2016/03/18

某軌道跡っぽい

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/12/32583512/img_7_m?1458219480

さて、あの地点に向かうのだが、当然ながら道なんて無い

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_0_m?1458228379

フォームチェンジで完全装備

どっから入るか悩んだが、ひょんな事から廃となってる旧道区間を見つけ、ソコにチャリをデポしてGO!

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_1_m?1458228379

彷徨って見付けた穴。残念ながら横穴じゃなくて縦穴。井戸と思われ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_2_m?1458228379

直ぐ傍には石積みの・・土止めなのか土台なのか・・

ただ、この斜面は何段も平場が出現するんで、此処か軌道ラインか判らない

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_3_m?1458228379

てな訳で沢筋まで下って、沢を登ってくと・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_4_m?1458228379

石積みの堰堤?

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_5_m?1458228379

でかい!二段組みで深いトコの高さは6~7mある。横幅は端までだと20mを軽く超える

沢筋にあるのだから堰堤なのか、、ただ中央に排水とかがある訳ではない
排水穴が有れば暗渠なんだが、ソレも無い
上流からの流れは端の方に流れ下ってて、洗い越しと言えるか

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_6_m?1458228379

巻いて上に登る。上は平場となってるので、堰堤というのは正しく無いが、とりあえず大堰堤と呼ぶ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_7_m?1458228379

軌道敷にしては広過ぎる。交換所としても

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_8_m?1458228379

ちょいと脇登って見下ろして見る

軌道の話が無きゃ、埋まっちまった土石ダムみたいな

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_9_m?1458228379

大堰堤から両側に軌道敷が続いてる
下〈南〉は先程の井戸/石積みに続いてた

逆の上〈北〉方向は・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_10_m?1458228379

時折広くなってて、ここには偏らに石積みが四角く土台風

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_11_m?1458228379

軌道敷の山側には、所々に石積みがみられる

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_12_m?1458228379

まるっとしたワイヤー〈ピンク矢印〉、立木にもワイヤーが巻かれてる〈黄矢印間〉

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_13_m?1458228379

軌道敷がカーブを切り、右側石積みで補強された間に入ってく

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_14_m?1458228379

振り返った姿の方が判り易い。切通しだ

狭いトコの幅は3m弱あった

切通しを通り、また曲がって進む 〈切通しクランクになってる〉

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_15_m?1458228379

人が入った残留がある
ピンクリボンがあり、回りの木も切られた跡がある

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_16_m?1458228379

下を覗き込むと海が近い
この下には道路が通っていて、その落石防護のネットと思われ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_17_m?1458228379

小さな岬を回った事になる。進行方向先には次の岬が見えるが、
その間の斜面勾配は結構キツイ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_18_m?1458228379

案の定、岬を回り込むと軌道敷は消え、進むのすら困難となる


小一時間位のプレサーチのつもりだったが、既に二時間
流石にしんどいので撤収、軌道敷を戻るのは楽だが、道路に戻るに登るのが大変だった

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_19_m?1458228379

オブ装備を脱ぐ。汗びっしょりだ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_20_m?1458228379

来るンは自走だったが、もはや足が残って無い。帰りは電車で


さて、此処の軌道を走ってたんは、、

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_21_m?1458228379

コレと思われ。まだ100パーの確証が無いので、コレの銘と場所はナイショで

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/34/32583734/img_22_m?1458228379

当時の地図でもコレっか見て無い 〈大分省略されてる〉

通常、道路に敷かれてたが、所々専用軌道となってる。そのうちの一つ

まだ行って無い場所もあるんで、まだ調査は必要かと
物証のレールでも落ちてりゃなぁ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ここんトコの状況から近くに来てるとは思ってたが、やはり・・

山さ行がねが
http://yamaiga.com/

廃線レポート 豆相人車鉄道・熱海鉄道 大黒崎周辺 前編
http://yamaiga.com/rail/zusou/main.html

まだ出てきてませんが、後編で被りそう

地元ネタを先に公開されるのだけは避けたかった
忙しくて結構焦ってました〈笑

No title

ここからヨッキさん VS BAZUさん 世附林鉄編に続くわけですね(笑)

No title

pur*nt*n*oe さん。こんにちわ

世附林鉄は、多分無理

足の故障あって、2009年のプレの往復だけでいっぱいいっぱいだった
http://blogs.yahoo.co.jp/bazu55555/20598997.html
http://blogs.yahoo.co.jp/bazu55555/20725269.html

今はもっと悪いんで、往復できそにない
天幕持ってて、数日かければなんとかなりそだが、
数日も連絡不能になると、仕事上問題だし

せめてチャリで林道走れればなぁ

No title

うぐっ、残念です。
世附は神奈川県内にも関わらず他地域の林鉄と比べても踏破情報がかなり少ないのですね
謎に満ちた林鉄…素敵です

No title

pur*nt*n*oe さん。こんにちわ

ぶっちゃけ、軌道が林道になった〈林道のド真ん中に軌道が引かれてる写真とかある〉ので、軌道独自の遺構が橋跡位しか無かった
〈プレサーチ当時〉
ので、オイシサには欠けるかも

西丹沢でワサワサしてる人達のレポでも、専用軌道として一番美味しそうなスイッチバックも、跡が殆ど判らない状態らしい

大又沢線には支線もあったようで、それ位かな細かく調べられてないのは