2014/11/21

箱根仕事行 #2

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/63/31768963/img_23_m?1416431805

御殿場から旧国道138号の静岡県道401号御殿場箱根線、国道138号、再び静岡県道401号と登ってきた

撮影日 2014年11月19日

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_0_m?1416432380

長尾隧道静岡県側

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_1_m?1416432380

修築銘板、昭和26年(1951年)竣功、延長 160m、幅 5.3m、(高さ 4.5m TNDBより)

最初の竣功は明治45年(1912年)だが、
このトンネルを超える道が開通したのは大正2年(1913年)

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_2_m?1416432380

箱根外輪山を貫き、神奈川県と静岡県を結ぶ県境のトンネル

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_3_m?1416432380

実際の県境位置は、トンネル中央より神奈川県側にある
この直上が県境の長尾峠という事になる

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_4_m?1416432380

神奈川県側に出ると箱根カルデラの大パノラマ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_5_m?1416432380

神奈川県側の抗口だが、、ガードレールが邪魔

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_6_m?1416432380

かつて長尾見晴亭があったのだが廃業、建物が取り壊されてもそのままで、
車を止めて展望を楽しめたのだが、ガードレールが設置されてしまった

簡易Pとして復活して欲しい

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_7_m?1416432380

稜線の長尾峠は、ここから登山道で10分

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_8_m?1416432380

旧国道138号の神奈川県道736号御殿場箱根線を下る

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_9_m?1416432380

長尾峠で気温10度
ここ数日でどんどん寒くなってるので、
用意した冬グローブとネックウォーマーの追加ではちょいキツかった
やっぱ長袖1枚位余計に持ってくるべきだな

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_10_m?1416432380

県道736号線から国道138号へ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_11_m?1416432380

この辺の紅葉はオレンジ。時折赤くなった木に出くわす

仙石に出て仕事

遊びに来てるんじゃなくて、仕事ついでに廻ってきただけだから
(しょっちゅうアチコチに出かけてるが、仕事の合間とか行き帰りの寄り道だから。
一日どっかに出かけるなんて、年に数回しか日程が取れない)

結構面倒な仕事をこなして、すっかり夜更ける

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_12_m?1416432380

帰りはいつもの明神林道(→黒白→県道76→県道78)だが、入口の石碑をライトで照らしてたら・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/69/31768969/img_13_m?1416432380

読めんかった白紋部分が! 「読める!読めるぞ!!」
真っ暗な時に強いライトをこの角度で当たると読めるのか!

開道紀功碑 道路開通に関する石碑だが、読めんかったので、箱根町立郷土資料館に行った時に聞いてみた
拓本でも無いかと思ったんだが、調査はしたけど記録があるのは裏面だけで表は無し
どうやらやっぱ読めなかったようだ(調査記録はまだ書籍等になってない)

自力で解析できそ。というか現場で凡そは読み取ってきた



ルンルン気分で林道を登ったのだが、金時隧道の直前で

「バキバキバキ!」「どーーん」

かなり太い枝が折れて路面に落ちる音。僅か15m位後ろだった

ぃゃ、問題はソコら辺から 「ふーーっ、ふーーっ」 とケモノの唸り声が!

ヤバイ!
猪っぽい気がするが振り向いたら(ライト当てたら)刺激しちゃうだろう
背後に全神経を集中したまま、そろりそろりとトンネルに入る

あとはダッシュ(笑

夜間の林道はデンジャラスだなぁ

≪無事帰還≫
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

「読める!読めるぞ!!」

この手があったか・・・。
これはとても有益な発見です。

No title

長尾隧道の中に県境の標識があるのですね。全く気付かず通り過ぎていました。
真っ暗な黒白・明神林道!!
トンネル潜って「長尾峠に上った」とか書いてしまいますが、よくよく考えれば間違いですねよ・・・
修正しなくちゃ・・・

No title

こんにちは。

なるほど、これは確かに余計な光のない夜じゃないとこうは見えないでしょうね。もっとも石碑一生懸命読んでる背後にイノシシなんかが寄ってきたら…そういうリスクは冒したくないですねぇw。

No title

粟船住さん、こんにちわ

ライトを当てる手は、前々から試しててたんすが、昼間だと殆ど読めない
今回、偶々ですが、やってみて良かった

No title

ボラザぢぃさん、こんにちわ

トンネル通る時に壁面とか普通見ませんものね(笑

コンクリ吹き付けに、下の構造が浮かび出てないか、、とか、
亀裂ないか、、とか、普通じゃない

No title

kanageohis1964さん、こんにちわ

石碑はまだ国道沿いですから、大型獣が出てくる可能性は低いかと・・

流石に林道ともなると、↑記事にある通り、
出くわすのは珍しくないので、それなりに気付けてます

点滅ライトも付けて、熊鈴を付けてる
それでも出くわす時は出くわすが