2014/02/09

函嶺洞門バイパス工事 (2/7 開通)

撮影日 2014年02月09日 前回2014年02月06日(開通前日)

2月7日に供用開始となった函嶺洞門バイパス工事の現場へ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_0?1391942427

昨日20cm位積もった雪も、気温が10度位まで上がったので、半日もすると殆ど消えてしまった

しかし、御搭坂を過ぎたトコで、箱根は甘くないと電光板が語っている
上の小田原厚木道路では除雪作業中

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_1?1391942427

箱根湯本に来ると、ぐっと気温が下がる。山から下りて来る冷気のせいだろうか

この時点では登山電車も動いておらず、ようやく動き出したバスに観光客が列をなしていた
(登山電車は午後5時過ぎに運転再開)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_2?1391942427

函嶺洞門の現場に来ると、既にバイパスルートとなっている
地元の人の話では、2月7日にバイパスの供用開始されたとの事

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_3?1391942427

バイパス車道は路肩に雪がたっぷり残ってるので、停車できない
宮ノ下側まで抜けてバイパス歩道へ向かう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_4?1391942427

昭和6年より83年間、人と交通を守ってきた函嶺洞門。その役割を終えた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_5?1391942427

バイパスは上流側、函嶺さくら橋を渡り

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_6?1391942427

そのままのカーブで対岸を進んで

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_7?1391942427

下流側、函嶺もみじ橋を渡る

橋梁-対岸道路-橋梁と、ひとつのカーブで一気に通り過ぎる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_8?1391942427

対岸道路に横断歩道があるのは、カーブの内側(谷側)に駐車スペースが設けられるからだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_9?1391942427

対岸山側にも駐車スペースとトイレなどが設けられる予定

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_10?1391942427

平面図一部拡大

駐車スペースは大型バス2台分+乗用車17台程

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_11?1391942427

いつもなら、開通を祝う所なのだが・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_31163024_12?1391942427

両坑口をしっかり塞がれた洞門が痛々しい
(かつての歩道部分もしっかりガード)

工事終了の際には、歩いて廻れるようにして欲しい。是非に
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

はじめまして(_ _)

毎年箱根駅伝で出てくるトンネルですよね!(^^)!

その役割を終えたのですか、箱根駅伝ファンとしてはさびしいです(+_+)

No title

BAZUさん

こんばんは。
分かっては居たものの、役目を終えた洞門の姿を見ると寂しいですね。
ついこの間まで通れたのに、もう永遠に通れないのですね。
函嶺洞門に、長い間お疲れさまでした!と言ってあげたいです。

No title

こんばんは。
函嶺洞門、ついに過去のものになってしまったんですね。
こんな形で塞がれていると痛々しいですが、歩道として復活したら訪問したいと思います。

No title

高崎 醒十郎さん、こんにわち

箱根駅伝でお馴染みの奴です

駅伝の時位は通れるようにしても良いとは思うんですが、
管理とか安全上の問題とか、色々あるかも知れません

No title

マルモさん、こんにちわ

2/7の様子は他の人の写真見て状況判ってたんすが、
その写真では坑口は塞がれておらず、覗き込めるようでした

9日に現地行って、塞がれた坑口を見た時は、ちょっとショック
態々塞がなくても良いではないかと思う

No title

たからったさん、こんにちわ

土木遺産でもあるし、重要な観光資源でもあるので、
有効活用して欲しいです

歩道として通り抜けられれば、ベストなんだけど、
国道を横切らないと駄目だからなぁ

吊橋でも架けてもらうとか・・・

No title

改めて開通後を見るとバイパスの方が旧道みたいな線形ですね。
対岸から旧道を望む姿は、まるで大崩海岸の石部海上橋みたい。

No title

こんにちは。

当分は老朽化した箇所の補修と観光施設化に向けた工事が続くのでしょうけれど、浪板を立てられるとちょっと不安になりますよね。まさか今後通行再開されないということはないと思いますが…。

No title

影武者さん、こんにちわ

うむ、確かに「ぐにゅり」と避ける形のカーブになりますね

でもまあ、千歳橋の宮ノ下側は結構な急カーブ残ってるから、
そこと比べると安全なカーブです

塔ノ沢の旅館建物は、登録有形文化財になってるトコあるから、
道幅を増やしたり、線形を改良できないのです

No title

kanageohis1964さん、こんにちわ

函嶺洞門の今後の活用について、県や町で検討してるらしいのですが、
まだどうするか明確な発表はありません

現役施設なら予算とか問題ないだろうけど、
廃止になったら別枠で予算組まないと保守とかできないですしね

こんだけ立派なバイパス造ったんだから、
撤去して更地なんていう事は無いとは思うんすが・・・