2019/04/23

タイヤ交換


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_0_m?1555952831

2017/12より1年4箇月使用、走行距離は3088キロだった

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_1_m?1555952831

交換するタイヤは GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) C-1653 BLK 20×1.50 TIR28900 @¥1,787(Amazon)

GIZA PRODUCS(ギザ プロダクツ) 聞いた事が無かったが、前々からあるブランドらしい
去年位にWEBサイトがオープンした

チューブは DURO(デューロ) 自転車用チューブ<英式/48mm・H/E 20×1.25-1.50> YD-4498 @¥864(Amazon)
バルブが48mmと長め、、にする必要は無かったんだが、そんなんあるんか
エアロリムなどでは長めが必要らしい

パナのブチルを使い続けてたが、たまにゃ違うモンをと DURO(デューロ) 台湾のタイヤブランドのようです

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_3_m?1555952831

トレッドは旧シンコーSR-076と同じくセミスリック
一応中央溝があるんで減った時に判り易い、、
シンコーは安い/普及品のブランドだが、国産だけあって「出来が良かった」
ギザのC-1653はタイヤ自身は中国製で、格安中華感 (後述)

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_4_m?1555952831

ちょい心配なのがホイール。現在履いてるのは ボードウォーク用中古

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_5_m?1555952831

アルミホイールの性、前輪のリムがちょいっと変形してる
リムブレーキで減ったり押したりで左上図(ちょよい大げさ)風になってくる

廻り全部山なんでブレーキ多用するから仕方ないんだが、鉄リムにした方が良いんじゃないかと思う程だ
まぁソコソコで入れ替えれば良い事なんで、駄目になる前チェックは重要だな
一応、前に使ってた2代目Metro前ホイールは残してる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_6_m?1555952831

さくっと交換終了

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_7_m?1555952831

タイヤ/GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) C-1653 だが、刻印は CST DUAL+2 VOLTAIC

CST は CHENG SHIN TIRE で中国メーカー 
OEM と言うか、造ってるトコと売ってるトコは違うって奴だ
CSTブランド自身は前々からあるんで、中華とは言え安心かな

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_8_m?1555952831

スペック的には 40-406(ETRTO) 20×1.50インチ
型番的に C-1653-2
MADE IN CHINA (とCSTロゴ)

エア圧的に 240-310/kPa、35-45/psi、2.4-3.1/bar
ロードなどの高圧ぢゃなく、ママ/シティなどの一般的レベル
(とはいえエア圧など測らず押した感覚で「この程度」と入れてる)

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_9_m?1555952831

忘れちゃいけない、交換した累積走行距離は36008キロ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_10_m?1555952831

いつもの砂利道で走行テスト。うむ、こんなもんだな

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_11_m?1555952831

セミスリックとは言え、通常走行では中央しか路面に触れないので、トレッドは殆ど関係無い

乗り心地は「エア圧>タイヤ太さ>サイド硬さ」で決まってしまうんで、
同形タイヤで同じような空気圧だと殆ど差が無い

重量的に公式だと315gなんで、同サイズにしては「軽め」なタイヤ
前のシンコーSR-076が 581gだったんで、気のせいかもしれんが漕ぎ出しは若干軽めに感じる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_12_m?1555952831

チャリの格安タイヤのインプレッションで「数箇月でひび割れ」などあるが、大抵は日光による劣化だ
直射日光が当たらんようにすれば防げる (高いタイヤでも同様だが、対策されてるのもあるらしい)

チャリカバーにブルーシート使ってたが、1年位でボロボロになってしまう
今のはUVシート 1年4箇月経つが、まったく劣化してない
#4000は厚めなんで、も少し薄手の方が取扱が楽だと思う


以下オマケ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_13_m?1555952831

酒匂川右岸の未舗装土手を走ってたら、サイフォン上の空地に何やら造ってる
パッと見、橋梁のPC横桁みたいだが・・・何だろ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_14_m?1555952831

隣には多分ソレの前段階、側壁が未施工の状態。こうしてみるとRが付いてるのか

どっかの橋梁工事に使われるんか?新設ってこの辺じゃ聞いて無いんだが

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_15_m?1555952831

この空地は小田原エンジニアリングの従業員専用駐車場。ただ、あんま利用されて無い

小田原エンジニアリングは、電気モーター系の会社で、2013年に旧ソキア・トプコン跡地
(酒匂川左岸沿い小田急線と松田郵便局の間)に引っ越して来た

ここんトコ工事してて、工場建屋を併設してる。橋梁っぽいモノは、その関係のスロープとか何かか?

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109965/41/33858241/img_16_m?1555952831

新松田駅脇のK11踏切に、何やら新しい装置が設置されてる。まだカバー架かってる
位置的に押すと踏切が開くという、、な訳無く、非常停止ボタンとかだろ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント