2016/12/14

新東名/秦野市/水無川周辺

撮影日 2016年12月13日

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_0_m?1566221640

秦野市内、水無川を渡る鶯橋。一般車両が通れる橋としては最上流になる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_1_m?1566221640

その鶯橋から上流を見ると、戸川公園内の「ふれあいの橋」「風の吊橋」が見える
左手右岸には、道沿いに新東名標識があり、此処に新東名/水無川橋が架かる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_2_m?1566221640

新東名標識、手前のは看板で、本物は奥だ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_3_m?1566221640

秦野市HPのイメージによると、水無川橋は2本
上下線で分かれてるのではなく、下が本線、上は秦野SAのアクセス道

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_4_m?1566221640

水無川を渡ると直ぐに秦野SAなのだ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_5_m?1566221640

故に上り線は手前に入口が造られ、水無川を渡る橋は別となる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_6_m?1566221640

鶯橋の右岸側には何か工事が行われてる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_7_m?1566221640

また下流側には現地事務所も出来てる

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_8_m?1566221640

現場入口の工事看板は「新東名高速道路をつくっています」とある

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_9_m?1566221640

水無橋の右岸/名古屋側は盛土するので、その工事用道路か?

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_10_m?1566221640

上流の戸川公園に入り「ふれあいの橋」を渡る

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_11_m?1566221640

橋上から下流側。先程の鶯橋。新東名標識が見える
この間に新東名本線とSAアクセス道の2本の橋が架かる、、のだがなかなか想像できない

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_12_m?1566221640

橋上から上流。風の吊橋が見える
左岸側はアソコまで行かんと一般道に出れないのだが、鶯橋まで戻って渡り直すのが面倒で・・・
途中、登れる人道でもあれば良いのだが、この辺まで来ると水無川は結構深い谷になる

やはり時間かかって、、(笑

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_13_m?1566221640

市道52号線に出る頃は夕闇迫る時間
一番上に事務所があるのだが、看板は発掘になってた
場所も此処だけでなく、何箇所かで出たようだ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_14_m?1566221640

ようやくSAの工事看板

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_15_m?1566221640

此処は秦野サービスエリアの中(後述

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_16_m?1566221640

一番下に新東名標識がある

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/1150243/44/32939244/img_17_m?1566221640

SAの中というのは、市道52号線はSA用地の中を通ってるのである
勿論、SAのフチを廻るよう付け替えられる事になる


うぐぅ、日没との戦いに負けたので、秦野SAは後日また
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント