2013/01/07

箱根湯本/三枚橋付近+

新道工事ばかりで、旧ネタはどーなってんだ!
という訳でまだまだ調査中ですが、小田原馬車/電気鉄道のネタを中間報告

前田橋で右岸に渡り、落合橋で左岸に戻る、、明治期の軌道線経路ですが、
三枚橋付近は当時の写真もあり、橋のデータから昔の右岸川岸の位置を特定しようとしてます

橋のデータによる川幅の変化は、以前お伝えしてますね 2010/10、ヤバィもう一年以上前ではないか
一年以上かけた成果をお伝えしましょう(笑

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_0?1357563274

対岸から見た三枚橋左岸(国道1号側)、下流。赤枠の中が旧橋の橋台、、というか跡です

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_1?1357563274

右岸側には橋の跡はありません。現橋架橋後の護岸で消えた、、
というより、橋の長さが全然違うからです

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_2?1357563274

現橋は1964年(昭和39年)架橋、橋長 46mですが、旧橋は1927年(昭和2年)架橋、橋長 60.5m
現橋の下流側に旧橋は架かってました

この旧橋の全長から、昔の右岸はこの辺(黒線)と想定してます

以下の部分には訂正が有ります。追記参照


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_3?1357563274

これが旧橋。1927年 橋長 60.5m 幅員 3.6m 形式: 吊橋 鋼ポニートラス補剛,木床。 鉄骨塔

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_4?1357563274

こちらは旧々橋。1922年 橋長 61.2m 幅員 3.6m 形式: 吊橋 鋼ポニートラス補剛,木床。

実はトラス吊橋の三枚橋の写真は2枚あり、どっちだか確たる証拠を探してたんす
ほぼ同じようなスペックで、5年しか差がありませんので、橋の写真だけでは判別が難しい
まぁ手前の道路(国道1号)の様子から、凡そこうだとは思ってました

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_5?1357563274

なんと現橋工事中の写真が見つかった
主塔にアーチがある方が旧橋というのも確定したけど、
現橋の下流側に架かっていたという確かな証拠でもあります



2015年10月22日追記.
トラス吊橋〈鋼ポニートラス補剛吊橋〉が2橋ある。としてますが、参照データが間違ってました
写真も再検討した結果、同じ1927年(昭和02年)の橋と判明
詳しくはコチラ
以上追記

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_6?1357563274

それより以前の木橋は、逆に全長が短く 42mしかありません (歴代木橋の全長は変わらない)
写真の通り、右岸側に突き出しの堤があり、そこから橋を架けてたからです

なぉ、この写真は年代不明としてますが、左岸側に軌道線があり、既に左岸家屋の上を走ってるので、
最後の木橋(1894年架橋)の大正期撮影と思われます

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_7?1357563274

先の地図に水色で水路と記してますが、この水路はソコソコ歴史があり、かつ現存してます
(道路部分は暗渠)

県道732号線に突き当たり、道路の下を行くのですが、ソコに・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_8?1357563274

箱根町の建てた歴史案内の碑があります、、、とても白ちゃけててかすれて読みづらいですが

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_9?1357563274

なんとか補正

今は道路下を行く水路ですが、昔は極楽橋という橋が架かってたそうです
道路は度々かさ上げされ、現在はこんな形になってしまいました

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_10?1357563274

案内碑から早川側を見ると、石積みの擁壁。最低でもコレだけかさ上げされてる事になる
今はこの上にお宅が建ってますが、旧道の擁壁です

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_11?1357563274

三枚橋付近の右岸側道路(県道732号線)がかさ上げされてるのは、左岸から見てもよく判ります

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_12?1357563274

県道732号線。舗装が三日月形に違ってる部分から、お宅右半分位が旧道です

明治期には、この道はもっと低くて、、、
丁度写真を撮ってる辺りを軌道線が横切っていた事になる・・・筈
(故に県道との高低差は考えなくて良い)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_13?1357563274

推定した右岸川岸、昔の航空写真などで、明治軌道線の跡を推定しております

明治時代の軌道線は、大きな変更は無いようなので、此処から富士屋ホテル前までが最後の部分
大正~昭和初期には、コロコロ変わってるので、これが大変
とまぁ、ノロノロとですが、順調に進んでいます

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_14?1357563274

今日も、仕事途中で寄り道。某河原に下りてみた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_15?1357563274

ン?四角いコンクリは何だ?ぃゃ、その手前の鉄の棒はひょっとして!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_16?1357563274

鉄の棒がレールに見える病です(笑
ただのL型鋼でした

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_17?1357563274

しかし、このコンクリ塊なんでしょね。両側に掴む凹みがあります

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_18?1357563274

中は空洞貫通。四角い口に白でペイントされてるから、境界柱の保護の奴かな?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30220902_19?1357563274

箱根湯本に行ったので、函嶺洞門のバイパス工事の現場にも寄ってきました
今日(2013年01月07日)時点で、まだ今年の作業は始まってません
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント