2015/03/29

県道732号線/湯本茶屋の橋梁

撮影日 2015年03月21日

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_29_m?1427587971

箱根湯本、国道1号から三枚橋を渡り、元箱根に通ずるのが県道732号湯本元箱根線である

その県道732号線、湯本茶屋のはずれにある幾つかの橋梁を紹介する

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_0_m?1427587971

上を行くのは箱根新道、連続プレートガーダー橋長 108.8mの猿沢橋
下が県道で、、

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_1_m?1427587971

PC桁の猿沢橋

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_2_m?1427587971

現橋は橋長 25.0m、幅員 7.0m。昭和35年〈1960年〉3月竣功

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_3_m?1427587971

先の写真で川底が直ぐ下にあるが、橋の下流に大きな堰堤があるからで、元々は深い谷だった

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_4_m?1427587971

橋の上流両岸にはホテルの駐車場が設けられている

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_5_m?1427587971

初期の道路橋としては吊橋が架けられてた。大正時代かな

この写真からすると谷奥ではなく、入口に近い
現橋よりもっと下流側に架かってた可能性がある


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_6_m?1427587971

続いて2つのPC桁橋

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_7_m?1427587971

記念橋と

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_8_m?1427587971

駒沢橋をスルーして


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_9_m?1427587971

本日のメイン、観音橋へ。湯本側から

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_10_m?1427587971

元箱根側から

欄干が橋部だが、手前ガードレールから線形が変わってるのは妙で、そこには旧道があり、、

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_11_m?1427587971

現橋の谷奥には旧橋が在るのです

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_12_m?1427587971

県道732号として残ってる唯一の旧橋 〈きっと多分、、ィャ、アノハシガアルカモ〉

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_13_m?1427587971

石積み橋台の上にコンクリ桁

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_14_m?1427587971

じゃ入ってみましょうかね。夏場はすんごい藪で、入れるのは冬季限定です

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_15_m?1427587971

親柱は健在ですが銘版は失われています

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_16_m?1427587971

上流側。橋長は短いです

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_17_m?1427587971

橋上に行けるかと思ってましたが、天候が悪い時なんでマッディを通り越して水溜り
普通靴だったんで断念

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_18_m?1427587971

先ほどは元箱根側からでしたが、今度は湯本側
チャリの置いてある辺りから旧アプローチがあるんすが・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_19_m?1427587971

橋は中央より右で、左は道路車止めです
右岸〈湯本側〉は埋め戻し〈?〉が激しく、でかい岩がゴロゴロしてて侵入は諦めました


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_20_m?1427587971

下の町道へ

上を行くは箱根新道の観音橋。鋼方杖ラーメン橋+活荷重合成プレートガーダー、橋長 85.6m
その下で口を開けてるのが、、、

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_21_m?1427587971

県道観音橋です。もはやボックス暗渠

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_22_m?1427587971

覗き込めば上流に旧橋が見えます

石積み橋台で古い橋と思いきや、櫛桁〈幾つかの細い桁〉。此処でコンクリ打った一枚桁では無い
意外と新しい?

資料が得られれば早いのだが、残念な事に橋長の短い橋のデータは公開されて無い
うぐぅ、となると・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_30_m?1427587971

航空写真で確認するしかない、、、昭和22年時点で観音橋は旧橋のまま

ついでなんで猿沢橋もチェックしてみた
この時は旧橋の筈だが、凡そ同じ位置のよう
〈上下流に在るのは堰堤です。震災後の直轄砂防工事による〉

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_31_m?1427587971

昭和36年でも観音橋はまだ旧橋

箱根新道〈施工中、1962年開通〉と町道〈昭和30年初期?〉が増え、
猿沢橋は現橋に架け変わった筈だが、新道の影でよく判らない

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_32_m?1427587971

観音橋新橋が写ってるのは昭和42年。この頃に架けられたようだ

なんと旧橋は昭和35年県道認定まで現役だったのか!

観音橋の現橋ですらスペック不明というのはなんとかせねば、、、、、


こっからは湯本元箱根線のハナシになります

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_28_m?1427587971

旧東海道、須雲川沿いの道は、大正9年の県道認定からは外れてしまいます

県道では無くなっても、湯本-須雲川〈旧村〉-畑宿を結ぶ道として存在し、
旧東海道〈いわゆる石畳道〉とは別に車道も整備が進み、全通したのは昭和4年

しかしながらwikipediaに在る通り、県道として認定されたのは昭和35年〈1960年〉である
〈但し、この認定は湯本元箱根線単独ではなく、主要地方道意外の一般県道全て〉

この頃猿沢橋を含め、かなりの部分が改修されてる

じゃ、それまで県道じゃ無かったのかと言うと・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/79/31999979/img_27_m?1427587971

そんな事はなく、昭和10年の書類で府県道に含まれてるのが確認できました
湯本元箱根線の三枚橋〈66.0長×3.6幅〉、須雲川橋〈39.6長×4.8幅〉、新千鳥橋〈23.0長×4.8幅〉の
補修が行われています

神奈川県立公文書館のアーカイブズ検索によると、
大正13年の国道府県道及其付属物占用台帳記載まで遡れるので、その頃には県道だった模様

告示が無かったのか未発見なのかは不明です


てな塩梅で、県資料の調査で判明すれば、またの機会に御報告します
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント