2016/03/19

熱海市伊豆山/R135旧道 +α

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_0_m?1458365188

国道135号、静岡県熱海市泉元門川分〈いずみもともんがわぶん〉
左に見えるんは大黒崎のリゾートハイツ群

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_1_m?1458365188

熱海鉄道〈熱海軽便〉はちょい手前で熱海街道を離れ、
大黒崎と次の岬を専用軌道で廻り、稲村で道路に戻る


当サイトでは今更だが、、、

熱海鉄道は、省線熱海線の開通に合わせて小田原-真鶴間が廃止となり、
真鶴から熱海までが最終的に営業していた

省線が熱海まで延びれば消えゆく運命だったが、
それより早く大正12年の関東大震災で壊滅的被害を受け、復旧する事無く廃止されてる


ウチの熱海街道沿い調査〈旧街道道、ハエタタキ〉でも、
これまでの区間に熱海鉄道は走ってたんだが、その遺構は無い
震災被害がでかすぎ、道ごと、山ごと崩れ、道路復旧、後の拡幅で跡形も無い

が、この区間の一部に軌道跡が残っているのは、地元筋〈な人達〉では知られていて、
湯河原まで終わったんで次はコッチだな~と思ってたら、こんな事になるとは・・・

大御所のシン、、探索が入ってしまった

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_2_m?1458365188

震災でこの辺も被害受けたが、昭和23年頃までは何事も無かったのが・・・
〈注0ラインは大正5年地図からなので、あまり正確ではない。以下同〉

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_3_m?1458365188

昭和40年代のリゾート開発で、熱海ビーチラインが造られ門川〈湯河原〉側はすっかり変わってしまった
また、ビーチラインの法面工で斜面が削られた場所も多々ある

大黒崎辺りは大規模開発で、元の形からすっかり変わってしまった

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_4_m?1458365188

そして現在。大黒崎側の明るい緑は後の緑化。当時の斜面は無い
次の岬の濃い緑に期待だが、震災で崩れた場所もあるので、まんま残ってる事は無いだろう

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_5_m?1458365188

前に出たガードレール外のコンクリ車止め

神奈川県側は当初県道として下田小田原線を整備し、後に二級国道となったが、
静岡県側のその辺はまだ調べて無い

どの時代の車止めだろう

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_6_m?1458365188

↑があるのは大黒崎の先、左側が明るい緑で、凸凹なく斜面
右が元々の、、だが、結構勾配キツイ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_7_m?1458365188

さて、次の岬、、探したが無く無名か。近くのバス停には大名ヶ丘とある
その岬に入るんは、ここいら辺が良さそ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_8_m?1458365188

気持ち廻り込むが岬の稜線に出れそ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_9_m?1458365188

が、そこを過ぎ、序での旧物件の調査
山側ワッフル法面、海側には斜面。切通しとなってる場所

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_10_m?1458365188

熱海方の海側には旧ガードレールの柱が残ってる

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_11_m?1458365188

かつて山に沿ってくの字だった道が、昭和40年頃切通しされて直線になってる
それ以前の道、即ち旧道が海側にあると思われる

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_12_m?1458365188

ガサゴソすると、おおう、残っている
ようやく本題の国道135号旧道部だ 〈すまんね+αが大きくて〉

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_13_m?1458365188

路面は、林とマッド、、旧道は舗装されてたと思われるが、剥がされたのかは不明
幅は6~7mあると思うんだが、唯一開けてる場所が沼なんで・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_14_m?1458365188

それでも旧道部分の山側には石積みの法面がなされていた
ガードレールまであったんだから、昭和40年位まで現役だったのは間違いなさそ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_15_m?1458365188

さて、こっから+α。某軌道跡っぽいの補完となります

旧道部から来た此処は・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_16_m?1458365188

旧道から分岐してる作業道のような場所。行き止まりですが
そこから下に行くと何段かの平場がある

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_17_m?1458365188

井戸の平場の下にはストーンサークル。炭焼きの跡も
この斜面は軌道敷き以外にも使われてたようだ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_18_m?1458365188

軌道敷きの調査をしてて、前回書かなかった事を

大堰堤上の平場にはトラックのタイヤ。上の国道から転がってきたのか?

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/28/32585828/img_19_m?1458365188

軌道敷きは推定2m幅。最終軌間は762mmで車幅は1.4m程

軌道敷の脇には、シュロ〈ソテツ?〉が植えられたんだろか

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30100370_11?1353603515

参考、改軌(610mm→762mm〉中の3条線路
軽便の後ろに人車も在り、一緒に移ってるおそらく唯一の写真

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_15_m?1458228379

今回一番の予想外はこのピンクのリボン

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/31/32585831/img_0_m?1458365463

防護ネット上には「石置 46m」。写真撮って無いがこの辺に真新しい割った石が転がってた
また切通し奥には、、ピンボケになっちまってるが「石置場」とあった。いずれも新しい

防護ネット上だけなら、落石防止に関するモンかと思うんだがなぁ

「石置場」で思い付いついたんは、早川から湯河原まで、石材切り出しを行ってた過去があり、
根府川、真鶴では現役の石切り場が結構在る

特に江戸城の石垣用石材切り出しは各地で盛んに行われてた
場所毎に各地大名が普請で行い、、、まて、バス停は「大名ヶ丘」だったな

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/31/32585831/img_1_m?1458365463

熱海市の石切り場は未調査だったんで、今回慌てて・・・
丁度この岬の上に、大同Ⅰという切り場があるようだ

1を含めた報告書を確認したが、この岬が運ぶルートになってたか不明だが、
海岸に矢穴石が転がってるのなら間違いないだろ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_14_m?1458228379

