2020/03/22

R138被災現場

撮影日 2020年03月18日

07_20200321092731b2f.jpg
R138(国道138号)を仙石原から宮城野へ向かう途中
去年の台風19号で土砂崩れが起きた場所。車では通ってたがチャリ走では初

08_20200321092732937.jpg
2019年12月27日に仮設の橋が出来て通行止めは解除された

09_2020032109273452e.jpg
現道は土砂に覆われてたが撤去され、路肩には土嚢が積まれてる

神奈川県/国道138号(箱根町)の通行止解除について
(2020/03/22時点で被災時の写真有り)

10_202003210927358e1.jpg
見上げれば崩れた斜面。最上部に見えるんは仙石線の鉄塔で、その足元から崩れてる
(仙石線で間違い無いと思うが「塔マップ」滅亡の現在、確認できん)

11_20200321092737bc2.jpg
此処に沢なんてあったかな~と思ったが、大きい方の流れ先

12_20200321092738652.jpg
小さいながらちゃんと暗渠があった

13_202003210927402c2.jpg
宮城野側から
降りより登りの方が景色覚えてるんだが、どうも記憶にない
っーか対したモンは無かったよな

この先の春山下バス停仙石原方面脇には、
早川にある企業庁の水源への道前スペースがあって、いつもソコで一休みする

14_20200321092741229.jpg
てな訳でぐーぐる地図で見ると、先の擁壁が低くなる場所

15_20200321092743445.jpg
ちゃんと暗渠があった(水色矢印が暗渠路)
先の青矢印にも擁壁が切れてるトコがあるが、擁壁内の排水路か?
さらに先に春山下バス停があるんで、概ねココラが崩れた場所となる

16_20200321092745b16.jpg
仮設の橋は鉄骨組の上に架かってる。現場の仮設路などで見るのと同様だ
ちょいと判り辛いが、手前は土砂で埋まってるが、一応谷を渡ってる

17_20200321092746c62.jpg
今んトコ仮設だが、正式には崩れた斜面は吹き付けかワッフルで防護して、
擁壁を強化する、、
とかいう形になると思われ

18_20200321092747e6b.jpg
直ぐ下の矢落沢は警戒区域の指定受けてたけど、此処は流石に無警戒
ホントに鉄塔から下が崩れたに過ぎず、
詳しい場所が判るまで矢落沢かと思ってた

z.jpg
2019/10/12、箱根で【922.5mm/日】降った時の最大雨量【76.5mm/19時】
のレーダー。但しAM6から40mm以上の雨が降り続いてた

集中豪雨のように、ピンポイントで降った、、なら判るが、
こん時はのべつまくなしだったからなぁ
記録的豪雨の時は、ハザード警戒区域に限らず、何処が崩れるか判らんなぁ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント