2009/10/16

御殿場線/第五相澤川橋梁

https://bazu55555.fc2.net/blog-entry-443.html
関東大地震震害調査報告書に載っていた写真で旧線があり、かつ旧橋台があるという事を知った
これは調べにいかねばならんでしょう

訪問日/2009年10月12日

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21602157_0?1255649112

現在の第五相澤川橋梁/東京側橋台
あちゃー、旧橋台は綺麗さっぱり無くなっております
一部道路に掛かっているかな。震災復旧工事で撤去、、というより石積が再利用されたようです
昭和初期の写真と変わらない(今居る道路橋が木橋!)

残念、、と思いながら先の第六相澤川橋梁へ・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21602157_1?1255649112

ほへ?対岸の橋梁右の平場。あれはもしかして・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21602157_2?1255649112

いえいえ、複線の跡ではございません
旧上り線は反対側でございます

これは、第五相澤川橋梁に続いて、第六相澤川橋梁も架け替えられたのか?

航空写真を眺めると、ここから駿河小山駅に向かって、
線路の川寄りにずっと余地/再利用っぽい跡が続いている
開業当時はも少し川寄りに引かれていたのを、大正4年に山寄りに付け替えられたのだ

しかし、勾配緩和の為とはいえ、ちょっと、、いや、かなり大袈裟過ぎないか?
線路はともかく、橋梁の架け替えなどは大工事だぞ。当時は複線だったのに

という訳で、情報を探りに地元図書館に篭って再調査
意外な事実が判明しました。これは勾配緩和の為では無い。もっと大きな事情があったのです

そこで、現地再調査の必要が出てきました。後日レポをお届けできると思います
2009/10/16

G線旧下り線H第三・四号廃隧道 レポ修正

イメージ 1

 
昭和39年/1964年頃のG線風景、現在は空いている反対側の線路が使われている

その後の調査で、単線化以後使用されていたのは旧下り線と判明
電化の際、使われてなかった旧上り線側隧道を拡幅し、電化工事の後に経路入れ替えが行われました

第三・四号隧道以外では、第一、二、七号隧道も同様の手法が取られたのも確認しました
第五、第六(甲乙)隧道は旧線が利用できませんので、隧道掘り下げが行われたとの事です

掲載写真でもお分かりの通り、橋梁も旧下り線→旧上り線と架け替えられたものもあります
今も開業当時の複線橋脚の残る第二S橋梁、橋桁が架かってたんすね


隧道使用の年数、電化に関する関連事項など、レポ内文章を若干変更しました

ご指摘頂きました 小田原市民様、ありがとうございます
確認が取れて、正しい情報に訂正できました

足柄縣
http://bazu55555.web.fc2.com
こちらに掲載

2009/10/15

静岡県道150号線


矢倉沢往還/足柄峠の静岡県側。実はルートはいくつかあるそうで、
竹之下を経由して此処に降立つ地点である
ココから須走/浅間大社を経由して富士山に至る街道筋があった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21585953_1?1255563162

残念ながら道祖神前の石道標は読めない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21585953_2?1255563162

古街道に該当するのが静岡県道150号線である
ただ、当時の地図によると一色などの地名があるので、県道より若干東寄りのルートだったらしい
旧道はあるので、現在の県道は新道という事になる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21585953_3?1255563162

新東名標識のある上小林付近
ココで旧道と合流する。合流点には道祖神や石碑が立っている

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21585953_4?1255563162

静岡県道150号線は、僅かに望む富士山頂を目指す。比喩では無い
足柄停車場富士公園線が正式名称で、御殿場線足柄駅前を起点とし、
須走~須走五合目を経由して本当に富士山頂が終点となる(須走五合目~山頂は車両通行不能区間)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21585953_5?1255563162

国道138号線との重複区間となる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21585953_6?1255563162

国道138号線は東富士五湖道路との分岐を迎える
なお、東富士五湖道路は125cc以下、歩行者、自転車は通行不可である
国道138号線は左方向・・・あれ?青看板だと県道150号になってる

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21585953_7?1255563162

東富士五湖道路ができる前は国道138号だったと思ったのだが、県道に降格したのか?
陸上自衛隊富士学校(正面)前に、いにしえの白看板があるように、元国道の・・・


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21585953_8?1255563162

富士学校の写真もバシバシ撮りたかったのだが、ゲート前で怖いお兄さんが見張ってる
隅っこで防衛庁時代の標柱を撮ったり・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21585953_9?1255563162

ちょいとレトリックなセキュリティシステムを覗いたりするのが関の山である

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21585953_10?1255563162

富士学校を過ぎると東富士五湖道路須走ICだが、手前青看によると、この道も国道138号であるらしい
東富士五湖道路入り口にあった青看は間違ってるんかな~
しかし、この青看も国道138号線は直進で小山(町)市街となってるが、
実際には東富士五湖道路を潜ると直ぐ左折して籠坂峠に向かうのである
富士山須走口も、直進直ぐ左折なんだよ
知らない人が見たら道に迷うよ。迷わない為の青看だと思うのだが


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21585953_11?1255563162

とにもかくにも、国道138号にて富士山/籠坂峠を目指す
この先直ぐに、浅間大社脇で静岡県道150号線は須走五合目へ分岐するのだが、写真を撮り忘れた

という訳でなし崩し的に150号線のレポは終了となるのであった
2009/10/14

静岡県駿東郡小山町/森村橋


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21568512_0?1255470879

県道から見た右/森村橋
左は平成15年に新しく作られた新森村橋

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21568512_1?1255470879

明治39年(1906年)に造られた森村橋である
下路曲弦プラットトラス、橋長39m、幅員4.8m
平成17年11月10日に登録有形文化財になった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21568512_2?1255470879

100年以上の歴史ある橋梁、、、なんていうより、この美しさ
トラスと言えば力強いイメージがあるが、細くて華奢な少女のような可憐な姿(アブナイヤツ)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21568512_3?1255470879

プレートはこのように
細かいハナシはこちらのページを御覧ください


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21568512_4?1255470879

富士紡績小山工場専用橋として造られました
工場は廃止され、今では別の工場が建ってます

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21568512_5?1255470879

橋台はレンガ+石積み補強

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21568512_6?1255470879

新橋を渡って反対側へ来ました
残念ながら旧橋を渡る事はできません

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21568512_7?1255470879

道路橋ですが、当初はナローの軌道も走ってました

保存とか、そろそろ考えないといけないかも知れないけど、川に架かっててこそ橋の姿
いつまでも、その姿艶やかなれ
2009/10/13

国道138号線/篭坂峠


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21551690_0?1255394160

静岡県小山町と山梨県山中湖村の県境である
嗚呼、こちらにはちゃんとした県境標識が!山梨県さん、三国峠にもちゃんとした標識立ててください
(足柄縣/神奈川県道730号山中湖小山線、参照) http://bazu55555.web.fc2.com

一般的に峠付近の県境と言えば、峠、あるいは近くにあるのだが

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21551690_1?1255394160

山梨県に入っても、まだ登りです

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21551690_2?1255394160

切通しのこの辺が峠のピーク。標高1104m

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21551690_3?1255394160

ピークを過ぎた所に「籠坂峠」の標識があります

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21551690_4?1255394160

標識のある所から切通しを振り返り
黒い車が居る所辺りがいっちゃん高い

先ほどの県境は、籠坂峠から20~30m低い位置にあります
曖昧だな・・って、実は県境の場所がよくわかんない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21551690_5?1255394160

現代地図(こくど)の該当部分
薄赤でマークしてるのが静岡県vs山梨県の県境です
ご覧の通り、籠坂峠付近には「引いてありません」
国道に緑で線を引いたトコが、県境標識のあった場所(だいたい)

富士山頂の県境未決定地は有名ですが、ココにもあるんです
山頂のは浅間大社辛みなのですが、こっちは何でこーなってるんでしょね
改めてWebで調べてみたけど、判らない

