2017/05/19

県道76号線/山北橋

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/33124265/img_0_m?1495193035

大正12年震災の時の写真、当時は此処に踏切が有った...

山北橋超線橋と旧道踏切で取り上げましたが、

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/33124265/img_1_m?1495193035

国沼富士夫さんに続き、青木一郎さんからも情報を頂き、
明治期の旧々道も、少しづつ判って来ました

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/33124265/img_2_m?1495193035

今回の主題は、現道である山北橋です

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/33124265/img_5_m?1495193035

親柱に銘はあるのですが

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/33124265/img_3_m?1495193035

ドコをみても

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/33124265/img_4_m?1495193035

銘板もガーダープレートもありません

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/33124265/img_6_m?1495193035

鋼桁でリベット止めと、かなり古いモノとは思われる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/33124265/img_8_m?1495193035

が、山北橋の架橋は1933年/昭和8年らしい
土木学会の橋梁データベースでも同様です(上の資料もコッチが元ネタらしい)

県の資料で確認取れれば早いのですが、橋長14.4mと15m以下の道路は通常の公開情報には載ってないのです
(15m以下の橋はそれこそウジャっとあるんだろな)

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/33124265/img_9_m?1495193035

こないだ出版された「小田原・足柄の昭和」に、かなり近い時代の山北橋の写真があります

いき出版/「小田原・足柄の昭和」
http://www.ikishuppan.co.jp/publics/index/422/

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/33124265/img_10_m?1495193035

ぐぐぐと細かいトコ見てみると、鋼ガーダーのようです

欄干は似てる、、も少しスリット穴があるか、親柱の特徴は凄く似てる
また親柱上には飾り灯が付いてたようです(黄矢印)

現在の綾柱上には四角い蓋みたいなのが付いてますが、コレの跡、あるいは隠した蓋でしょか
欄干スリットは埋めたとも考えられる

てな訳で、昭和8年架橋の橋が現在も使われてるようです

昭和初期にも、県道厚木御殿場線として整備された時期があるので、その一環でしょか
震災復興も兼ねてますが゛、旧鞠子橋/昭和4年、旧々清水橋/昭和5年に架橋されてます

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント