2010/02/14

愛川町/日向橋


訪問日/2010年1月

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23521285_0?1266075218

神奈川県道54号線にある日向(ひなた)橋だ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23521285_1?1266075218

1930年(昭和5年)に造られた下路単純トラス橋、、、には見えないなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23521285_2?1266075218

幅員5.5mで上流側に人道橋が別に架かってる、、、無い。2車線の両側歩道だ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23521285_3?1266075218

ホントにコレ、日向橋か?と親柱を確認するも、やはり日向橋で間違いない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23521285_4?1266075218

銘板を発見。1997年(平成9年)に架け替えられてしまった

神奈川県/かながわの橋100選
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/tosiseibi/machi/keikan/50sen_100sen/hashi100/hashi100_index.html
にも選ばれてた橋だったのに。平成2年(1990年)選定から7年で架け替えですか

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23521285_5?1266075218

旧橋は幅員5.5mなので、すれ違いにも苦労しただろうから、地元にとっては嬉しい架け替えだろう

ただ、100選にも選ぶような橋である。ちょい上流に掛け直すとかできんかったのだろうか・・・
2010/02/13

山北町/東名酒匂川橋

イメージ 1

 
以前、谷峨高架橋と呼んでいたが、こっちが正式名称である

神奈川県/東名酒匂川橋 かながわの橋100選にも選ばれている
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/tosiseibi/machi/keikan/50sen_100sen/hashi100/p088.html


以前からなにやら工事が行われていて、現在は下部トラスの上の方
橋桁直下に足場が組まれて「ドンガラ、ガッチャン」となにやら作業をしている

県の入札記録を見ると耐震補強工事らしいのだが・・・よく判らん

酒匂川右岸の橋脚に足場階段が作られており、ココを登っていくようだ

東名酒匂川橋の高さは65mあるので、一段20cmの階段だとすると325段かぁ
意外と対した事は無い

建設当時(昭和44年)は日本一の高さを誇ったそうだ

2010/02/12

山北町/尺里橋

樋口橋が山北中心街の上の口にあるのに対して、尺里橋は下の口にある橋

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23463642_0?1265722798

車道の親柱には銘板が無く、人道橋のプレートしか無い

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23463642_1?1265722798

上から見た橋台にナニかあるので降りてみたら、関係ないモノだった・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23463642_2?1265722798

おかげで橋の構造が判った
最初の写真にある歩道は車道と一体になった桁だった
緑の鉄桁は尺里川上流側の人道橋。こちらは別桁

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23463642_3?1265722798

橋の銘板~とかなり怪しい行動をした結果、ようやく発見できた
下流側の水道管のカバーの中だった。なんでこんなトコに

旧橋は1940年という情報があったが、現在のものは1995年
ここを通る県道76号線は、1968年までは国道246号だった訳で・・・
流石にソコまでは古く無かったか
2010/02/11

山北町/樋口橋 みたび

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23463642_4?1265722798

去年の年末に訪れた時、下部を塗装していた樋口橋だが・・・
https://bazu55555.fc2.net/blog-entry-513.html

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23463642_5?1265722798

下に廻ってみると以前のままだ。あれ?と、よーく見ると橋下を走ってる水道管だけ綺麗に
一番古いアーチ、塗装痛んでるんすけど。こっちもちゃんとメンテしてください

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23463642_6?1265722798

今回、銘板を見つけた・・というか、目立つ場所にあるのに気付かなかっただけだが・・・
こちらによると架橋は昭和31年(1956年)となっている
二級国道となった年に今の形となったようだ
2010/02/10

山北町/謎の搭

久しぶりに時間取れてチャリ走
山北町をブラブラしてると、山の斜面になんか立ってる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23463642_7?1265722798


櫓みたいな搭なんだけど、天辺に乗れるようになってるみたいな
山側に渡るための板が付いてる

なんだろな・・・近くに行ってと思ったが、人家の近くなので突入できない
今度早朝にでもトライしてみよう

回線の具合が悪いのか、昨日からネット接続がバシバシ切れる・・・
2010/02/05

開成町/小田急の名称不明橋梁


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23399431_0?1265301277

開成町、小田急小田原線の橋梁である。橋梁名は不明
新松田方面向き、この直ぐ向こう側が酒匂川橋梁となる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23399431_1?1265301277

見ての通りのカーブ途中にあり、片側だけでも6本の橋脚と7本のガーダーで構成されている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23399431_2?1265301277

小田原向き
かずさんが言われてた「小田急の鉄橋名」の吉田橋はコレなんだろうか・・・
大きな河川の無い橋梁名は調べてもなかなか判らないのだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23399431_3?1265301277

カーブにあるからと言って、橋梁自身が内側に傾いている訳では無い
よーーく見ると枕木が特殊な形状をしており、それでカント(外側が高い勾配)が付けられている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23399431_4?1265301277

この橋梁の下には両端に水路があるが、暗渠でもよさそうな規模である
ではなんでこんな橋梁が必要なんだろう・・・以前から疑問に思っていた

最初は、橋梁の下が田圃で・・・とも考えたが、橋の下で作物の育ち悪いだろうし

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23399431_5?1265301277

古い地図を見てて気付いた。ここは霞提の口じゃないのか?
(注.古い地図に合わせているので、鉄道線は正確ではありません)

今は地形的にも無くなってるが、大正時代の地図には堤が描かれている(茶色で着色)

小田急は昭和2年(1927年)開業。ここに鉄道を引く際、酒匂川を越える橋梁の為に鉄道堤を築いたが、
霞提口を塞ぐ訳にはいかないので、こんな変則的橋梁を造ったのではないだろうか

裏付けとって無いので、不確かだが、可能性はかなり高いと思う
2010/02/04

山北町/滝不動の廃道

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23396315_0?1265287734

先日の滝川林道入り口、滝川橋の近く

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23396315_1?1265287734

滝不動のお社があります

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23396315_2?1265287734

社殿の裏には小さな滝

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23396315_3?1265287734

境内には社務所・・かなぁ、プレハブの建物

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23396315_4?1265287734

その裏には道があるんですが、建物で通れません

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23396315_5?1265287734

道はもう使われてない。廃道という事になります
最初の写真の石段が唯一の通り道になります

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23396315_6?1265287734

長さは20m位しかないんですが

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23396315_7?1265287734

現道(滝川林道)に出ます

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23396315_8?1265287734

短いけど、なんか味わいのある廃道でした
2010/02/03

山北町/滝川林道


詳しい地図で見る
地図は林道上終点、ここから左に林道のような一般道(?)で降りれる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23380897_0?1265193056

山北中の脇を通り、滝川橋を渡る

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23380897_1?1265193056

ここからが滝川林道

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23380897_2?1265193056

短い林道だが、なかなか素敵なトコだ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23380897_3?1265193056

舗装3、未舗装7、位か

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23380897_4?1265193056

途中にチェーンゲートがある。この日は開いていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23380897_5?1265193056

だいぶ登ってきた。路肩には雪がちょいと残ってる

実は都内や山では雪が降ったというのに、私んトコでは降らなかったのだ
雪を見たくて登って来たのだが、この程度だった・・・って、もっと山奥でないと無理か

前方に暗部があり、林道はそこまで

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23380897_6?1265193056

地図のクロスポイントから一般道(?)に入ると、北斜面にようやく積もった場所があった
まぁ、この位で良しとするか

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23380897_7?1265193056

この道は下りを選ぶと山北の町を眺められる場所に出る

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23380897_8?1265193056

東名の皆瀬川橋の下を通って降りる

やっぱ寒かった
2010/02/02

御殿場線旧線

イメージ 1

 
明治22年(1889年)開業の御殿場線(当時は東海道本線)
大正04年(1915年)水害の復旧工事により、一部線路が付け替えられ、新しいルートを通るようになった

複線単線化の旧線ではございません。複線そのものの、旧線です

Web上初、ぃゃ、ひょっとしたら書籍とか含めても 初の「御殿場線旧線」レポートである

足柄縣
http://bazu55555.web.fc2.com
こちらに掲載

2010/02/01

開成町/十文字橋 大正橋脚

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23348448_0?1264992108

吉田橋を発見(?)してふと河原を見ると、新十文字橋~十文字橋間でなにやら工事をしている
浚渫だろうか・・・数台の重機がガッチャンガッチャン作業中であった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23348448_1?1264992108

十文字橋を見ると、手間にあった流れが無くなってる
作業で川の流れを変えたようだ

十文字橋の所では、両岸に流れが分かれて中央付近は中州、濡れずに近づけなかったのだ

「ちゃ~んす」藻でヌルヌル滑る石に足を取られながらも、元中洲に渡った

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23348448_2?1264992108

十文字橋/大正2年の橋脚、開成町上流側
コンクリで補強されているが、どっしりと重厚な姿だ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23348448_3?1264992108

石積みは、隙間に水が入ると中の充填物が削られ壊れちゃうので、しっかり目地が塞いである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23348448_4?1264992108

下流側には歩道を載せる為の架台が施工されてる。ちょっと痛々しい

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23348448_5?1264992108

十文字橋/大正2年の橋脚、松田町上流側

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23348448_6?1264992108

ここから松田側にもう一脚石積みの橋桁があったのだが、
平成19年(2007年)9月7日の台風水害で沈下
平成20年(2008年)12月22日復旧工事後開通
https://bazu55555.fc2.net/blog-entry-117.html

この橋脚と橋桁が一番新しい

壊れた橋脚は今ココに
https://bazu55555.fc2.net/blog-entry-304.html

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23348448_7?1264992108

この橋桁を載せる時も見に来たんだっけな


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23348448_8?1264992108

残った大正橋脚、まだまだ活躍して欲しいぞな

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_23348448_9?1264992108

大正2年の橋は石積み3脚の間に下路単純トラスが架かってました
昭和49年(1974年)にコンクリ桁に架け替えられた

大正、昭和、平成の時代がそのまま生きている橋です