2013/01/31

サイコン 電池交換

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109965/img_109965_30280172_0?1359602209

サイクルコンピューター/CATEYE/CC-MC100W ローバッテリーとなったので電池交換
積算距離はメモっておいて再設定

2008年08月に導入して・・・
2009年07月 3511km、表示部のみ、〈この時だけ短い)
2010年10月 8653km、センサ部も交換
2011年12月 13158km、表示部のみ
2013年01月 17966km、センサ部も交換

なんだかんだ言って順当に走ってるなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109965/img_109965_30280172_1?1359602209

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109965/img_109965_30280172_2?1359602209

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109965/img_109965_30280172_3?1359602209

この辺もなんとかせねば、、一気だと大変だから、徐々に
スポンサーサイト



2013/01/30

御殿場線/駿河小山駅

撮影日 2013年01月17日

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_0?1359504600

御殿場線の駿河小山駅である

駅舎が真新しい感じがするが、昭和43年(1968年)改築との事

明治22年(1889年)、小山駅として開業
明治45年(1912年)、駿河駅に改称
昭和27年(1952年)、駿河小山駅に改称、と3度も駅名の変わった駅

明治31年(1898年)、富士紡績の操業で栄えた
専用線についてはこちら→富士紡績専用線

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_1?1359504600

この駅の見所は、跨線橋と・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_2?1359504600

ホーム上屋。古レール製である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_3?1359504600

跨線橋は主構造全て古レール

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_4?1359504600

この手の跨線橋も段々少なくなってきた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_5?1359504600

渡りの下部分の梁も古レールである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_6?1359504600

シンプルでありながらしっかりとした造り

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_7?1359504600

ごつい鉄骨には無い、ちょいと華奢な感じが良いです

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_8?1359504600

外側の筋交いも良いね

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_9?1359504600

内部の様子

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_10?1359504600

跨線橋の屋根は後年葺き替えられたようで、
その部分の鉄骨は新しくなってるけど、梁は古レールのまま

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_11?1359504600

階段部分も同様です

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_12?1359504600

ホームに下りてきました

向こう平屋根部分は新しいのが追加で造られたようです
手間三角屋根部分の柱等が古レール

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_13?1359504600

レールを曲げた曲線だけで屋根を支えてます

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_14?1359504600

跨線橋を戻ります

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30277289_15?1359504600

駅舎内

駿河小山駅も、山北駅と同じく2012年3月17日に無人駅となってしまいました
キップは電車の中等で買う事になります
2013/01/26

旧東海道本線/谷戸沢橋梁(仮称)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_0?1359135281

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_1?1359135281

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_2?1359135281

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_3?1359135281

これらは旧東海道本線、谷峨と駿河小山の間、鮎沢川左岸の旧上り線の遺構である
鮎沢川の右岸に旧下り線があり、こちらは現在御殿場線として現在も活躍している

第六箱根隧道は残念な事に現存していない
以前、青木一郎様よりお写真を頂いた。こちらを参照 昭和37年の第六隧道

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_4?1359135281

1947年(昭和22年)の航空写真である (注.あ、この時代国道246号は指定前である)

1934年(昭和9年)、丹那トンネル開通により、国府津-沼津間が御殿場線となり、
1943年(昭和18年)、国府津-沼津間が単線となった
僅か4年後なので、旧上り線は殆ど現役当時と同じ姿である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_5?1359135281

そして現代。工場の建設や国道246号の拡幅により、先程の遺構以外は姿を消してしまった・・・のか?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_6?1359135281

地図を見てて思ったのだが、赤枠内に国道246号が川を横切っている
確か此処には橋が架かってた筈だ

道路の拡幅で消えてしまった旧上り線。国道橋の下ではどーなっているんだろう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_7?1359135281

国道246号、谷戸沢橋である。完成昭和55年(1980年)と、意外に新しい

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_8?1359135281

谷戸沢橋のあるこの区間は、実は山北バイパスの一部である
とは言っても旧道に対するBPでは無く、ここら辺は現道を拡幅する形で広げられた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_9?1359135281

意外に思われるかも知れないが、国道246号諸渕付近は昭和55年(1980年)まで狭幅区間だったのだ
谷戸沢や直ぐ隣の跨線橋など、旧上り線の姿が残っていた・・・かも知れない

自転車で何度か通ってるのに、ココらを見て無いのが悔やまれる
自動車免許取って、車に乗り始めたのが1978年(昭和53年)だから、車でも通ってるんだよなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_10?1359135281

さて、現在の様子である。国道の谷戸沢橋の下流側には、下の道に下りる橋が架かってる
下の道に更に橋、深いトコに、谷戸沢が流れてる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_11?1359135281

下る橋2連で平衡感覚がおかしくなりそ。約5車線分の暗い橋下を覗き込む

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_12?1359135281

橋の下は沢が水路状になっている
ひょっとしたら2車線時代の国道の跡とかないか期待していたのだが、残念

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_13?1359135281

さてと、、踵を返そうとした、、、橋下の東側(東京側)にナニカある

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_14?1359135281

レンガの構造体。上は平になっていて、コンクリのようなモノで均してある

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_15?1359135281

表面的に積んであるのでは無く、ある程度奥行きのある形となってる。DIYとかの造りモンじゃ無い

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_16?1359135281

沢側から。手前落葉はソコソコ取り除いてみた。まだまだ下に続いてるようだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_17?1359135281

コンクリ法面と綺麗に並んでいる
沢側低い方の法面は、レンガに合わせて造られてる。レンガの方が先にあったのだ

さて、この場所でレンガの構造体とは・・・・

鮎沢川左岸の車道、
国道246号の前身とも言える神奈川縣道2號秦野御殿場線が整備されたのは昭和に入ってからだ
レンガという事で震災前、そうなると明治22年(1889年)の東海道本線しか考えられない

諸渕の跨線橋は、ちょい国府津側だし、確か石積みのトンネル風な造りだった筈
すると谷戸沢を越える鉄道橋梁の橋台の可能性が高い。というかそれしか無い

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_18?1359135281

谷戸沢対岸、、は同レベルの高さに何も無い。国府津方しか現存してない

昭和55年の国道拡幅、下り橋梁建造などで削られてしまったと思われるが、
コレだけでも残っていたというのは奇跡に近いかも知れない
(多分、コンクリ法面との兼ね合いで全て取っ払う事が出来なかったと)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30267055_19?1359135281

上からでも辛うじて見える
あの高さに旧上り線の道床があったのだ。概ね鋼桁の下り橋梁と旧上り線は重なってると思う

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_19?1359135329

旧上り線はドコら辺を通っていたのか、、、
数々の写真で凡その位置は把握していたが、この遺構のおかげでかなりハッキリした
多少の誤差はあるかも知れないが、コレが鮎沢川左岸の旧上り線位置である
(第六箱根隧道の抗口位置、長さはちょい怪しい。もちょい曲線は滑らかであるかも)

大満足!
2013/01/25

旭橋補修、函嶺洞門BP、千歳橋補修

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_0?1359106996

今日は風の強い日で、チャリで出て直ぐに後悔した
ここまで来るのも大変だったが、風祭に下りて箱根湯本まで、強い向かい風に苦しめられた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_1?1359106996

まずは旭橋補修工事の様子

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_2?1359106996

アーチ柱の1本、下流側面のコンクリが剥がされ、中の鉄筋が見えていた
罅割れの補修か、中の様子を探る為か・・・

最近の鉄筋はギザギザのある異形鉄筋が普通ですが、
昭和の始めに造られたコレは凸凹の無い丸鋼が使われています

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_3?1359106996

下部工補修だけかと思ってたので、意外なモノが見れた
あとはどんな作業を行うのだろう


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_4?1359106996

続いては函嶺洞門のバイパス工事

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_5?1359106996

なんと桁の架設が始まっていました

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_6?1359106996

しかし今日は風が強くて、クレーンも縮こまってる状態
架かってる桁は、前日までに架けられたモノと思われます

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_7?1359106996

どんな変形桁が架かるのか興味があったのですが、意外と細いのが上流側に

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_8?1359106996

その姿は美しさを感じさせる円弧の桁

日本初の鋼鈑桁曲線橋は旧国道135号、現県道740号線の白糸橋である
架橋された昭和31年(1956年)から56年で、
変形鋼桁のバリエーションはより複雑なモノも可能となった。凄いね

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_9?1359106996

なる程、円弧が上流側にはみ出すので仮設橋脚を造ったのか

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_10?1359106996

他の桁と合体するまでは、上流側を支える必要があるんだろう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_11?1359106996

対岸の温泉会館跡地には、次の桁が用意されている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_12?1359106996

角度を変えて見てみたけど、長いのと短いのかある?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_13?1359106996

もっと異形なのを想像していたので、ちょいと意外
どんな風になるんだろ、、、先が楽しみである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_14?1359106996

工事案内の詳細は張り出されたが、スケジュール(予定表)が無い
来週位には架設終わっちゃうんだろうか?


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_15?1359106996

次は千歳橋の補修工事

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_16?1359106996

橋の下側に足場が組まれ、保護シートで覆われている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_17?1359106996

隙間からちょびっと見える。まだ作業行われていない?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30266029_18?1359106996

とまぁ暫くは土木遺産3兄弟揃ってお伝えするので、このような形で続けます

なんか写真のホワイトバランスが変
カメラの設定弄ったっけ?
2013/01/24

御殿場線/小山町新柴の跨線橋と

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30246447_4?1358424468

先日、車窓から見た古レールの跨線橋を見に行く訳だが・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_0?1358985228

場所は地図の星印。足柄駅から御殿場方面に1kmちょい行った処だ

実は地図を見て思い出した。此処はアレがある
以前にも見に来た事があった筈だが、古レールの跨線橋は見逃していたのかも知れない
跨線橋以外の件もお伝えする

撮影日 2013年01月23日

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_1?1358985228

跨線橋にやってきた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_2?1358985228

国府津側を覗き込むと、PC桁の普通の跨線橋だ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_3?1358985228

御殿場側を覗き込むと御覧の通り。錆々だが、主構造は全て古レール製

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_4?1358985228

何故に左右で違うかと言えば、こうなってる
国府津側に新しい跨線橋が架けられ、古レール製の方は現在使われてないのだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_5?1358985228

けれど水路が走っているので、撤去されなかったらしい
現在は水路橋として辛うじて残っている、、、という形になる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_6?1358985228

御殿場側からしか見えず、線路沿いには土手があるので見通せない
古レール部分は、先の写真が一番見えるポイントだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_7?1358985228

その線路沿いの土手、、というか堤。跨線橋高さレベルから段々低くなっている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_8?1358985228

フェンスがあるが、作業通路入口が唯一フェンスの内側へ入れる
作業通路に一部削られているが、堤はどんどん低くなってゆき・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_9?1358985228

先の方で本線と同じ高さとなる

この堤スロープ、実は此処にあった足柄信号所のスイッチバックの跡である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_10?1358985228

足柄信号所は、明治36年開設
ただし、Wikipediaによると明治45年に300m移転しているので、
このスイッチバック線は移転後の姿という事になる

昭和22年に現在の足柄駅が開設され、信号所は廃止

スイッチバック線は、本線下り線(当時本線は複線)に設けられていた
航空写真では約 380m程の長さが確認できる

御殿場線西側の富士岡駅スイッチバックが約400m、岩波駅が約350mなので、
足柄信号所として 380mは妥当かも知れない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_11?1358985228

スイッチバック線は本線から登って・・・いや、実際には水平レベルで、本線の方が下っている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_12?1358985228

先程の跨線橋に当る

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_13?1358985228

新しい跨線橋は嵩上げされてるようで、古い方だと同レベルで交差する

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_14?1358985228

跨線橋を越えて竹林の辺りまで堤はあるようだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_15?1358985228

国府津側下から見た状態
竹林では法面段差があり、堤はその手前までと判る。ここまでの長さが約380mとなる

撮影ポイント辺りに勾配標があり、22.8パーミルとなっていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30262557_16?1358985228

国府津-御殿場-沼津間は明治22年に単線として開業
明治24年に小山-沼津が複線化
明治34年に国府津-小山が複線化

信号所は明治36年に足柄、明治40年に谷峨、明治44年に岩波、富士岡が開設している
(岩波、富士岡が出来る前、明治29年に神山が開設している。岩波、富士岡の開設で廃止)

あ、国府津-松田間の下曽我信号所(スイッチバックは無い)を図に入れるのを忘れた
こちらも明治44年開設

富士岡駅で解説したが、
開業当時には信号所=スイッチバック無かったので、急坂を登る為のモノではない

信号で停止する為に、勾配の無い発車区間として設けられている、、のが正しいと思う
2013/01/23

今日は鉄っぽい一日

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30261152_0?1358935921

今日はどんよりした日だけど、金時山が見えるんで天気は大丈夫だろう・・・
ただ、時間的制約があるので、上に登る余裕は無い

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30261152_1?1358935921

という訳で本日は御殿場線中心に見て廻る

箱根四号隧道、御殿場側坑口。旧下り線側が綺麗に刈り取られている
箱根三号隧道、国府津側抗口で工事をやってるので、その搬入に使われてるようだ
三号国府津側の工事が終わったらちょい見に行くかな・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30261152_2?1358935921

ワサワサして、、、コレは橋台の一部か?新たな発見である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30261152_3?1358935921

県内はコレ位にして・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30261152_4?1358935921

246から静岡県へ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30246447_4?1358424468

先日、車窓から見付けた跨線橋を見に行く

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30261152_5?1358935921

ぉぉぅ、此処だったのか・・・昔何度か来てる場所だった

ここら辺もワサワサして色々探る

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30261152_6?1358935921

もう日が暮れるので撤収。足柄駅で一休み
駅の自販機には無いのか・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30261152_7?1358935921

足柄駅で飲むんだったら足柄茶だよね!他県だけど
(ワザワザ持ってきた)

個別のネタは後程
2013/01/21

塔ノ沢/熊野神社で見付けたモノ

撮影日 2013年01月15日

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30255440_0?1358752145

国道1号沿い、塔ノ沢の外れにある熊野神社

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30255440_1?1358752145

創建はかなり古いらしいが、詳しい事は判らない

江戸時代には七湯全てに熊野神社があり、源泉に近いトコに建てられてるので、
そういう謂れがあるんじゃないかと思ったが、これまた不明である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30255440_2?1358752145

ヘコヘコと石段を登ると、うわわわ、まだある

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30255440_3?1358752145

結構大変!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30255440_4?1358752145

ぜはーぜはー、息を整えてからお参り。パン!パン!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30255440_5?1358752145

国道1号向いの5階建より高いよ

此処を訪れたのは、七湯道に関するナニカが無いか、、が目的

かつての七湯道は、旧ベコニア園辺りから塔ノ沢に下り、
ココらで宮ノ下方面へと登るルートだったらしい

境内も色々見てみたけど、それらしき痕跡はなさそ
(注.ここから登ったという確かな根拠がある訳では無い)

まっ、120年位昔の事なんで、あまり期待はして無かった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30255440_6?1358752145

という訳で撤収。石段を降りてると山側に古い電柱があるのに気付いた
現在は埋設管で通電してるようで、使われて無い

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30255440_7?1358752145

おー、あの電柱も古いなー、、、、、って、コレって「ハエタタキ」の再利用ではないか!

椀木のスリットが4つ、、いや、一番上も折れてるけど元スリットのようだ
元々はハエタタキ電信柱だったが、それを電灯線用として再び使っていたのだ


昔の電話などの信号線用電柱の通称
単純に言えば、経路線の数だけ通信線を張っていたので、こんな形となってる
多芯通信ケーブルが出来る前のオハナシだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30255440_16?1358755246

この辺の椀木が5本以上のハエタタキの写真と探した処、旧旭橋(明治18年架橋)に写ってた
勿論この電柱はそんな古い時代のモノでは無いだろうが、往時を偲ばせるモノがある

2014/07/20追記
この旧旭橋は明治18年架橋では無く、大正元年架橋と判明。訂正します
以上追記
2013/01/20

新東名プレビュー 河内川左岸、都夫良野編

撮影日 2013年01月01日

新東名は松田、山北町のどの辺を通るのか、尺里川、皆瀬川鍛冶屋敷川編の続きである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_0?1358663713

東名、鍛冶屋敷橋を潜り、今回は東名に沿って登る

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_1?1358663713

都夫良野地区を越え・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_2?1358663713

今回ルートの最高地点、川西中継所を過ぎる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_3?1358663713

中継所隣の都夫良野地蔵堂で一服

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_4?1358663713

現在地は赤丸の処

河内川沿いの新東名標識は、川に沿った県道76号線とともに、この先道沿いにもある(赤枠)

また途中青枠の部分でも交差するのだが、ソコには新東名標識は無かったと記憶している
標高350m程で、概略図ラインではトンネルで通過する事になってる
何も無いとは思うが、測量杭でもあれば、、、とついでに調べてみる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_5?1358663713

地蔵堂を後に降りだすと、直ぐに公園工事の現場
県立「山北つぶらの公園」であるが、まだ基礎整備の段階、、、
そういえばオオタカの巣問題でゴタゴタしてたけど、結局規模を縮小して工事再開したようだ
Y地図には既に記載されているが、今年の春にオープンできるんだろうか・・・

余談ではあるが、この公園は森林公園で、完成すれば県内最大規模となるそうな
けど、どんなんできるんか県のWebページ調べても、まったく載っていなかった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_6?1358663713

つぶらの公園を過ぎると直ぐに「山北-嵐-中川」の三叉路となる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_7?1358663713

嵐方面は道路拡張の為工事中通行止

この道はちょくちょく工事行ってて、新東名の工事用としてかと思ってたが、
つぶらの公園へのルートとしても重要なんだなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_8?1358663713

三叉路を中川方面に進み、大野山登山道入口を過ぎると、その先に数件の集落があり、、、

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_9?1358663713

地図青枠で囲った最奥部、湯触沢を越える橋(名称不明)である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_10?1358663713

湯触沢は大野山から流れる酒匂川の支流だが、この辺では既に水が流れておらず、枯れ沢であった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_11?1358663713

集落から湯触沢、その先と何度か見てみたが、標識はもとより、測量杭らしきモノは発見できんかった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_12?1358663713

気になったのは、この地点が大野山林道の一部であるという事
尺里川、皆瀬川の時に滝沢林道も調べているが、滝沢川沿いには明かり区間なのに標識・杭等が無かった

湯触沢沿いは標高約350mと高いので、トンネル区間なのは間違いないと思うが、
どういう基準で標識を立てたのか不明なので念の為・・・という訳である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_13?1358663713

先に進む。「山北-中川-大野山」の三叉路で大野山林道と別れ、中川方面へ
ここからは湯触農道となる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_14?1358663713

長光院前を過ぎ、ちょい行くと

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_15?1358663713

小屋の影に新東名の標識

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_16?1358663713

下り側の標識だが、上りはドコ行った?そこいら辺にあった筈だが・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_17?1358663713

あ、道路脇に倒れていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_18?1358663713

新東名はここいら辺から河内川を渡る橋が架かり、対岸へと渡る
向かいにある峰地区のドコラ辺なのかは不明
地区があるのは城山であるが、頂上付近は小田原北条氏の河村新城跡でもある

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_19?1358663713

さて、問題なのは河内川沿い県道76号線に、かつては新東名標識が立っていたのだが、最近見ない
撤去されたとは考えられないので、風等で飛んでいってしまったか、イタズラされたか・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_20?1358663713

という訳で過去写真から探してみたました
たまたま県道76号線の電光板に写り込んでいたのがあったから、なんとか場所は判明

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30252958_21?1358663713

湯触農道、県道76号線沿いの標識位置をマークしてみると、やはり概略図にあったラインより若干北側
緑線が凡そのラインとなります

河内川右岸にも標識・杭があれば良いんですが、右岸の町道には何もありませんでした、、、よね?
疑問形で意味深に終わる
2013/01/19

諸渕暗渠、再び陥没

諸渕暗渠をご存知だろうか。場所は此処地図


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_5?1358447618

国道246号山北町川西
諸渕トンネルの松田側、現在は2車線+2車線の諸渕橋で通り過ぎているが、
かつては谷側(写真左上)の2車線旧道を通っていた (1970年代頃まで)
暗渠で沢を渡っていたのだが・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_11222083_0?1235815274

2009年に気付いた時は陥没して通行できなくなっていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25923535_4?1284253402

暗渠の崩壊進み、2010年の台風で完全に止めを刺された
その時の様子

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27749635_14?1304877674

2011年に道路としては必要ないのだが、なぜか暗渠という形で復旧された

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27749635_15?1304877674

開削工法だと思われるが、巻き立てがチープな感じを受けた


先日通りかかると・・・以後の写真は 2013年01月17日のモノ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_0?1358447618

陥没してる、、ぃゃ、向こう側は土被りが殆ど無くなってる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_1?1358447618

反対側は巻き立て(というよりカルバートの方が正しいのかも)がムキ出しとなり、パックリ割れている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_2?1358447618

横から見ると状況がよく判る
割れたのは下流側の足元が掬われて下がり、オジギしてしまったからだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_3?1358447618

それにしてもこんなにあっさり、、、
断面を見ると鉄筋が数本見えるか少くない?
他に亀裂も入ってるから、弱かったんじゃないかと思う

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_4?1358447618

まっ、道路として復旧した訳じゃないから、然程強度は必要無かったのかも知れない

土被りが流れてる事からすると、下の河川の流れが原因ではなく、
側面に流れ込んだ水により侵食されて・・・という事だと思う
2013/01/18

道の駅「山北」工事の様子

訪問日 2013年01月17日


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_21?1358447618

昨年末から増改築工事のため閉鎖されてる道の駅「山北」だが・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_23?1358447618

覗いてみると随分片付いたような・・・おりょ?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_24?1358447618

取り壊した天幕部分に基礎を造ってる

既存の建物はそのままに、新たに何か造るようだ。ホントに増改築するのね

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_22?1358447618

工事は3月いっぱいまでかかります

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_25?1358447618

ふと、対岸の河内川ふれあいビレッジを見ると奥の方で何か工事している

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_30247208_26?1358447618

2010年9月の台風被害で土砂が出た沢だ

山北町や公式HPに案内は無かったが、改修工事が行われている