直線化されてる
ピンク矢印は元道が残ってそうだな。現道は川側に擁壁があるんで、
埋めて直線化した感じか
赤矢印は微妙に位置が違うが、外側に実線道がある
此処は稜線なんで、元道は外側を廻ってたらしい

では現地で確認を・・・

05_20210314215816008.jpg
大雄山側(上記地図では左上側)から来たんだが、
旧々道の入口を見落とした
北ノ窪公民館の辺りが最高地点で、外側実線道の出口になる筈

06_20210314215818851.jpg
此処が旧々道小田原側か。旧道との間に住宅が3軒建ってる
旧々道は直ぐに登ってて、間の住宅は旧々道側の高さに合わせてる

07_202103142158196eb.jpg
山(左)側が公園になってるんで、判り辛いが
奥の住宅も基礎が高くなってて、外側と同じ高さ風だ
旧道は此処を浅い切通で通ってる

08_20210314215821309.jpg
さいでは旧々道を入って、、住宅3軒分なんであっという間に終わり、
旧道に出・・・
ぉぉぅ、見かけないと思ったら道祖神等コチラに纏められてる【赤枠】

09_2021031421582226f.jpg
旧々道はガクンと降って旧道に出、向うで登って続ている
切下げられる前は高さ的に続いてたんだろ

10_202103142158241c1.jpg
反対側から。旧道によって随分変わってしまった
旧々道の入口(小田原側)も、元はも少し優しい登りだったと思われ

11_202103142158252f3.jpg
さて、旧々道の続きは、、というと、すっかり住宅地の小路で、
昔の道の面影はない。と思ったら先の白矢印のトコ

12_20210314215827f8c.jpg
ぉぉぅ、コチラにも道祖神関係が纏められてる
倒れたり、割れてるのもあるが幾つかありそ

13_202103142158288ea.jpg
さて、出口(大雄山側)は、、、
ああ、なる程、直接旧道と接してなく、黄緑道を経由してるんか

14_2021031421583057f.jpg
旧道/大雄山側から見るとこの通り
元はも少しスムーズに続いてたと思われる

元道がいつ旧道(旧々道)落ちしたのかは、判らん

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント