2011/09/24

相模川/小倉橋

撮影日 2011/09/07

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_0?1316862714

相模川右岸、県道511号線を遡って小倉橋と新小倉橋が見えてきた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_1?1316862714

橋前に到着 場所地図
手前の低い方が小倉橋で、奥の巨大なのが新小倉橋である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_2?1316862714

小倉橋は昭和13年〈1938年〉開通。現存する道路橋としては相模川最古の橋である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_3?1316862714

美しい...4径間連続の開腹式上路アーチ橋である
神奈川県辺り、コンクリ上路で連続アーチの橋は珍しいのだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_4?1316862714

右岸の橋下にある記念碑群

昭和61年〈1986年〉相模川八景に認定

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_5?1316862714

土木学会選奨土木遺産には平成20年〈2008年〉に認定されてる

かながわの橋100選にも指定されてるのだが、プレートが見つからなかった
ドコか別のとこにあるのかも知れない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_6?1316862714

また、こんな解説も刻まれていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_7?1316862714

アーチ部の支間は 36.75m、全長は 176.6m

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_8?1316862714

橋上に上がって見る。狭っ!幅員は 4.5mしかない
親柱のプレートも立派だ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_9?1316862714

平成16年〈2004年〉に新小倉橋が出来ても、相変わらず路線バスが走り、地域の重要交通路となってる

一般車でもすれ違いは困難で、自主的交互通行が行われていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_10?1316862714

一応、橋中央には離合スペースが設けられているが、
ワダチが利用されてない事を物語っている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_11?1316862714

左岸側は橋からの道が90度曲がるので、下流側親柱は撤去され、道として拡幅されている
かつてのプレートは記念碑的に飾られていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_12?1316862714

新小倉橋を経由しても、対して回り道では無いと思うのだが、旧橋の交通量は意外と多かった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_28547267_13?1316862714

小倉橋を後にして、えっちらえっちら坂を登る
左岸は結局新小倉橋のある高さ位まで登らねばならぬのだ

惜別の一枚

いつまでも残って欲しい橋だ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

初めまして

自分もそう思います

小倉橋までは、トレ-ニングコ-スです

No title

やまどりさん、こんにちわ

やまどりさんのブログ、時折お邪魔しております

丹沢を挟んだ反対側なので、なかなか行く機会が少ないのですが、
良いトコですよね
今度輪行を含めて相模湖方面にお邪魔しようと思いますので、
その時にはまたサイトを参考にさせて頂きます