2011/04/08

根府川駅の古レール

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_0?1302267982

東海道線(旧熱海線)根府川駅である

1922年(大正11年)熱海線/国府津-真鶴間の駅として開業
1923年(大正12年)9月1日 関東大震災により発生した土石流により、列車ごと海中に転落
1924年(大正13年)根府川駅再建される(熱海線/湯河原駅開業)

この駅だけでなく、神奈川県西部は大打撃を受けた
しかし、復興したのである

北関東・東北の方々、しばしの間辛いだろうが、希望を持って欲しい
微力ながら応援します



ここから本題

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_1?1302267982

根府川駅といえば、この跨線橋

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_2?1302267982

内部の屋根を支えるのは古レール

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_3?1302267982

跨線橋の外側にも古レールが使われている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_4?1302267982

この柱も古レールかな

この跨線橋(古レール)を取り上げてるサイトはあるんで、私はスルー



ホントの本題はコッチ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_5?1302267982

で、私がチェックに来たのは駅舎とは反対側の保線区入口

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_6?1302267982

この手摺かガードが古レールなのである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_7?1302267982

お、犬釘、、、やに薄っぺらいなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_8?1302267982

上側のレールは1927年(昭和2年)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_9?1302267982

ぉ、下段は1925年(大正14年)じゃないか

なかなかレアなレールだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_10?1302267982

支柱になってるレールにも、結構扁平な奴がある

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_11?1302267982

省線でもこんなになるまで使うんだなぁ

昔からあればもっとボロボロになっているだろう
裸でしかも海沿いなんだから
いつ頃から此処にあったたんろう・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27569451_12?1302267982

保線区には東鉄のモーターカーが置いてあるだけだった

2002年(平成14年)に無人駅になっちゃったから、ココも使われて無いんだろなぁ
2011/04/07

国道135号/早川~根府川工事の様子

訪問日、2011年04月06日

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562564_0?1302172886

国道135号、米神付近
車窓から見えるのは、この程度で何やってるか判らなかった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562564_1?1302172886

チャリなのでじっくり見学(直ぐ脇を車両が通行するので、結構危ない)

なんだ?西湘バイパスの延長は、まだ本工事前の筈だが

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562564_2?1302172886

現場中央でようやく工事案内版を確認

車両で通行する時も、案内版があるのに気付いていたが、現場避けの為にクランクが設けられてて、
見てる余裕が無いのだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562564_3?1302172886

現場西端から撮影

現場中央のケーソンの塊みたいなのは、先行して出来あがってた部分
それと同じようなモノがずっと続くようである

この部分は、波が高いと道路にシブキが上がって、チャリで走る時もタイミングを見る必要があった程
眺めは失われるけど、高波対策は嬉しい

次の現場に行ってみよう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562564_4?1302172886

えーこちらは根府川の国道135号、県道740号線(旧国道135号)合流現場です

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562564_5?1302172886

動きは無いようですね
実際、ここの現場は何年もやってるのを見た事が無い

実は向う側では着々と工事が進んでて、ある日突然壁が壊れて完成、、、なんてこたぁ無いよね

ちなみに、トンネルのようなモノは山を削り排出の為のものとの事
タウンニュース katagiriさん情報

2011/04/07

酒匂川2号橋/開成高架橋 県道720号線曽比拡幅

工事現場ネタは取っといても仕方ない。どんどん書き込む事にした

2011年04月06日の様子

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562412_0?1302170785

開成高架橋だが、橋脚に1年間、その先に架橋となるようだ
昨今の事情で変わるかも知れない・・・

酒匂川2号橋自身は一応出来あがってるのに、いつになったら渡れるのだろう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562412_1?1302170785

先週いっぱいはケーソンの仮設工
ケーソン・・・聞き覚えはあるのだが、なんだっけな

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562412_2?1302170785

現場は作業中。クレーンが稼働してるのはプラットホームで、実際橋脚が建つのは下だが・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562412_3?1302170785

この丸いのがケーソンか?
貯水池いっぱいっぱいじゃないか
このまま橋脚の土台となるんだろうか

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562412_4?1302170785

小田急を超えた県道側立体となる橋脚は

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562412_5?1302170785

完成していた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562412_6?1302170785

県道に向かって下り勾配となるので、脚高さはどんどん低くなる
(実際には小田急東側の橋脚から低くなりだす)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562412_7?1302170785

県道720号線からは出来あがった橋脚しか見えないが、
小田急~酒匂川間の橋脚が出来あがらないと、次の工事は進まない、、、一年位先。たぶん

次の現場へゴー

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562412_8?1302170785

開成から栢山へ向かう県道720号線。小田原市曽比付近

以前、夜間通行止めにして道路の拡幅が行われたのだが・・・
コレか

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27562412_9?1302170785

施工前にコンクリの蓋みたいなモノが大量に用意されてたので、道路脇の川に蓋しちゃうのかと思ってた

実際には道路が川の上にはみ出すのね
数十センチ拡幅しました

ううっ、なんかまどろっこしいゾ

県道720号線のこの区間は、西側に新道を造る計画があるので、どーんと広げる必要は無いのだが
2011/04/06

真鶴町/はえたたき


「はえたたき」じゃないか!

やっと見に行けた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27555739_0?1302077793

通称「はえたたき」架空裸線路支持柱といふ

鉄道の信号線で、多芯ケーブルの無かった時代に単架空線を沢山張り巡らせたもの
殆どが戦前もので、ここのは大正11年真鶴まで開業するが翌年震災で全廃。その後のモノか

熱海線(現東海道線)がこの下をトンネルで抜けてるので、信号線だけ山越えしてるのだろう
真鶴~湯河原の線路沿いにも数本残ってると記憶してる

私が子供の頃はアチコチにあって、特に御殿場線沿いにはずっと並んでる姿が恰好良かった

今となっては非常に貴重なモノだ・・・・
廃線とか廃トンとかは全国にいっぱいあるし、これからも新しく造られる(?)だろうが、
「はえたたき」は現存するものしか無い

地方に行けばまだあるかも知れないけど、関東で現存するのはここいらだけかも知れない

私が此処の旧線を訪れた時は、長坂山隧道の西抗口からひょいと出入りしてたので、
こんなトコ一度も来た事が無かったのである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27555739_1?1302077793

この「はえたたき」には架空線が残っている!
張られている訳では無く、垂れ下がってるだけだが

一番下の腕木が傾いちゃってるのが痛々しい
碍子も何個か抜け落ちてる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27555739_2?1302077793

当然のごとく次の電柱を探す。熱海方面
ううっ、あのちょい高くなってるトコに無いといかんのだがなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27555739_3?1302077793

小田原方面。見当たらないなぁ

海岸線の結構急斜面だから、次の次とか探すのは結構骨だろう
(機会があったら探す気40%位)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27555739_4?1302077793

うーーむ、絵になるなぁ

じゃ、そういう事で撤収!





















ん?
旧線廃隧道にゃ行かんのかって?


しょうがないなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27555739_5?1302077793

駆け抜けて来ましたよ 

そのうち公開
2011/04/05

酒匂縦貫道路、入生田のレール 

今日も過去ネタだ。街中レールシリーズ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27544648_3?1301919012

酒匂縦貫道路、小田原市鬼柳のとある地点
鉄工所の資材置場みたいなトコに色んな鉄材とともに置いてある
写真は旧道側から。向うに見えるのが酒匂縦貫道路

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27544648_4?1301919012

新道側から。レールが沢山
鉄工所物件だと、鉄道では無くクレーンの奴かも知れない

もう一件

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27544648_5?1301919012

小田原市入生田。例の軌道跡を探してウロウロ
造成されて無い低い土地は、結構古い可能性があるので、川沿いに何か無いか覗いているのだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27544648_6?1301919012

そんな小川をチェックしていたら、川上空間を上手く利用している倉庫があった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27544648_7?1301919012

鉄骨に混じってレールも使われている
近くで見たかったのだが、人様の敷地みたいだし・・・
(いやまて、川は官地ではないか?今にして思えば)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27544648_8?1301919012

建物にはシート抑えにレールが乗せられてる

入生田という場所柄からして、箱根登山鉄道の古レールだと思うが、詳細を確認できないのが残念だ
まぁぱっと見、37kだと思うけど
2011/04/04

五百羅漢、なりわい交流館 丸ポスト

忙しゅうて、おまけに荷物あるので車で廻ってるので、近日ネタが無い
蔵出し特選画像でお送りする

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27544648_0?1301919012

県道720号線、大雄山線五百羅漢駅を過ぎたトコである。道端に丸ポストがあるのに気付いた
ぃゃ、実際には通り過ぎてから「はて?今のは」と戻ってきた

何度も通ってる道だが、ココに丸ポストがあるとは気付かなかったなぁ
少し引っこんでいるからか

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27544648_1?1301919012

ガムテが張られてたりして、、、現役だよな?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27544648_2?1301919012

後ろに段ボールが積まれて、支えとしても活躍してる丸ポストだった

もう一カ所、いってみよう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27544648_9?1301919012

こんなトコにも丸ポスト

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27544648_10?1301919012

国道1号の本町、なりわい交流館の脇にある
コレは後から置いたっぽいね


あと、一ヶ所見つけたんだけど、写真撮ってくるの忘れた
2011/04/03

函嶺洞門バイパス工事、旧道ネタ再び

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27535415_0?1301780236

塔ノ沢からの帰り、当然ながら函嶺洞門バイパスの様子もチェック
フェンスの上から盗撮。上流側の橋桁は架かったが、まだ車両は通行できそうにない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27535415_1?1301780236

橋桁自身も施工の為足場や防護ネットで囲まれて、どんな橋桁なのかよー判らん

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27535415_2?1301780236

現在工事の中心は、下流側橋梁の橋台
なんか凄く掘り返している

橋台の奥に架かってるのは、温泉会館の橋(プレートガーダー、1954年4.5m幅)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27535415_3?1301780236

温泉会館橋の上、工事案内版にも橋台工事となってる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27535415_4?1301780236

新しい平面図が張り出されていた

丸で囲まれた下流側橋梁、国道側の橋台は、温泉会館橋に重なるので、
上流側橋梁を通行可能にし、温泉会館橋を撤去してから国道側橋台を造るのだろう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27535415_5?1301780236

バイパスの全貌が明らかになるのには、も少し時間がかかりそう
年内完成は無いかも知れない

昨今の事情もあるし・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27535415_6?1301780236

函嶺洞門自身も、どうなるんでしょね
土木遺産でもあるし、わざわざ壊すよりは残して観光に役立てて欲しいと思う


さて、前に函嶺洞門 旧道考察にて、洞門ができる以前の旧道についてアレコレ述べたのだが、
箱根町郷土資料館の資料で興味深いものを見つけた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27535415_8?1301780236

(注.線引きはかなりアバウトです)
地図に加筆したのは、江戸時代の七湯道、明治20年の新道(力車道)、
昭和6年完成の函嶺洞門と、昭和5年~完成間に使われた迂回道だが・・・

緑色の道があったらしい。また新たな謎が!

明治新道は宮ノ下の富士屋ホテルが私費で建造した。通行は有料だった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27535415_9?1301780236

明治新道は立派な道で、自動車でも通れそうだ(当時自動車は無かったが)
写真の場所は洞門よりちょい下流。向うに見えるのが旧旭日橋

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27535415_10?1301780236

恐らく七湯道から撮影したであろう塔ノ沢温泉
写ってるトラス橋は旧千歳橋と思われる

緑のルートは七湯道と明治新道の間の時期に存在したのだろうか?
あるいは、箱根湯本と塔ノ沢を結ぶ、最初の道として江戸時代からあったのだろうか?

塔ノ沢温泉の歴史をもっと調べてみんと判らんなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27535415_7?1301780236

千歳橋から緑のルートがあったと思われる川岸を見ても、、、あの筋がそうかい?
ぃゃぃゃ、オブローダー位しか通れそうにないし!

まっ、函嶺洞門ができる以前の旧道に関しては、44年前から同じトコ通っていた
というのは変わらないのだが
2011/04/02

そうだ箱根湯本へ行こう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_0?1301743276

仕事の合間に箱根湯本まで出張る

湯本駅(箱根湯本駅では無い。小田原馬車鉄道、小田原電気鉄道の湯本駅)の資料が見つかり、
当時の道も含めて確定できたので、それらの本レポ用写真を撮りに来たのだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_1?1301743276

で、こっからは別件。ベコニア園方面へ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_2?1301743276

21%のディンプル道を軽快に登り、、、すんません、ヒーコラ押してやっと登りました

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_3?1301743276

おもちゃの博物館。元々は子供の、、だったが、大人がコレクションした「大人の玩具」だ
「おとなのおもちゃ」と表記すると全然違うものになる

閑話休題

実は明治新道(山崎~箱根湯本~宮ノ下は現在の国道1号線となった)以前の、、
江戸時代の七湯道を探している

なにせ資料が無くて、あってもかなり曖昧で、ドコを通っていたのか良く判らない
また、一部は私有地になってたり、ホテルが建ってたり、と、探すのも困難となってる

この辺の七湯道は、山崎辺りから山腹道となり、湯本へはこの辺から下って
旧旭日橋(後の福住橋。今はもう架かって無い)を渡り、湯本の温泉街に通じていた
(当時の湯本温泉は、早川と須雲川に挟まれた場所のみ)

やっぱ無いなぁ。ここまでの道もドコだか判らん

塔之沢温泉の方に行ってみよう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_4?1301743276

ちょいと進むと「立入禁止」の看板
林の中で判り辛いが、赤枠の中は木製の電柱

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_5?1301743276

うーむ、場所的に進み過ぎちゃって、ここ下っても現旭日橋より上流に出ちゃう
ホントに箱根登山の為だけの保守道だろう

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_6?1301743276

ディンプル道をさらに登る。ヘーコラ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_7?1301743276

山側にフィールドアスレ・・・チィックにしては凄いな
半端じゃ無い高さだ。落ちたら怪我じゃ済まんかも

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_8?1301743276

ぉぉぅ、此処が去年できた「フォレストアドベンチャー箱根」かぁ。公式頁
ハーネス付けて落ちないよーになってるのね
遊びというよりスポーツと見た方が良い(値段も良いなぁ)

左は阿弥陀寺への道

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_9?1301743276

箱根ベゴニア園からは下って塔之沢方面へ
こっからは車両通行できない(階段あり)

当然担いで下る

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_10?1301743276

函嶺洞門バイパス工事の現場見えるかなと思ったが、ちょいと苦しい

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_11?1301743276

途中、塔ノ沢駅に寄る

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_12?1301743276

箱根登山鉄道のプチ秘境駅である(歩いて国道1号に出る事はできるが)

しかし、ビックラこいた事にアベック2組と男性1人が居た
何しに来たんだ?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_13?1301743276

私は箱根湯本方面の塔の峰隧道の拡幅の様子を見に
ぃゃ、拡幅してからまだ一度もじっくり見て無かったので・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_14?1301743276

ホーム延長の為、旧トンネルを拡幅して複線幅にし、トンネル内部にポイントを移動したのだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_15?1301743276

単線部分は昔の石積みのまま

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_16?1301743276

昔のホームは石積みの部分までだ
そこからポイントで一本となり単線トンネルに入ってた筈だ

笑えるネタだが、このトンネル拡幅工事、大型の機械が持って来れないので、人の手作業で行われた
ぃゃ、ノミとハンマーでは無いだろうが・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_17?1301743276

振り返れば、大平台方面。大ケ獄隧道だ
登山鉄道開業時から有る、唯一の複線幅トンネル

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_27533207_18?1301743276

ぃゃ、こちらも直ぐポイントがあり、単線幅になっちゃうんだけどね

石積み天井レンガという巻き立ても、箱根登山としては此処だけ、、だったような
大正8年に、よくぞこんな隧道を造ったものだ

さぁ、撤収!
ぇ、七湯道ですか?
やっぱ痕跡も無いな~
資料も間違ってるようなトコもあるし、当時の人にでも聞かないと判らないかも知れん