2020/05/24

菊川 Ⅱ

撮影日 2020年05月(数日)

01_20200524052029d54.jpg
【右上】酒匂堰が大井町から小田原市に流れ下る処
【左上】向うに見える取水堰(ゲート)は小田原市だ
【左下】田植えの時期なんでゲートは閉じてて、田に水を送ってる
近場の田圃は田植え済み

02_20200524052031058.jpg
【左上】場所は変わって大井町山田から流れて来る菊川
【右下】先程の酒匂堰の方に向かってる

03_2020052405203290a.jpg
酒匂堰と菊川が合流する場所だ

04_20200524052034597.jpg
どう見ても菊川が酒匂堰に注いでる
ここから下菊川まで。元は菊川の流れを広げて酒匂堰にした
参照前回

05_20200524052035c86.jpg
そしてココが酒匂堰と下菊川(菊川)が別れる処

06_20200524052037a09.jpg
何言ってんだ、と思われるかも知れんが、公式(?)でもこの流れが下菊川と描いてある
(一番右図、赤線)

07_20200524052038de1.jpg
分流というと、こんな感じに流れが判れる、、モンだと思ってて、
前回では跡形も無いと言ったのだが、どうやら違ったらしい
(下菊川の此処も不思議な場所だよな)

08_20200524052040b0b.jpg
だがしかし、酒匂堰に対して下菊川の方が位置が高い
これじゃ分流して流す事など出来ない

09_20200524052041ac3.jpg
その直ぐ上に取水堰(水式ゴム引布製起伏堰)があり、
田植えの時期なんでゲート前満水

10_20200524052043cd9.jpg
さう、これにより取水堰からの水は下菊川に流れる
田植え時期限定の下菊川分流である

11_202005240520448d9.jpg
【左】ココに流れてるの初めて見た
【右】此処まで流れてる水路がそのまま流れるんかとも思ってたけど、別だった
右のは酒匂堰に排水されるようだ

12_202005240520461e3.jpg
前回「ココら」とした場所も、よく見ればピンク丸に現在と同じような形で分流してる
どうやら酒匂堰から下菊川は、常に流される形はなってなさそ

13_20200524052047a09.jpg
でも下菊川は田植え時期でなくても流れあるよな、、、
【左】分流地点で流れてないのに、
【右】ちょい下に流れがあるんは、青ルートで水が来てる
鬼柳堰から分けてるんかなと思いきや、道路に暗渠水路(上部コンクリ)がある【黄】
辿ると随分上、小田原消防署西大友出張所まで続いてる。コレかな?
その先は道路下だと思うんだが、辿れない

14_202005240520499ff.jpg
昔はどうだったんか、、、
【左写真】昭和27/1952年だと延清で鬼柳堰の水を使い、下菊川に排水してる
【右図】集落上だと鬼柳堰と下菊川の高低差は1m程度【緑丸地点】
延清の下では2m程になって、断面を見ると既に谷っぽい地形となってる

この後にも鬼柳堰等から流れてて、下菊川は排水路的に使われてるようだ

15_20200524052050e60.jpg
ゴムゲートの脇には立派な酒匂堰の石碑がある
ぉぉぅ、コレは酒匂堰の歴史的なモンかと期待したのだが・・・
(長洲知事は昭和50/1975年~平成7/1995年就任)

16_202005240520522ec.jpg
湛水防除事業のだった
【赤】降雨時には地域の排水が酒匂堰に集中する事態
   豪雨時には急激に増水し、各所で溢水氾濫
【青】小田原市酒匂地先の小八幡堰から順次上流に向
   大井町金子地先の和田堰流入地点に至る
【ピンク】昭和59年度から着手 平成5年3月に完了

17_202005240520534da.jpg
ん?この岩は何か由縁でもあるのかな?飾り?

下菊川にはまだ変わった場所があるんで、追々紹介してきます

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント