2015/07/29

畑宿発電所

撮影日 2015年07月24日

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/32219965/img_0_m?1438034790

県道732号湯本元箱根線、発電所前バス停から下の道
一般車両は進入禁止だが、歩行者はOKなので遠慮なく降る

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/32219965/img_1_m?1438034790

早川水系須雲川の最も高い場所にある畑宿発電所
七曲より上流で取水する水路式
昭和16年運用開始、箱根の水力発電所としては新しい方

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/32219965/img_2_m?1438034790

直ぐ下流には別の発電所の取水堰がある

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/32219965/img_3_m?1438034790

下流取水堰の管理の為、須雲川を渡る吊橋が架かってる

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/32219965/img_4_m?1438034790

揺れ止めも付いてるので殆ど揺れない。渡って取水堰へ向かう

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/32219965/img_5_m?1438034790

この取水堰は湯本より下流の三枚橋発電所のもの

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/32219965/img_6_m?1438034790

設備内に石碑が立ってるんだが、良い位置から見えない

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/32219965/img_7_m?1438034790

石積みの取水堰
三枚橋発電所は小田原電気鉄道によって大正9年に造られた

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/32219965/img_8_m?1438034790

此処は箱根旧街道石畳、、の現存してない区間にある「須雲川自然探勝歩道」になっており、
須雲川橋から右岸の道が堰まで、堰の直ぐ下流を流れ橋で渡り、発電所道に出て、県道に至る
というコースになってる
旧街道を歩いてる人には御馴染の場所

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/32219965/img_9_m?1438034790

そんな訳で子供の頃から夏場に旧道〈県道732号湯本元箱根線〉をチャリで登る時は、
涼みにやって来る定番の場所だったりする

川に降りても良いし、発電所の駐車場脇にはメチャ冷たい湧水が流れてて、
暑い時の休憩にはピッタリな場所です。お勧め!

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/65/32219965/img_10_m?1438034790

県道から降りて来たから、帰りは登らねばなりませんが、
標高差は15m位しか無いから旧道を登る人にとっては、たいして苦ではありません
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント