2020/03/20

K736被災現場

撮影日 2020年03月18日

K736(県道736号御殿場箱根線)を長尾隧道から杓子山へと降ってくと・・・

01_202003200040180ad.jpg
枝尾根から県道へと崩れた跡

02_2020032000402098d.jpg
県道には土嚢が積まれてる
場所は姥ヶ橋の脇なんだが、橋(実際には暗渠)が架かる沢は青線の如く流れてる

03_2020032000402142d.jpg
此処には沢と言える程の谷地形じゃない
去年の台風19号10/12の被害なんだが、1日で922.5mmの降水量半端ないな
普段沢の流れの無いトコに集中すると、こんな風に崩れる事がある
(丹沢で何度か見た事がある)

04_2020032000402320a.jpg
此処はK736でも道路幅が広いトコだから良いが・・・

05_202003200040248c9.jpg
コッチは狭いトコでセンターラインの無い区間

06_20200320004025422.jpg
路肩崩落してる

07_20200320004027472.jpg
路肩のコンクリやガードレールが下の方に・・・
斜面下は富士屋ホテル仙石CCで、コース道路が見える

08_20200320004028435.jpg
両方共仮の復旧で、本格的には今後工事される予定
上(1.6kp付近)は余程降らんと崩れるこたぁ無いと思うが、
下(2.6kp付近)はちっとの雨でも少しっつ崩れてくし、残った道路幅狭いんで、
仮でもも少し手入れないと駄目かも知んない(雨期前に)

09_20200320004030e86.jpg
土砂災害警戒区域にも指定されとらん場所だったからなぁ
こんなトコが崩れるとはホント予想外
(まぁ下に住宅とか無いと調査とかしない事もありがちなんだが)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント