2016/01/17

椿ライン #6

撮影日 2016年01月02日

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_0_m?1452985065

マップ用のネタが尽きました

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_1_m?1452985065

まずは6-1の場所。内側のカーブですが、昔は2つのコーナーだったのが1つに変更されてます
昭和37年の航空写真はあんま良くないので、補正しきれてません
よく見ると変更する道のルートが細く写ってて、掃って測量等行われたのかも知れません

昭和63年、旧コーナーは空きスペースとして存在してます
青矢印側は近場の工事で作業場として使われたらしく、旧遺構が残ってはなさそ
赤矢印コーナーに期待して向かいました

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_2_m?1452985065

赤矢印コーナー直前、16.5kmポストがあります

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_3_m?1452985065

コーナーを振り返って全景。繋ぎがうんま上手くいかんかった

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_4_m?1452985065

赤矢印コーナー前後は、縁石からガードレールが生えてるのに、
コーナー部分は直か植えで、前後より低くなってます。施工が違う

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_5_m?1452985065

ワサワサワサワサ、、藪笹を暫く彷徨ってみましたが、旧遺構は見つからず
縁に車止めあるかと思ったのになぁ

元より無かったのか、工事の最撤去されたのか

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_6_m?1452985065

次の場所に向かってレーダー手前。道路左右の旧道跡は御馴染のモンですが、
谷側ガードレールと路肩法面が一致しない場所とかあって、
昭和40年以降も改良が何度か行われたようです
〈そういえば、この辺大規模に工事してた時期があった〉

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_7_m?1452985065

レーダー前を過ぎて、6-2の場所

此処は調査予定では無かったのですが、道路右側〈東側〉のスペースが旧道の名残として、
反対側を見てみると・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_8_m?1452985065

山側法面が藪の中へ消えていく

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_9_m?1452985065

藪の向こうに法面がある、、元々、道路はあの辺で・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_10_m?1452985065

ヘアピン手前に出てくる筈なんすが、その場所は不明
このヘアピンは土肥大杉跡の入口な場所です

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_11_m?1452985065

戻ってから調べてみると、ヘアピン手前のS字カーブが改良されてました
昭和52年位までは、内側法面境がよく判ります

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_12_m?1452985065

土肥大杉跡入口は伐採が行われてて、索道が組まれてました
ヒョイと踏み込んだ日陰の土には、霜柱が残ってた

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_13_m?1452985065

6-3場所、ヒョコヒョコ登って、大観山とスカイラウンジが見えてきました
大観山でぐぐるとスカイラウンジしか出てこないけど、実際には山〈ピーク〉の名前です

この日はメチャ向かい風が強くて、波をみないと進めない程

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_14_m?1452985065

ターンパイクと並行する最後の登りは、昔もっとクネクネしていた
改良で直線に近くなりましたが、旧道部分は工事用スペースとして用いられたので・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/32489566/img_15_m?1452985065

平場としてしか残ってません
平に整地されてるので、旧道の跡は微塵もない


椿ラインの登り、湯河原側は以上です
箱根側の降り区間は、旧道跡と言えるんは少ないんすが、纏まるかな
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント