2021/02/21

中世酒匂川リファイン中

01_2021022111454412f.jpg
以前、中世酒匂川の流れについて纏めたんだけど、
明治時代の地図にしたんは現代地図にするとアレコレあると困るからだが・・・

02_2021022111454572e.jpg
尺里川出合辺りの堤防越水かな、、、流石に大口堰は切れんか
(というハザードは想定していない)
ん?ぃゃマテ、なんか漏れてる(赤丸)

03_20210221114547ffe.jpg
酒匂川ハザードじゃ詳細判らんので、南足柄市/福沢地区のハザード
ぉぉぅ、昭和23年のアイオン台風時の水害が想定か
でもその頃大口堰が切れたという事は無いし、切れたらこれだけじゃ済まんので別だな

南足柄市の災害史を漁って、、、無いな
昭和23年当時は南足柄町で、此処も福沢村だ
色々調べてみたんだが、他の被害が大きかった
(大雄橋等、狩川・内川で11橋流出)せいか情報が無い。土砂崩れか?

うむむ、こうなると逆に大口堰が切れたらどうなるか、見てみたい
(実際に起こす方じゃない)

04_20210221114549154.jpg
実は明治地図の中世酒匂川は、どの集落の間を流れるか位の気持ちで、
宝永噴火後の水害図と、土地条件の旧河道を参考にした程度で、
ホントにそういう流れだったのか検証してない
他の資料に別の旧河道もあったりするんで、
この方法では資料によって変わってしまう可能性もある

05_20210221114550aaf.jpg
それにこの土地条件図の旧河道、幅や場所が若干違うトコがあるみたい
仙了川の流れ出の谷とか、まったく触れて無いし
西川(皆瀬川・尺里川)・川音川とは別だが、酒匂川が流れて来るんだから、
塚原辺りの旧河道が約90m幅じゃ足りんと思うし、
(酒匂川の川幅、足柄紫水大橋辺りでも260m位)
それと合流した狩川については一切触れてなかったが、今回はそこらも見てゆきたい

06_20210221114551ca8.jpg
そんな地形あるか?と思われるんで、実際の場所。①仙了川右岸/清水新田
そもそも清水新田がかつての河原(洪水域?)を開墾した場所で、上流の柳新田も同様
新屋側の方が1m程高くなってる

07_202102211145533a7.jpg
②新屋(交差点)からローゼンへ降るK717。1m程の高低差がある

08_20210221114555ade.jpg
③小台。旧道で要定川に出る道。1.5m程降る

09_20210221114556d29.jpg
④洞川左岸。堤防で高くなってるが一旦降って台河原へは2m上る

10_20210221114557f02.jpg
川を渡るトコの方が判り易い。K715現道は嵩上げしてフラットで通過してるが、
⑤(旧)中丸橋(洞川)

11_202102211145594a4.jpg
どっからドコまでが川幅だよ、というのはちょいと難しいが
最大130m幅、橋上との差は1.4m、1.6m

12_202102211146000cc.jpg
K715としては⑥上栢山橋(要定川)が判り易い
約140m幅で、橋上との差は1.9m、0.9m
ここから東に降ってく(仙了川谷)んで、東側の方が低い
東側降る手前の一番高いトコが28.9mだが、自然堤防だと思われる

15_20210221114605267.jpg
自然堤防とは溢流(いつりゅう/あふれ流れる)して堆積した微高地で、
扇状地上は砂礫堆というそうだ。酒匂川では0.5~1m【赤。ピンクアンダー】

旧河道というと川の跡というイメージだが、
人工的に変えたので無ければ、流れない=新しい方が川底が低い
ので思ったより浅いトコが多い
堤防とか出来ちゃうと旧河道と判らなくなり、タワマンが建ったりする(関係無い
実際に見ても「こんな浅いんか」と驚く
K711(酒匂縦貫道路)、日本新薬向かいの桜土手
その間の田圃が埋立して無い旧河道だよ

13_20210221114602c2f.jpg
自然堤防、というか微高地だと思うが、こんな資料もあった

14_20210221114604e35.jpg
全般的に網羅してて良いんだが、いかんせん概要図なんで正確でない
他資料の旧河道や現河川と重なったりしてるんで、参考程度にしかならん

16_20210221114607785.jpg
下流の谷や扇状地頂部には、それらしい跡も残ってるんでなんとかなりそなんだが、
足柄紫水大橋~和田河原駅辺りは開発が進んじゃって、昔の地形は残ってないし、
旧河道とかもハッキリしない
此処は富士フィルムテクノ上の旧河道だが、全然判らん
最もテクノが出来る前の航空写真見ても判らん

17_202102211146089e5.jpg
なんか参考になるモンでも落ちてないかキョロキョロしてたら、こんなんが

18_20210221114609c1b.jpg
ああ、二宮尊徳先生の報徳堀の件だ
富士フィルム工場でほぼ無くなってしまったが、
竹松の小芝原の湿田を排水する堀が造られ、
乾田となったんで二毛作できるようになったとな
多分旧河道とか、扇状地湧水とかあったんだろな、、、、

湿田と乾田?
そういや自然堤防上では乾田になるとか見た事あるな

19_20210221114611312.jpg
乾田と水田(湿田)!

記号的にはあと年中ぬかるんでる「沼田」てのがあるが、
乾田(冬場にぬかるまない)と水田(中間的ぬかるみ)っうのがあり、
明治初期頃の地図ではちゃんと分けて描かれてるのだ
扇状地頂部には乾田しか無いが、中流域移行乾田と水田に別れてる

20_20210221114612198.jpg
土地条件とかさねるとこの通り
明治初期の地図だけあって、ピッタリとはいかないが
集落位置や昔の道から補正可能だ

乾田イコール自然堤防じゃないが、かなり有望な資料となりそ
小芝原報徳堀は図中のそこら辺で、湿田は解消されてるみたいです

ちな、乾・水田のマーキングに凄く手間がかかりました(涙
纏まったら記事にします

・・・・GIS(標高)データを3D化して、
洪水シミュレ—ションとかできんのかな
昔の仕事先にはありそだが、流石に頂戴は出来んしなぁ
(国交省のは河川ハザードのデータに基づいてるから、
派手なのとか出来ない)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント