2018/04/16

新東名/水無川周辺

撮影日 2018年04月15日 前回 2016年12月13日

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_0_m?1523854714

県道706号丹沢公園松原町線を大倉に向かって登ってくと、新東名の現場
交叉付近を工事してるから迂回になってる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_1_m?1523854714

迂回路の西/御殿場方面、四十八瀬川方面を見ると市道79号線、に向かって工事用道路が延びてる
低いトコは堀川か

ん?看板に、、「暫)下り線 STA.115+00 道路計画高 244.694m」だと!
「ここの標高 252.32m」これはこれは御丁寧に
「下りセンターより 南 7m」上記標高差は計算すると 7.626m。の事か?

下り線のセンターから南に、、とも取れる
だがしかし、新東名の道路高さ(標高)が判ったんは、実に嬉しい
特に秦野盆地(扇状地)の中央付近なのでトンネルが無く、橋もまだ形が無い
「どの位の高さ」を通るんかサッパリ判らんかったのだ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_2_m?1523854714

振り返って東/厚木方面。地面掘って何か造ってる。基礎、、より上の部分のようなのだが

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_3_m?1523854714

その先は水無川を挟んで秦野SA
ここから一気に橋を架けるなんて素敵だが、そんな計画は無いし向きが90度違う

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_4_m?1523854714

現場上手から。同じような穴があと2つ。計3個ある
ぁ、此処は掘り下げて跨道橋が架かるんだっけ
イメージ図だと途中に島の2つ橋だが、途中橋脚、端は橋台か
そうか掘り下げる前に跨道橋を地中から造ってるのか

此処の標高は地図読みで約252m。(勾配無しとして)道路計画高 244.694mまで 7.306m掘り下げる
跨道橋の桁下高さは国道の場合 4.7m以上だそうだが、
高速道路の場合は高めじゃないと圧迫感あるから、もっと必要かと思うが、ぐぐっても判んなかった
(ちなみに高速道路の場合は跨高速道路橋/OV橋と言う)

本線路盤より跨道橋の方が先に出来そ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_5_m?1523854714

やれやれと現場上側から秦野SAを見ると間の水無川の辺りに何かある。2つも!

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_6_m?1523854714

水無川まで降りるのだが、狭い道ながら一般道が現場を横切ってるのに気付いたんでソッチ経由で
上の県道高台より一段低い。河岸段丘になってるようだ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_7_m?1523854714

見渡すと青い防護幕の方が段丘上、緑の防護幕の方は下にある

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_8_m?1523854714

そして水無川沿いへ。先程はあの段丘の上、その前はその上の県道交叉に居ました

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_9_m?1523854714

鶯橋から上流を見ると、公園の風の吊橋、ふれあいの橋、そしてその下左側(右岸)に
緑の防護幕で覆われた足場組みが!

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_10_m?1523854714

緑は新東名の本線水無川橋の右岸、、、橋脚じゃなくて橋台です(の筈)

段丘の上に青い防護幕で囲まれた足場組み
青は新東名秦野SAに繋がる橋の右岸、、、橋脚じゃなくて橋台です(の筈)
(ちなみにSA橋はスペック不明)

段丘上に他の構造物無かったし、本線橋の橋長 68.5mって、川渡るに結構ギリの長さなんす
右岸側段丘~橋台まで盛土して繋げると思われ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_11_m?1523854714

水無川橋の工事まで始ったか~。コチラの現場は平成32年11月までとなってます
橋が架かるのは、もっと先と思われる(後述)

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_12_m?1523854714

足場ん中を覗き込むと、2段目までコンクリ、上は型枠で、今造ってる最中
橋台前の道路標高が 231.9mなので、県道706号線交叉から勾配が無いとすれば、
路面まで12.794m。橋台の高さは11m台位でしょうか

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_13_m?1523854714

右岸橋台前から、対岸(厚木側)を見ると、正面の藪辺りが対岸橋台でしょか
川沿いに工事道路が有りますが、ソレが残るかどうかのギリ位置じゃないと68.5mじゃ届かない
(蛇足ですが、当初は橋長70.5mだった筈)

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_14_m?1523854714

そしてSA橋。上り線から秦野SAに行く専用橋で、一車線分なんで狭いです
ええと向きはコッチか

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_15_m?1523854714

対岸を見ると工事道路の先に屋上の有る構造物。左岸の橋台か!
と思ったんすが、後で行ってガッカリ。単なるプレハブでした
屋上が物見になってるのは、水無川の現場が見えるようにと思われ
(左岸も段丘状になってる)

それでもSA橋の行先は本線の上を渡る跨道橋(ピンク線)の上を越えてSAに入るのですから、
本線沿いでは一番高い位置まで登ります
(SAの本線標高 245mとして、跨道橋まで7m、その上5mとすると、245+7+5で 257m。
もっと単純にSA橋の左右岸の高低差は 6m位になりそ。
K706交叉~右岸橋台、右岸橋台~左岸橋台を等距離として)

また脱線してしまった・・・

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/49/33508349/img_16_m?1523854714

秦野SA堪能中に、なんとか下の橋台が見えんか移動しつつ、やっと捉えました

本線橋の左岸橋台推定地点は左下写真の赤枠辺りですが、
その裏は段丘のブルーシート畑、、では無く発掘現場ですね

秦野SAは面積がでかいんで、発掘も凄い事になってます。秦野SA編をお楽しみに

ところで

水無川橋の入札やら調べてて不思議なんすが、右岸側(御殿場側)の工事しか発注されてません
左岸は秦野SAと一緒なのかも知れないけど、その辺はよく判らないです


次回、秦野SA導入編(なにそれ)へ続く
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

御指摘ありがとうございます
間違ったままの方が恥ずかしいので、どんどん指摘してください

「見えるトコ」ですが、
実は15日に山岳スポーツセンターから萩山林道を登ってSA見えないか
頑張ったんすが、木々の間から見えるのは秦野盆地~渋沢丘陵で・・
足元は見えないモンですね
高圧/新秦野線の上まで行ったので、標高500m位頑張ったのに

御指摘の場所は次回と目付けてた辺りなので、行ってみます
成程ニッチな場所だ

匿名投稿なのでお名前出しませんが、ありがとうございます