2019/05/10

新東名/山北町/鍛冶屋敷沢周辺

撮影日 2019年05月05日 前回 2018年10月25日

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_0_m?1557424213

鍛冶屋敷沢の現場に来た。ぉぉぅ、工事用の桟橋が延びてる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_1_m?1557424213

水色のトラスは補強用か?
この道は別荘が建ち並んでた頃の道。降りずに鍛冶屋敷沢沿いの道を進む

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_2_m?1557424213

桟橋の展望が効かない
黄色が桟橋工事のクレーン=先端なんだが、鍛冶屋敷沢の支流に突入してる
厚木方の古宿トンネル前辺り

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_3_m?1557424213

目を凝らすと東側斜面に土嚢が積まれてる
古宿トンネルの西坑口か?

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_4_m?1557424213

桟橋とは別に、谷底に工事道路が造られてる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_5_m?1557424213

鍛冶屋敷沢を新東名が横切る辺りまで

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_6_m?1557424213

向う側(厚木方)の古宿トンネルと、コチラ側(御殿場方)湯触トンネルの間
稜線がはみ出してる。此処はパカッと切り開かれると思われ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_18_m?1557424213

新東名の予想道路高は 245m。交叉する鍛冶屋敷沢は地図読みで 240m程なので、結構ギリ
橋梁は架からず、暗渠が設けられる

トンネル間の稜線は、地図読みで 250mから300m弱。ソコソコの切土量になる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_7_m?1557424213

毎度お馴染み新東名標識

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_8_m?1557424213

此処のは湯触トンネル東坑口の縦断面図が付いてる。下り線

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_9_m?1557424213

上り線。現在居る町道はトンネルに近過ぎるので、山側に付替えられる
それだけでも結構大変なんだが、、、まだ始まって無い

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_10_m?1557424213

上下線の間から下の鍛冶屋敷沢を覗き込む
暗渠化して仮設でもヤード造らんと掘削に入れんだろうなぁ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_11_m?1557424213

ネタが無いので先程の別荘道へ降りる
工事看板?

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_12_m?1557424213

工程表だが、明日香沢進入路のだ、、、明日香沢ってドコ?
添付地図を見ると鍛冶屋敷沢の本流なんだが、別荘地から対岸に渡る仮設橋

谷川として山北町に明日香沢は存在しない。県土木砂防関係で確認

字名として明日香沢は無いんだが、山北町自治会うんたらで、
古宿・鍛冶屋敷といっしょの地区として明日香沢地区が扱われてる
今風のネーミングなんで、この別荘地なんだろか?

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_13_m?1557424213

もう一枚は古宿トンネル進入路桟橋。やはり桟橋は古宿トンネルに向かってる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_14_m?1557424213

メインの工事看板は無いな~
町道にあるんは町道拡幅工事の看板のみで、新東名のが無い

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_15_m?1557424213

桟橋の先端は、、下に降りちゃったら余計見えない

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_16_m?1557424213

桟橋の進入口。以前は車両とか部材が置いてあったんだが、、、

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33868949/img_17_m?1557424213

今は無いも無いな~GWだからか

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/60/33000360/img_14_m?1485916753

鍛冶屋敷沢の工事は「湯触トンネル他1トンネル工事」が正しい。橋も架からんしね
他1は古宿トンネルで、両トンネルの間の切土も含まれる
コレも以前の工事看板だが「町道拡幅」なんだよね

新東名自身の工事看板はまだのようだ
で、受注してる東急建設の資料によれば、平成34/令和4/2022年1月に完成予定となってる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント