2010/11/06

小田原電気鉄道/風祭~湯本 大正2年軌道

臥せってた分仕事が溜まってる、、死なない程度に頑張るしか無い
チャリでブラブラする余裕が欲しい

前回 開業当時の軌道を検証したので、今回は 1913年(大正2年)に変更された軌道跡を探ってみる


早川沿いを諦めた軌道だが、風祭からの国道(旧)上に持ってくるのは無理だったようだ
元々道幅が狭かったからと思われる

従って道路に沿う形で軌道が引かれた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26450319_0?1289020905

多分この辺から現在も使われてる軌道敷きに入ったと思われる
(とは言っても、当時ここに国道1号線は無かったのだが)
現鉄道路線と重なっており、直ぐに風祭駅の場所

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26450319_1?1289020905

確証は無いのだが、この現国道1号暗渠水路沿いだと思う(確認中)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26450319_2?1289020905

路肩には道路標柱もあるのだ (軌道線なので道路なんだと思う)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26450319_3?1289020905

現行の鉄道線とほぼ同じ経路で風祭、入生田の停車場を過ぎる
一部違うんじゃないかと追われる地点があるのだが、こちらも確認中

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26450319_4?1289020905

山崎で山に沿って走るが、現行線がこの先右に行くのに対して、大正2年軌道は左に進む


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26450319_5?1289020905

当時の山崎の切通しは、改修前なので 5~6m幅だったと思われる
そこをガーダーで越えていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26450319_8?1289020905

貴重な当時の写真である。「昨日の道去年の坂/オールプランナー」より抜粋
GNR の golgodenkaさん発見情報だ
↑速報にあった橋台は、この写真に写ってる向こう側のもの

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26450319_6?1289020905

切通しから軌道は道路に下りる
この場所に神明前という停車場があった、、、というのを読んだ記憶があるのだが、確認取れて無い

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26450319_7?1289020905

軌道はここから道路上を進み、湯本駅(現箱根湯本駅では無い)に至っていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26450319_9?1289024192

時代的にはちょいと後になってしまうが、大正末期の地図
既に鉄道線の箱根湯本-強羅間が1919年(大正8年)に開業し、
湯本駅(旧)は廃止、箱根湯本駅接続となっている

この後、大正13年に一部軌道が変更となる・・・のは次回
2010/11/03

小田原電気鉄道/風祭~山崎専用軌道

先月のハードワークがたたったのか、一段落したら体調不良になってもうた
一休みしたので徐々に復活の予定だ

てな訳で小田原馬車鉄道~小田原電気鉄道の初期路線探索の続きである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26420135_0?1288727618

ココは小田原市板橋。早川左岸の国道1号線上だ。地図。川を横切る高架橋は小田原厚木道路である

1888年(明治21年)、開業の小田原馬車鉄道は、国府津からココラまでは道路上に軌道が造られた
すなわち路面馬車鉄道である
小田原電気鉄道となり、電化された後も1935年(昭和10年)に
現在の鉄道線(小田原-強羅直通)が開通し、軌道線が廃止されるまでこのルートを経由していた

この先「湯本駅」(後の箱根湯本駅)までのルートは時代によって変わっていく
今回は開業当時の早川沿いに山崎までの経路を検証する

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26420135_1?1288727618

詳細地図は無いから概略図を引用
緑線が路面軌道。赤線が専用軌道となる
電化された時に軌道線路となったが、開業時は馬車鉄道だったので名目上は道路だったかも知れない
(前田橋、落合橋も当初は軌道道路併用橋であった)

なお、この図に描かれている風祭-入生田-山崎の道は、現在の国道1号線ではなく、旧道である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26420135_2?1288727618

早川左岸土手上
実際の軌道は、土手上ではなく、土手沿いであった
しかし早川左岸は開発されまくっているので、その痕跡すら見る事はできない
2005年の小田原箱根道路でトドメもさされてる

この写真の辺りが古めかしい地形なんだがなぁ
写ってる橋は昭和36年架橋の太閤橋

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26420135_3?1288727618

馬車鉄道の軌道線とはどんな「道」だったのだろう?

小田原馬車鉄道の軌間は 1372mm。電車と違って馬が引くから少し幅に余裕が必要かな?
開業当時の湯本駅図によると、2頭の馬が馬車を引っ張ってる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26420135_4?1288727618

東京馬車鉄道の写真である。軌間同じく 1372mm
2頭の馬が並んでも、馬車幅に収まってるようだ
1.5mもあれば馬車鉄を通す事が可能だったろう。カーブなどではも少し余裕が必要か
この辺は現在も資料を探している

ちなみに、電化の際不要となった馬、馬丁、馬車6両は、東京馬車鉄道へ譲渡された
暫くは東京の街を走ってたようだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26420135_5?1288727618

箱根湯本の富士屋ホテル前の路線跡も、拡幅されたのかと思ったが、意外とそのままかも知れない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_26420135_6?1288727618

山崎交換所を通り過ぎ、前田橋(写真/電化後)を渡って早川右岸へ

・・・って現在の写真はナシかよ!

すまん。小田原箱根道路や箱根新道で当時の場所に行く事もままならん
概ねコレらの下になってしまった(と思われる)

1940年代、1960年代の航空写真では、まだ田園が広がってる状態が写っている
ひっとしたら当時の正確なルートが判るかも知れない

早川沿いの経路は、水害によって度々被災した
1913年(大正2年)に軌道線は風祭から湯本までの変更を行う
風祭~山崎の間は、道(旧道)沿いを走る経路に変更となった