2012/10/13

函嶺洞門バイパス工事

更新が滞ってますが、ここんトコ仕事の資料造りなどに追われ、目がチカチカな毎日です
今日は箱根湯本で何件か仕事をしてたので、合間に函嶺洞門へ


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_29985831_0?1350132972

毎度御馴染み国道1号函嶺洞門

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_29985831_1?1350132972

工事案内板も変わらず。橋台のまです

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_29985831_2?1350132972

カワヘキ工とは、川壁工でしょうか、、、

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_29985831_7?1350132972

洞門の外側、早川には・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_29985831_3?1350132972

一応出来上がっている上流側橋梁(ピンク)、一応出来てる下流側橋台(青)
現在作業は左岸(国道対岸)の護岸(緑)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_29985831_8?1350132972

位置関係はこのようになります

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_29985831_4?1350132972

2012年09月01日に吹き付けを行ってた斜面には、新しい護岸が組まれている最中でした
手前に旧護岸の一部が残っています

新しい護岸壁は奇妙なマダラ模様ですが、ブロック毎に連結設置した後、
表面の空いている場所に”石”を貼り付けて同じツラとなります

下流側橋梁の右岸(国道側)に橋台がせり出しているので、左岸側に余裕を持たせたのでしょうか

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_29985831_5?1350132972

下流側橋梁左岸橋台。青で囲ったボルトに支承を取り付け、その上に橋桁が載ります

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_29985831_6?1350132972

下流側橋梁右岸も同様。下流側橋梁は道路曲線に合わせて複雑なカーブを描きます
右岸側は随分と”斜め”に架かる事になる

PC桁では難しいから、鋼桁になるかも知れません

橋台工が年内一杯なので、橋桁がお目見えするのは来年という事になるでしょう
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント