2010/07/20

酒匂川左岸(松田-山北)土手道

7月初旬、工事案内板が出ていた左岸土手道

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25383399_0?1279583001

2010年7月19日の午後、舗装工事が行われていました

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25383399_1?1279583001

休日(海の日)の暑い中、ご苦労様です
あと、一杯位で終わるかな、、今日中に終了しそうです

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25383399_2?1279583001

土手道は装部されますが、上流側一般道との接続には未舗装が残ってます

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25383399_3?1279583001

このパイロンは工事の為駐車禁止

西丹沢をウロウロして夕方帰路時に来ると

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25383399_4?1279583001

舗装工事は終了していました

舗装といっても一般道では無いので、簡易舗装です
河川管理道路なので一般車両は通行できません

でも、チャリで国道246号を通らずに松田-山北を行き来できるので大変便利
2010/07/19

大雄山線の古レール

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25370523_0?1279471782

大雄山線の井細田駅
大雄山線の開業は1925年(大正14年)、井細田駅は翌年の1926年(大正15年)開業

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25370523_1?1279471782

駅前の柵に使われてる古レールが気になった
なんか小っちゃくないか?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25370523_2?1279471782

高さは10cmほど

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25370523_3?1279471782

頭部は6cm位

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25370523_4?1279471782

底部は10cm

現在使われてるのは40Nか?
40Nだと高さ 140cm 頭部 64cm 底部 122cm

刻印が無いかな~と思ったが、見つからなかった
五百羅漢駅脇にはずっと並んでいるので、あそこならあるかも知れない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25370523_5?1279471782

井細田駅の屋根材も古レールなんで、刻印あるかなと思ったが、
そんなトコをジロジロ調べたらマニアックな鉄ちゃんに見られてしまう
(駅前でメジャー計測してる時点で十分怪しい・・・)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25370523_6?1279471782

緑町第2踏切

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25370523_7?1279471782

踏切にも古レールが使われている
ここで刻印を見つけた「B. V. G.BOCHUM.1922.」

レールの事はココに聴け 古レールのページ
ドイツ、ボーフム(Bochum Verein Gesellschaft)とのこと
1922年製で大雄山線開業時のレールらしい
2010/07/18

急な仕事で更新できませんでした

イメージ 1

(画像は今回の仕事とは関係ありません/山北の現場の可愛い車止め)
 
先日、自転車で移動中に呼び出されてから、そのまま仕事
数日間かかりっきりで、ようやく終了

猛暑の外工事がメインだったので、疲労というより疲弊しきってしまいました
少しづつ復帰したいと思います(涼しいトコ行きたい!

2010/07/14

山神 大山祗命 石碑

石碑の場所はこの辺になります 地図

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25322114_0?1279061490

旧県道小田原山北線(74号線)というより、足柄県縣道沿いにある月光山珠明寺

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25322114_1?1279061490

珠明寺の墓地の一番奥、、というより敷地の外か。石碑が立ってます

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25322114_2?1279061490

「山神 大山祗命」(オオヤマツミ)
オオヤマツミとは、日本神話に登場する神様で「大いなる山の神」
ぶっちゃけ山神様の一番偉い人である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25322114_3?1279061490

[参考/明神ヶ岳/明神様]
足柄地方での「山神様」というと、この様な石社でローカルな山神様を祭っているのが殆どで、
オオヤマツミの石碑は珍しいと思う
(そもそも、オオヤマツミの「山の神様」と、ローカルな「山神様」は違うモノだが)

足柄の旧街道沿いという事で、こういう碑が立ってるのだろうか・・・
ちょいと待てよ、足柄縣道からは外れてるなァ

古い地図を見ると、この辺から足柄縣道を外れて「内山」「平山」を経由する道がある
その古道沿いなんだろうか・・・

今も祭られてて訪れる人がいるようだ。調べてみて「いわれ」とか判ればまた報告します
2010/07/13

国道246号/向原改良現場

場所ここいら辺になります 地図

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25317047_0?1279019794

山北町向原。国道246号バイパスが出来る水路(と道路カルバート)工事ですが、
2010年6月1日の時点では「掘った~」という状態だったのに、一ヶ月半で・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25317047_2?1279019794

大まかにですが、道の格好になっている!
左が車道で、右(底もコンクリ打ってある)は水路です
車道がさらに分割されてるのは歩道かな?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25317047_1?1279019794

アプローチの接続も、このフェンスの所になるようです

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25317047_3?1279019794

しかし横から見ると・・
写真右端半分見切れているのが雨水(排水)枡。道路の高さは大体ココになります
さするとこの程度の側壁では、上に道路通すのは低すぎるような・・・

バイパス道路は2車線+歩道で15m幅位でしょうか・・・どの辺まで来るんだろ
そろそろ上を通る道路が気になってきました。どっかで調べるかな
2010/07/10

資料案内/西さがみ庶民史録

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/725107/img_725107_25281650_2?1278723550

巡礼街道の時、ちょいと出たが、神奈川県西部方面の歴史的ローカル書誌である
1982年(昭和57年)の第1号から、2003年(平成15年)の第50号まで、全50巻が発行された

ココのジャンル的に関係する号としては(蔵書のうちで抜粋)

第11号/西さがみ鉄道物語/東海道線、箱根登山線、湘南馬車、御殿場線、小田原馬車鉄道、
豆相人車、大雄山線、小田原電気鉄道、チンチン電車(市内線)

第14号/国道一号線ができるまで、旅人たちの足柄峠
第22号/箱根開発戦争、登山電車の<お塔坂鉄橋>
第23号/西さがみの町村名はどう変わったか

辺りであろうか、、ちょっとっつ載ってる号もある

第11号などは県西部の鉄道の歴史がまとまってるので、かなり貴重
ただ、廃線跡云々という趣旨では無い。それでも当時は重宝した

持って無い号は、もよりの図書館となるのだが、全館揃ってるトコは無いので、
あちこち廻らねばならない
基本的に文系誌なので、コレだけでは現地調査とかはできんが、それなりに参考にはなる
2010/07/09

西丹沢の古道調査

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_0?1278621846

西丹沢の某所。今は使われて無い遊歩道廃道
ここから別に見つかった古道へ繋がっているんじゃないかと、調査に訪れた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_1?1278621846

近くに電柱が立っており、送電線が張られている
旧古道が近くにあるんじゃないかと思ったのだが、激藪の中、踏み跡程度しか見つからない
送電線は目印となるので、このルートを追ってみる事とした

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_2?1278621846

ちなみに電柱は鋼管柱であった。パーツで運んで現場で繋ぎ合わせで立てられる
山ん中で車両が入れない場所などで使われる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_3?1278621846

ぃゃ、激藪過ぎて追えないよ。植林帯に逃げながら近くを移動

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_4?1278621846

次の電柱に到達。相変わらず古道らしき物は見つからない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_5?1278621846

この藪の中、どーやって電線を引っ張ったんだろ・・・と思ったが、工事の時は草刈したんだろなぁ
送電パーツを見る限り、割と新しい。平成になってからだろうか

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_6?1278621846

古道近くまで移動したので、とりあえず出る

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_7?1278621846

ここが去年発見した古道跡
車道が出来る大正時代頃まで使われていた道だ
通史などを調べたトコによると、人馬道との事だが、それ以上の規格で造られている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_8?1278621846

山側の岩を削り、谷側は石積みで補強している
岩だらけの場所で苦労して造ったんだろなぁ、、、故に風化する事無く残ってるのだが

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_10?1278621846

道幅は 3m弱。有効幅は 2m位か

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_11?1278621846

大正時代初期、この道の奥に、ダムと発電所の工事が始まった
工事が進むと車道が出来たようだが、当初はこの道を通っていたんじゃないかと思う
人馬道以上となってるのは、その時に拡幅したからではないか

当時の工事記録が見つかれば、もー少し何か判るかも知れない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_12?1278621846

古道側に一番近い電柱
やはり道として繋がってない、、、というより道があった斜面を削ってしまったというのが正しいのかも

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25270678_13?1278621846

うわっ、オーバーズボン代わりに履いてた雨具ズボンがポロボロや
薄いペナペナな奴はやっぱ駄目だなぁ
ある程度厚みのあるビニールの方が丈夫だ(カギ裂きは出来るがテープで補修効くし)

藪漕ぎしんどかった
この辺は冬場にも少し調べてみようと思う
2010/07/08

旧巡礼街道を探せ-4/完結編

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_24827171_3?1274902272

大正14年の地図で、旧巡礼街道が熱海線(現東海道線)を横切っている!
事の真相を確かめるべく、右往左往したのだが、現地では判らなかった


資料調査で追っかけたのだが、西さがみ庶民史録/No43 にヒントがありました

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/725107/img_725107_25263535_3?1278555685

「足柄下郡国府津町外五ヶ村耕地整理実蹟」という耕地整理事業の資料です
施行前の大正初期では田区切りがバラバラで、道も真っ直ぐではありません
この時の旧巡礼街道を赤でマーキングしてます
(途中から下にくね曲がるルートかも知れない。元地図もはっきり判らない)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/725107/img_725107_25263535_2?1278555685

こちらは施行後の昭和初期頃の地図です。熱海線が描かれています
巡礼街道は現在と同じ様なルートに変わっています
施行前の旧巡礼街道を赤線で示しています(上の地図のモノ)

丁度、熱海線の工事の頃に耕地整理が行われ、必然的に巡礼街道は変更されたのですが、
一番上の地図ではそれが反映されなかった・・・というのが答えのようです

ぶっちゃけ地図間違い orz

旧巡礼街道は、以前このルートだったが、熱海線工事の頃行われた耕地整理事業により、
現在に近い道筋に変更された...というのが正しい結果です
2010/07/07

酒匂川左岸(松田-山北)土手道

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25252025_0?1278451063

昨日は一時雨の予報だったのに、良い天気
あまりにも晴れが眩しかったので、仕事を放り出して、、、中断して出かけた

ぃゃ、暑いよ。照り返しとコンクリ熱風で熱中症になりそう
途中の公園で水浴びをする程

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25252025_1?1278451063

涼しいトコを求めて西丹沢方面に向かったが、道の駅でダウン
アイス買ってクールダウンしたが、調子がいまいちなので、無理せず引き返す事に

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25252025_2?1278451063

帰り土手道、草刈が行われた
4月に一部を残して舗装されたのだが、残りの部分を舗装するそうだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25252025_3?1278451063

未舗装部分に舗装用だろうか、マーキングもしてあった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25252025_4?1278451063

ココが舗装されれば、松田-山北間が楽になる
国道246号に出ないで済むのだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25252025_5?1278451063

松田側ゲートに工事案内板が出ていた
8月末までかかるんかい。直ぐにも終わりそうなんだが

なお、元々一般車両は通行禁止。河川管理道だからね

場所はこの辺 地図
2010/07/06

熱海線/第二緑町架道橋

場所はココ 地図

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25243070_0?1278377336

大雄山線緑町駅から小田原少年院に向かう架道橋

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25243070_1?1278377336

熱海線(現東海道線)の第二緑町架道橋である

熱海線の小田原駅周辺、酒匂川~早川間は基本的に高架である。踏切は存在しない
しかし、この高架は道路をアンダーパスする為では無く、小田原駅周辺の土地地盤が高いからで、
この架道橋も高さ制限が若干厳しい
(昔の小田原駅地下通路を覚えてらっしゃる方は納得の筈)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25243070_2?1278377336

[緑町駅/東側] さて、この架道橋の中程には、石積みの橋台

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25243070_3?1278377336

熱海線開業時の1920年(大正9年)時のモノである
(震災で被害を受け修復されたかも知れないが)

他の架道橋が道路の拡幅で新しい姿になってしまったが、ココは当時のままである
プレートが読めれば良かったのだが・・・判別不能だ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25243070_4?1278377336

[少年院/西側] 大正橋台の部分は桁が低い
その外側の桁までは一応架道橋と言えるが、さらにその外側になると完全にカルバートの造りである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_25243070_5?1278377336

道路に対して線路が斜めに横切っている
当時はなるべく直角に交差するような造りが一般的なので、大正橋台の構造に興味があったが、
新しい橋桁になってその様子は判らなくなってしまった
当時はガーダー桁が架かっていたはずだ


追記.「ガーダー桁」という言葉はおかしい。ガーダー=桁なので「桁桁」になっちゃう

此処には1線毎の「プレートガーダー」が架かってた筈で、架道部が斜めでも
桁としては普通の角型が乗ってた筈だ

菊川橋梁辺りを見て貰えば判り易い
https://bazu55555.fc2.net/blog-entry-629.html
(現存するもっと古い桁を知ってる、、というか写真は撮ってあるのだが、まだレポ書いてない)

golgodenkaさん、ありがとうございます