2014/12/15

新東名/松田町/中津川橋

撮影日 2014年12月07日

新東名/秦野市/葛葉川、県道706号付近 を見て廻った後、松田町の県道710号線を寄方面へ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/12/31810112/img_7_m?1418574843

新東名は神奈川県西部を秦野市、松田町、山北町と通るのだが・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/12/31810112/img_8_m?1418574843

松田町においてはトンネルを出て橋梁超えてトンネルへと抜けていく
僅かな明かり区間だけ。急峻な谷なので、殆ど橋一本の通過だ
(余談だが、現東名高速の大井松田ICは大井町にある)

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/86/31800986/img_20_m?1418002244

新東名の標識は以前から見てるので県道710号線を進んでくと、織戸組の採石場上にフェンスが出来てる
(緑星印)

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/86/31800986/img_21_m?1418002244

新東名の建設だと!
新東名の標識は200m程先にあるんだが?

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/86/31800986/img_22_m?1418002244

覗き込むと広場になっていた。工事用のヤードになるのか?

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/86/31800986/img_23_m?1418002244

ハテナのまま、新東名の標識の場所に到着

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/86/31800986/img_24_m?1418002244

下り線側の標識は清津峡キャンプ場入口に在る
此処から100m程下った中津川沿いにキャンプ場はある

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/86/31800986/img_25_m?1418002244

道路フェンス裏には工事案内板が置かれてる。やはり此処で工事なんだろな

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/86/31800986/img_27_m?1418002244

開発許可標があった。道路建設の為林地を伐採するのだ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/86/31800986/img_26_m?1418002244

いや、既に始まってた。キャンプ場へと下る道だが、伐採が進んでるようだ

此処にかかる橋は県道より低いトコに架かる筈。トンネルの抗口も同様
キャンプ場への道は人道で、とても車なんて通れない
どっかに工事用の道路が造られるんだろ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/86/31800986/img_28_m?1418002244

此処から谷底は見えないが、橋台かトンネルの抗口は対岸(中津川右岸)に出来る筈
トコかな~

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/86/31800986/img_29_m?1418002244

イヤ、そっちじゃなくて、あのブルーシートのあるトコ
あそこに対岸のトンネル坑口となるそうですよ

嗚呼、ありがとうございます。流石に詳しい・・・

って、実はウロウロしてる間に一台の車が来てすっと停まり、
降りてきた人と新東名出来るんですってねぇ~現場端会話してたのだ

ヤケに詳しいのは、なんと清津峡キャンプ場の人だったのだ

道路から離れたキャンプ場は、静かな良い場所にあるんだが、新東名が出来る事でどうなるのか、、
心配なさってた
うむ~工事の間は結構五月蠅いだろうなぁ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/12/31810112/img_1_m?1418574843

てな訳で、200m程手前にあったフェンス(緑星印)は、工事用道路の起点となるそうだ
そこから谷底へ工事用道路が造られる

新東名の中津川橋(仮名)は、凡そ280m位だから大体この辺に架けられる
(資料は無いのでざっくりと造った)

架けられる橋の仕様は判明している
PC連続エクストラドーズド箱桁橋の片持張出架設、上り線が2径間 267.5mで。下り線は3系間 278.0m
最大支間長は上り線の 132.7m、最大橋脚高は下りP2の 42.0m

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/12/31810112/img_0_m?1418574843

出来上がりはこんな感じ。中津川下流側からの見た目です


まだ工事用道路にかかり出した段階なので、まだ先ですが、この現場も熱いなぁ


≪以上≫


えっ?キャンプ場の人にキャンプ場を通る道、
寄入口から中津川沿い、地図に描かれてて現存しない道について聞いてみたかって?

勿論、聞きましたとも!

まぁ、調査等で予想した通りでしたが、、、じゃ、そういう事で
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

事業仕訳の時TVに出てた八ツ場ダムに架かる橋と同じ構造なのでしょうか?
吾妻線乗りおさめで川原湯温泉駅から見上げた時、橋脚の高さに圧倒されましたが・・・
42mならば、半分位でしょうか?
清津峡キャンプ場・検索したところ、大変ストイックなキャンプ場の様で、驚きました。
橋の下だと印象が暗くなってしまうので、営業的には苦戦するかも・・・
一連の早川の記事・いつもながら緻密な調査と圧巻の考証で、とても読みごたえがありましたm(_ _)m

No title

ボラザぢぃさん、こんにちわ

エクストラドーズド橋は塔からケーブルを支える形式の橋です、
小田原小田原ブルーウェイブリッジ橋(1994年)が世界初
中津川橋し塔が片側だけの片吊形式となります

八ツ場大橋(2014/10開通)もエクストラドーズド橋です

斜張橋より桁橋に近いので、塔やケーブルの迫力はイマイチ


清津峡キャンプ場は、表丹沢に在りながら車道が通じて無いので、
閑静なよい雰囲気だったんすが、、、、