2019/05/23

リム打ちパンク他反省会

箱根の降りでリム打ちパンクしたんで修理です
0.jpg
現地で修理したんですが塞ぎきれんかった

img_0_m.jpg
実はコムノリが殆んど無くて、、ぃゃ、チューブ的にはいっぱい入ってる風に見えたんすが、
蓋空けてみれば中身が殆んど無いという状態で・・・昇華しちゃったんでしょか

以前のパンクは、、2016年10月に釘踏んでパンク
それ以来出番が無かったんすが、まさかゴムノリが無くなってるとは
ちゃんと中身が入ってるか確認しなきゃ駄目ですね

img_1_m.jpg
穴的にはリム打ちの典型的2つとオマケの1コ

img_2_m.jpg
リム打ちの状況としては、小雨のR1降り

アスファルトがひび割れて一部欠損してるような「たいした穴」では無く、
フロントに荷物積んで下り坂、穴に気づいてブレーキ強めにしたまま、穴にガッコンしました
荷重目一杯で穴の外壁に当ったせいでリム打ちしたと思われ

せめて穴に落ちる前にブレーキ解除するとか、フロント持ち上げるとかすれば、
リム打ちは防げたかも知れません

img_3_m.jpg
衝撃は殆ど無かったけど、タイヤやリムも念の為確認

img_4_m.jpg
実は今回のチューブ、DUROの20/1.25~1.50インチの物
以前使ってたパナレーサーは20/1.50~1.75インチと、一回り細い奴です

太さも違うけど、重量は2/3以下と、軽い、、、薄いんかも知れない
コレもパンク原因の一つか
(例え多少厚いチューブでも、リム打ちした時点で駄目な気もする)

img_5_m.jpg
それと、5日に新東名現場行った際、滝沢林道でちょいエア圧下げたような、、、
(悪路で圧が高いと跳ねるしグリップが悪くなる)

圧を元に戻した記憶が有りません

うむ~~、原因が有り過ぎて絞れんが、
ちゃんとメンテして十分注意して走行すれば、防げてたのは間違い無い

img_6_m.jpg
チューブを交換して修理完了 (パナレーサーチューブに)

img_7_m.jpg
雨天走行しちゃったんで、洗車、駆動系オイル、ブレーキ系メンテも欠かさずに

img_8_m.jpg
無くなったゴムノリは百均のセットで補完
百均のコム系瞬間接着剤(使い切りタイプ)って使えないんだろか、今度試してみよう

それよかゴムノリの要らないイージーパッチの方が良いか?
交換用チューブを持ってた方が良いか?(クイックリリースじゃないので薄スパナも必須)
そもそもパンクなどしないパンクレス(ノーパンク)のチューブとかタイヤの方が良いんじないのか?

パンクレスは乗り心地が多少悪くても、山ん中でパンクする事考えれば無敵
最近、良いのも出てるようで・・・

と、毎度パンクした後に考えるのですが、なかなか結論が出ない


img_9_m.jpg
3日後に転倒

チャリの方はフロントフォーク左側に新しい傷が増えてるんで、ここらを擦ったか
(フロントフォークは鉄製、古傷は錆て茶色くなる)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

イージーパッチは接着力弱いです。緊急時に使えるかと思ったら30分も走ったら空気漏れてきたりします。もちろん数日、漏れないとしてもまた修理し直さなくちゃダメ。最近は改良されている可能性もありますが。私はゴムのり常に2本持ち。修理の手間はたいして変わらん。

No title

gom*****さん、こんにちわ

簡易的なモノ、ちゃんと使えばOK、と、両意見が多いですね
高いモンじゃないんで、一度試してみるのも良いかな

ありがとうございます