2014/07/28

函嶺洞門バイパス工事

撮影日 2014年07月27日 前回2014年07月13日

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_13?1406479222

函嶺洞門バイパス工事の現場。バイパスは既に開通しており、トイレ等の施設を残すのみだが・・・

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_14?1406479222

落石防護幕の工事はまだ継続中
タイミングだと思うんだが、通りかかった時に施工してる姿を見て無い

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_15?1406479222

早川左岸の対象地は、以前ぶら下がりのロープだけだったが、
防護幕の主ワイヤーは既に張られていた。工事はちゃんと進んでるようだ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_16?1406479222

そして新しい工事看板が出てる。駐車場整備。箱根町の施工かと思ってたんだが、県が行うようだ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_17?1406479222

洞門の宮ノ下側にプレハブ小屋と架設トイレが設置されてた
駐車場整備も始まるようだ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

走り屋時代に毎晩通過していた函嶺洞門がこんな形になってしまうなんて・・・
上に何かあるのかな?

厚木246の同門のように上に何かあるのかな~
厚木の船子洞門のように(^^)v

No title

菊姫大吟醸さん、こんにちわ

函嶺洞門の上には特に何もありません
コンクリ造りですが、上には意図的に土を盛って防護してます

湯坂山ハイキングコースも、和泉館の上を通って
主稜線を九十九折り~主稜線上を真っ直ぐ登ります

さして谷地形もなって無いのですが、関東大震災、北伊豆地震でも
崩れた場所なので、モロい場所なのかも知れません