2021/02/17

富士山ハザード

01_20210217093803173.jpg
富士山/宝永火口噴火を想定したハザードマップ/関東における降灰状況

02_20210217093804e50.jpg
元ネタは1707年の宝永噴火である
宝永4年11月23日(1707年12月16日)に噴火が始まり、
12月8日(12月31日)を最後に噴火は収まった。僅か16日間の噴火であるが、
降り積もった火山灰で足柄平野での土砂氾濫は約100年間続く事となる

03_2021021709380527a.jpg
(注.噴出量は比較の為「億㎥」に換算したが間違ってたらゴメン)

僅か16日間だが富士山噴火として記録が残されてる中では最大である
以降では1914年の桜島大正噴火が若干大きかっただけで、
近代での1944年有珠山、1990-1995年雲仙岳を遥かに凌駕する

近年人的被害が出た2014年御嶽山や2018年草津白根山は水蒸気爆発なので、
本来はこの表に載るレベルでは無いのだが、噴出量比較の為追記した

個人的には夜の海岸から見た1986年伊豆大島噴火がヤバかったのだが、
噴出量的には小物なのか・・・あん時はオワタ思ったんだが
【青線下がリニアに知ってる噴火だが、映像等もあるのでぐぐれ】

04_20210217093807ab4.jpg
富士山s データ(壱)で造ったグラフは、富士山の風向きを確認する為で、
通年凡そ西風というのは判ってたがこれ程極端だとは思わなかった

05_202102170938098a4.jpg
なんで調べたかというと、
2011年東日本大震災における福島第一原子力発電所のメルトダウン~
放射性物質の拡散である。神奈川県にまで飛んでくるなど思いもしなかった

06_20210217093810bc6.jpg
当時の天気図を見ると、14→15日、21日に低気圧が関東南部を通過してる
(関東は西高東低の冬型で晴れが崩れて雨天となる典型)

07_20210217093812af1.jpg
気象データアーカイブ(注.実測値では無い)で
雨雲っぽい標高1000mの風向データを見ると、
3/15、3/21に福島から神奈川の風の流れがある

富士山でも北東、東の風吹いてるやん【ピンク矢印】

08_2021021709381345a.jpg
実際、富士山の噴火でも南西側に降下スコリアを堆積されてるケースや

09_2021021709381590b.jpg
西側に堆積さてるモンもある
流石にコレは紀元前1万年なんで、今の富士山とは大分違うとは思うが

10_20210217093816bdf.jpg
てな訳で前出の風向の傾向から、西に偏った年月を除くとこのようになる
北や東が多い年月もあるのだ

まっケースとしては少ないので可能性は低いが、
現代に宝永同等の噴火があっても、火山灰被害は同じとは限らない
デメタシデメタシ・・・となる筈だったのだが

11_20210217093818c60.jpg
資料を読み直してみると、
宝永噴火時の噴煙高度は最高15.2km、平均で10.8kmと推測されるとな!
数千mじゃ足りんのか、駄目じゃん

12_2021021709381908c.jpg
宝永噴火、甘く見てました。流石有史上最大の富士山噴火


13_20210217093821560.jpg
てな訳で高層気象データから引っ張ってこなきゃならず、
気象庁の高層データを眺めてたんだが、ぐぐってたらこんな良いものが

高層気象の観測データから【水色アンダー】
違うパターンの15日間を選び【ピンクアンダー】
宝永噴火の実績データを元にシミュレ—ションしたものである

14_20210217093822f95.jpg
高層の風向は気象庁の館野ゾンデ観測データを元にしている
300hpa(高度1,500-10,000m)、500hpa(高度4,900-5,700m)だが、
やっぱ西に偏ってるのは同じだ【表中赤線内】

15_20210217093823612.jpg
細かいパラメーターとかは省くが、ケース1/西風卓越。宝永噴火に近い

16_202102170938252f5.jpg
ケース2/西南西卓越。東京方面の被害がより一層となる

17_2021021709382606a.jpg
ケース3/風向の変化が大きい南よりの風。もうアッチコッチだな

所詮シミュレーションであり、基本西風なんで可能性は低いが、こんな事も有り得る
他力本願だが、凡そ考えてた結果が出て、良かった~

18_20210217093828166.jpg
富士山の噴火は宝永噴火だけじゃなく、有史では10回程噴火してる
(紀元前1500年以降は頂上火口でなく側火口の活動がメイン)
そっちも心配せねばならん。地元ではちゃんと対溶岩流のハザードマップとかもある

共通マップ
http://www.bousai.go.jp/kazan/fujisan-kyougikai/fuji_map/img/common_h.jpg
他に富士吉田市、御殿場市、富士市、足柄上地区、小田原市のページがある

まっ水蒸気爆発でなく、マグマ噴火であれば、それなりの予兆は有るんで、
今んトコ心配するこたぁ無い

宝永噴火では雪が融けるとかじゃなく、数日前から地響きが始まり、
前日にはマグネチュード4・5程度の地震が数十回発生してる



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント