2020/05/31

菊川 Ⅵ

撮影日 2020年05月頃
順番的にはⅥだが、のJR東海道本線を過ぎた後となる

01_202005310246186c3.jpg
JR東海道本線の菊川橋梁の下流、大道西橋
大道とは松田踏切のあった酒匂道でないかと予想して、
ここらには字大道西と字大道東があったらしいのだが、どっからドコまでが判らん

02_2020053102462027b.jpg
ここらでは東/左岸と西/右岸の高さが2m程違う

03_20200531024621a77.jpg
小田原市道0053の富士見交差点と西酒匂交差点の間、勾配のある下新田橋を過ぎる

市道0053は小田原方面に途中から県道になり、再び市道に戻る
(小田原大橋が県道な大人の事情っぽい)

04_202005310246237ad.jpg
下新田橋の下流、荒木橋。この橋の銘板で川名が「菊川」になっていた
流れる川は公式的に「下菊川」なんで、本当は間違ってるんだが、昔の名になってる
珍しいと思う

05_202005310246243fb.jpg
荒木橋の直ぐ上流には親水公園があり、下菊川の川べりに降りられる
ずっと辿ってきたんで、川に触る勇気は無い(お察しください)

06_2020053102462680f.jpg
荒木橋から道はちょい登りになるんだが、下菊川は坂から遠ざかるようで、
左右岸の高低差が殆ど無くなる

07_202005310246276dc.jpg
親柱や欄干に特徴がある宮下橋を過ぎる
(無機質より良いとは思うが、
センス的にどーよ、というのもあるよね。此処とは言わないが)

08_20200531024629402.jpg
チープな人道橋とボックスがある

09_20200531024630cdb.jpg
人道橋は無名だったが、そこからボックスが覗き込めた
県道719号鴨ノ宮停車場線の下菊川橋だ。道路に対して斜めに横切ってるんで、
ボックスが無駄にデカい(これでも少し斜めったボックスになってる)

10_20200531024632881.jpg
ちなみに下菊川橋の銘板は諸元のみ
この道が出来た時からこの橋で、欄干とかも変わってないと思うんだが、
昔は名の方もあったんだろか

11_202005310246333bc.jpg
下菊川橋の直ぐ下流にあるんが国道1号の連歌橋
調べてみたら1926年(大正15・昭和元年)じゃないか!
こないだの県橋梁点検結果(親木橋)には載って無かったゾ。管理者が違うからか?
(R1、親木橋、山王橋は載ってるのに連歌橋、酒匂橋は載ってない)

鋼桁でリベットなんで古そうだ。上流側に銘板ないし、
下流側には歩道桁が架かってるんで、プレートあるか判らん(塗装標は見える)
自前橋梁データは一度チェックし直しだなぁ

12_20200531024635503.jpg
連歌橋を過ぎると下菊川は酒匂川河口に向かって、、、
あ、西湘BP道からヨークマートへ渡れる橋が出来たんだっけ
まぁコンプ目指してる訳じゃないし

13_20200531024636bb3.jpg
さて、JR東海道本線より下流は、下菊川の流れより「坂」がドコにあるか、を調べてた
地図右側、細かい高低図だが、行き来して「いかにも坂」なトコをピンクで記した
左の土地条件図にある鴨宮段丘【オレンジ】との領域が違う
鴨宮駅南側に「緩い勾配」はあれど「坂」は無いよな
(K719がJRをアンダーパスする為、道路が低くなってる関連坂は周辺にある)

14.jpeg
この鴨宮段丘の縁が、中世酒匂川の流域に関与してるらしいので、
段丘の縁が結構重要なんだが・・・

15_2020053102463914e.jpg
も一度土地条件図
段丘の縁で紫線になってるんは「崖」と呼べる程じゃないが、1m程の段差はある
東海道本線から下菊川の間は失われちゃったんだろか
南鴨宮の区画整理事業(昭和42/1967年頃~)で大分変ったからな

16_202005310246410dc.jpg
てな訳で昭和23/1948年の航空写真に土地条件エリアを重ねてみると、
住宅地は見事に段丘にある。当時は明確な境があったようだ

田圃の水路の流れからして2~3段になってるようで、そこら辺が昔の川の名残と思われ

菊川編はこれにて一旦終了
鴨宮台地(段丘)については少々掘り起こしを行う予定



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント