2015/06/27

国道特2号/姿見橋を探せ!

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_0_m?1435399171

国道特2号〈現、国道138号〉にかつて在った姿見橋

初代明治橋が橋長約 22.7mというのは大きすぎる感もあるが、
ほぽ同じサイズの旧俵石橋と同じ方丈木橋ならば在り得るので正しいのかも

昭和8年頃に架け替えられたというトコまで判っている
ただ、形式が書いて無いんだよね。ソコら辺はまだ調査中

大字杓子が現在の字杓子山と考えられるので、国道138号と県道736号〈旧国道〉の分岐辺りと予想

今回は架かってた場所について、もっと詳しく調べてみた

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_1_m?1435399171

宮城野村との境界である矢落沢橋から長尾峠〈隧道〉までが、仙石原村である
古地図ではこれだけの橋が載っていた
太郎橋や公時橋〈約3.6m〉のように橋長の短い橋は記載されてない

多くは現在も橋が架かってるが、長尾峠側の旧国道となる区間に3つ不明な橋が有る

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_2_m?1435399171

その部分。下仙石側から「?1」~「?3」と呼称する

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_3_m?1435399171

旧版地図では正確で無いので、現代地図に持ってきた

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_4_m?1435399171

ちょいとおさらいになるが、旧国道で唯一橋梁形式の姥ヶ橋
1969年〈昭和44年〉架橋のRCラーメン。橋長 7.2m、幅員 8.2m

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_5_m?1435399171

姥ヶ橋から長尾峠側に在る「?3」。下が覗きこめないので橋梁形式か暗渠か不明
銘板等は無かった

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_6_m?1435399171

姥ヶ橋から仙石側に降った「?2」。地図では赤丸の位置に思えるが、実際に暗渠があるのは桃丸

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_7_m?1435399171

桃丸の沢は結構深い。ひょっとしたら赤丸の方にも暗渠があったかも知れないが見逃したかも

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_8_m?1435399171

そして現国道と分岐する地点の「?1」

此処が沢になってるってすっかり忘れてた。しかも沢名が「杓子沢」だと!

杓子の地名について調べてみたら、仙石から長尾峠に向かう途中に、杓子小屋というのがあったそうだ
沢名からして恐らくこの辺の事だろう

現在使われている「字杓子山」というのに番地が振られていない
旧国道〈県道736号〉の通行規制に関する住所しか見つからない

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_9_m?1435399171

現在は新国道のヘアピンが埋めてしまってて、
沢は外側を迂回し地図×辺りで県道下に潜り、谷側に流れ出ている

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_13_m?1435401533

古い航空写真で見てみる。とは言え数mの橋梁なんで、姥ヶ橋すら橋として確認出来ない
初代姿見橋の 22.7m位あれば、判ったかも知れない

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_11_m?1435401533

「?1」の乙女道路が出来る前。この頃までは橋梁だった可能性が高い
乙女道路は1962年(昭和37年)着工、1964年(昭和39年)完成


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_12_m?1435401533

旧橋が3倍程長かったというのは、谷の入口に架けられた為と考えられる
道路拡幅で山側を削るのだが、線形改良も含めて谷奥まで削り、短い橋を架けたという、、、

ならば深い谷いで「?3」の浅い谷では無理が在る
「?2」「?1」の方が可能性が高い

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_14_m?1435403644

古い写真も探したが、神奈川県側の橋が写ってるのは見つかってない
姥子辺りからの遠景だが、長尾峠に向かってる特2号が写ってる
拡大したみたけど橋は確認できんかった

代わりに、、

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_15_m?1435403644

長尾隧道から出てきた馬車〈見晴亭のあった場所〉
無灯火では大変だったろうに

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/38/32169138/img_16_m?1435403644

自動車も


かなり絞り込め、恐らく「?1」で間違い無いと思うが、決め手に欠ける
後の調査で判明すると良いのだが・・・
まっ、それでも旧国道区間なのは間違い無いので、スペックが判ったのは嬉しい
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント