2014/08/01

中央線電化記念写真帳

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/725107/68/31556268/img_0?1406838127

昭和6年発行の「中央線電化記念写真帳」
国会図書館/近代デジタルライブラリーで見る事が出来る

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/725107/68/31556268/img_1?1406838127

昭和6年(1931年)4月1日に、浅川駅(高尾駅)-甲府駅間が電化されたのを記念して発行された
(甲府駅から上諏訪駅が電化されるのは昭和39年。西線を含めて全線が電話されたのは昭和39年)

すなわち、高尾から甲府の電化工事なのだが、
昭和6年の同区間の(今となっては見れない)貴重な写真及び、
写真だけで無くデータも掲載されてるので、資料としても大変価値がある

写真等はアクセスして貰うとして、そん中からネタ的に抽出

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/725107/68/31556268/img_2?1406838127

呼戸沢橋梁
国道20号_大呼戸橋 で見た橋梁の(多分)先代になります

昭和6年というと、国道20号(当時8号)の大呼戸橋(S28)はまだ無く、、、、
うむむ、トラスの下ギリ、向こう側に方丈橋が見える!
あんと、呼戸沢の旧道橋が写り込んでました


遠景なので流石に旧道の様子は判らんです

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/725107/68/31556268/img_4?1406838127

こっからは見に行って無いんすが、第一桂川橋梁・・・とあるんだが、第二桂川橋梁ではないだろうか
第一は猿橋群/旧中央本線_猿橋橋梁(仮)の処なので、風景も違う

第一は上路ピン結合プラットトラス、鳥沢~猿橋間(猿橋駅は明治35年開業してる)
第二は上路バルチモアートラス(プラットトラス)、大月~初狩間

あんで、第二だと思う。架け替えられて現存しない

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/725107/68/31556268/img_5?1406838127

第三笹子川橋梁
こちにも架け替え済み


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/725107/68/31556268/img_6?1406838127

そして大変興味深いのが、隧道内電化の様子が詳細に描かれている
実際には組写真では無く、バラ
下に隧道上部を拡大した奴だが、ホントに余裕無い。これでも通常の規定高より全然低い

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/725107/68/31556268/img_7?1406838127

電車線(架線)、標準高が 5,200粍(mm)なのに、隧道内は 4,200粍(mm)

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/725107/68/31556268/img_8?1406838127

[青枠]それでも高さの足りない隧道は道床の掘下工を行ったそうだ
[赤枠]その工事を列車運行の間合いで行ったというから、大変な作業だな

中央本線_巌トンネル 現在もトンネルは低いままだが、π架線方式に変更されてる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント