2014/07/28

国道1号x小田原箱根道路 山崎IC工事

撮影日 2014年07月27日 前回2014年07月13日

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_0?1406479222

下の現場。2スパン目の架設が終わり、移動運搬車等の片づけがおわってから、動きが無い

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_1?1406479222

解説やスケジュールも外されてる。3スパン目の架設までちょい時期が開くんだと思う

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_2?1406479222

上の現場。こちらは作業が行われている
来年までには擁壁は終る

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_3?1406479222

現在、国道1号の上に架かってる高架橋(鋼桁)。1スパン目(小田原方)

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_4?1406479222

接続した2スパン目。床板も載ってる

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_5?1406479222

そこから橋台までの3スパン目が最後の高架橋桁となる
橋台はまだ鉄筋状態

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_6?1406479222

後は型枠組んでコンクリ打って養生して・・・1ヶ月位先かな、桁架けるの

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_7?1406479222

小田原方の擁壁下の歩道。一応形にはなった

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_8?1406479222

送電線下の最後の石積みは、足場が組まれて撤去中。ブルーシート分が石積みだ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_9?1406479222

上から見ると、もうアソコらを残すのみ
ブルーシート手前の四角い垂直は、擁壁鉄筋を組んでる
この調子なら、数ヶ月で擁壁は出来上がりそう

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_10?1406479222

小田原方のフェンスが無くなったので、階段がよく見えるようになった

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_11?1406479222

施工前と同じように通路になるんだろうか

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fe-4e/bazu55555/folder/109946/66/31547966/img_12?1406479222

今はゴチャゴチャしてる部分に、通路は延びてると予想(以前はそうだった)
ただ、今度は歩道付くからなぁ。必要無い気もする
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。

江戸時代の旧東海道歩きをしている立場からすると、少しでも昔の道筋を辿りたいと考えますから、できれば昔の地形の面影を少しでも感じられる上の道を通ろうとするでしょうね。階段に丸太型をあしらってるのも多分そういう客を意識しているかなと思います。

No title

kanageohis1964さん、こんにちわ

以前この切通しは歩道が無く、擁壁の上に通路が設けられてました
湯本道橋が出来た昭和42年頃の話かと思ってたのですが、
その時は国1川側歩道が整備されたようで・・・

切通しは昭和初期の改修の際、かなり掘下げられたとの事なので、
その頃の資料が出てくれば面白いのですが