この切通し

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/31/32585831/img_2_m?1458365463

奥はなぜか広くなっており、現地では判らんかったが、
慶長-寛永の頃、切り出された石を船積みする前に保管した場所だったかも知れない 〈裏とって無い〉

明治になって人車・軽便で使われるという、二重の文化価値がある

なお、切通しの門川側は石積みで補強されてたが、石積みは逆L字型に積まれてて、建物があったかも
海側に四角く石の縁取りがあり「ぽっとん」〈所謂御不浄〉ではないかと思われ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/31/32585831/img_3_m?1458365463

さて、前回井戸より稲村側を書いて無かった
ちょいとした掘割場を抜けると、、、

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/31/32585831/img_4_m?1458365463

藪が酷かったのです

夕闇も近付いてて、体力的にも無理なんで撤退ですが、
このまま素直に稲村まで続いて無いのは事前調査でも判ってたので・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/31/32585831/img_5_m?1458365463

二倍目の予想外の井戸。こんなトコに必要だったのだろうか?
ぃゃ、そもそも軽便と関係あるんだろか

もちょい行けば稲村駅。ソコになくてもどっかの駅には給水設備は必要です。蒸気機関だからね

神奈川県側の門川駅は、千歳川というソコソコの川が流れてるが、
静岡県側に川は、、無い事は無いのだが、

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/31/32585831/img_6_m?1458365463

実は熱海市におっきな川は無く、昔から水不足で苦労してたそうです
丹那トンネル湧水でも賄い切れず、現在でも深井戸や伊豆半島超えて給水してます

それらが無かった頃には沢からの簡易水道だったらしく、渇水期には大変だったらしい
これまた裏とって無いけど、軽便用にホントに井戸が必要だったのかも知れません


本来なら時間かけてもっと調べたい項目もあるが、ネタ供給の意味も含めて暫定レポという事で
〈すまん、ほとんど+αだった〉
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ヨッキれんです。
ご連絡ありがとうございます。拝読いたしました!

まさか同じ日に同じ場所のレポートを公開することになるとは、何という奇遇!端から見たら、内通していたと思われそうですね!(笑) まさに他人とは思えない偶然です。

それはそうとして、この第2回の内容も素晴らしいです。
私が現地で見たものと重なってはいますが、レポートには私の知らなかった知見(石切場の件など)が多分に含まれており、とてもためになりました。後日公開予定の「後編」執筆にあたって、大いに参考にさせて頂きます。

本当にありがとうございました!

No title

ヨッキれんさん、こんにちわ

ツイッターで「大島と初島」が出た時点で、来たんは判りましたので・・・
本来はも少し情報を確認したかったのですが、地元の意地で先行公開させていただきました
中途半端になってしまって、すんません

熱海鉄道の写真は古写真集に多く掲載されていて、
「小田原の原風景 Ⅰ交通編」に多く載ってます

この記事で使った3条線路は「神奈川鉄道写真集」からです

停車場の給水タンクが判る写真は良いのが無いので手持ちから
http://yahoo.jp/box/vaeoJN

良ければお使いください


実は地元の古書店とで、熱海鉄道の写真の場所の特定をしてまして、
大黒崎辺りは現地確認が出来たこれから行います
レポに間に合いそうにありません

No title

地元の意地! 素晴らしいです。しっかりこの目に焼き付けました。

教えていただいた「小田原の原風景 Ⅰ交通編」は未見です。ぜひ読んでみようと思います。また、貴重なお写真のご提供感謝です。これはBAZUさんの私物ですか? だとしたら凄い。

ところで、沢山古写真をご覧になっているだろうBAZUさんに質問なのですが、熱海鉄道が関東大震災で被災した状況を撮影した写真は見たことありますか? 私は「国会図書館デジタルライブラリー」で探してみたのですが、見つけられませんでした。また、被災後にレールが撤去されたとう記録は残っているのでしょうか?

そして、今後予定されている大黒崎の古写真位置の特定、楽しみですね。達成したら、ぜひ教えて下さいませ!

今回、折角お手を差し伸べていただきましたので、私の方でも少しは地元の方のご期待に添えるレポートになるよう、ちょっと時間をかけて続編を用意しようと思います。これは生半可な気持ちで書いたら、失礼になりそうです。

No title

こんばんは。
単なる偶然では済まないような流れになりましたね。
オブローダー業界(?)ではたぶん山行がの記事がアップされた時点で大騒ぎになるものと思われます。

石切場の事も気になります。井戸の事も、熱海市の現在の水道も丹那隧道内の湧水が救世主であるという事をブラタモリで見ました。なので、昭和初期以前の水場確保は簡単ではなかったでしょうね。続編、気長に待っています。

No title

ヨッキれん さん、こんにちわ

被災写真やレールについては別記事にしたので見てください

後編楽しみにしてます
あまりマニアック過ぎない程度がよろしいかと思います〈誰が言う!〉

あと、このサイトは全国区じゃなく、ローカルで細々やってるので、
貴兄のレポには「地元の方の協力」程度で軽く流して頂けると幸いです

非地元の方向けに細々書くのが面倒で・・・

No title

たからったさん、こんにちわ

熱海鉄道は、関東で割とメジャーな割に、
廃線跡といえば道路を歩く、、、記事しか見つからん

ホントの線路跡のネタが殆ど無く、期待も大きっいですが、
いかんせん震災で生き残った部分しか無い訳で、、、

ヨッキれんさんが他にどれだけ見付けられたか判りませんが、
「なんだそれだけ」になる可能性も

そうならんように、震災被害の凄さ辺りでカバーするのが
常套手段ですが、そするとボリュームが難しそう〈既に他人事かよ〉