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21551690_6?1255394160

昭和初期の地図だと、ちゃんと県境が描かれてるものもあります

峠が県境になって無い事と、何か関係あるんでしょか
何方か知ってらっしゃいましたら、教えて頂けると幸いです

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21551690_7?1255394160

大正初期の観光案内図抜粋。口口口口口 が馬車鉄道

昨日の通過レポでも書いたけど、ココには明治34年から馬車鉄道が峠を越えてました
御殿場側が御殿場馬車鉄道、山中湖側が都留馬車鉄道という別路線です
乗り入れで無く、籠坂峠停車場で乗り換えてたらしい

大正7年には御殿場馬車鉄道が、大正10年には都留馬車鉄道が
それぞれ籠坂峠までの路線を廃止してしまいました
2009/10/12

三国峠再び

8月に神奈川県道730号線レポの為訪れた三国峠
今日、再び訪れた。激坂を登る事なく

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21543777_1?1255349450

前回は静岡県側から激坂の静岡県道147号線を登ったのだが、今回は逆側
山梨県側から登ったのである
その為に国道138号線籠坂峠を超えた。
籠坂峠の標高は1104m。馬車鉄道が超えてた峠なので、チャリで登るのはそんなに大変では無い

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21543777_2?1255349450

峠の気温は12度!!
耐寒装備はソロソロ冬対応にせんと辛いなぁ
山中湖への下りでブルブル震えてもうた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21543777_3?1255349450

山梨県道730号線を登る
山中湖水標高は982mだから、三国峠1160mまで178mほど登る事になる

富士山の写真を撮るためだろうか、数多くの人が路駐して頑張ってたけど、富士山はずっと雲の中

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21543777_4?1255349450

静岡県側の激坂に対して、山梨県側は対した事は無い
山梨県側から富士山を見る事はできなかったが、山中湖を見下ろしながら峠を目指す

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21543777_0?1255349450

そして三国峠到着。ここからが神奈川県道730号線となる
富士に雲がかかってる天気なので、こちらも霧がかかってた

静岡県側の下りは、相変わらずスピードが出る~
2009/10/10

箱根登山線/箱根板橋駅構内のアレ

https://bazu55555.fc2.net/blog-entry-442.html
前回、箱根板橋駅の構内を撮影したのだが、線路脇のアレが気になった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21429944_2?1254828942

↓のモノである。ポイントらしいのだが、三条用の奴でないかい?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21493990_0?1255114514

という訳で、昨日確認に行った
線路脇に置かれてるのがそーだが・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21493990_1?1255114514

普通のポイントじゃん
あれ?三条のポイントってどーなってたっけ?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21493990_2?1255114514

という訳で、入生田車庫まで足を伸ばした
箱根湯本駅にもありそうだが、駅構内を外からは覗けないし、
観光客がワサワサいそうだし、知合いに発見される可能性が高いし・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21493990_3?1255114514

一応、ココが三条に絡むポイント(分岐器)である
ただし、分岐しているのは外側の広軌だけ
A地点で分岐し、B地点は乗越してる
狭軌分のポイントは無い
(注.この線路の先、車止め手前から分岐しているのは、狭軌のみである)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21493990_4?1255114514

車庫内の配線は広軌だけである

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21493990_5?1255114514

「ジャリ、ジャリ」 うぉっとと、ヤバイヤバイ
ぃゃ構内とかには入ってないので、お咎めを喰らう事はないのだが、いつもドキっとする
現行線では節度ある行動をしましょう

さて、見ての通り三条用専用分岐器なんていうものは無い
いくつかの組み合わせでポイントを実現しているのだ
箱根板橋駅線路脇にあったのは、その名残だと思われる

ホントの三条ポイントはどんなだったか、、、Wikipediaにあったので紹介しておく
Wikipedia/三線軌条
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%B7%9A%E8%BB%8C%E6%9D%A1

右側添付されてる画像、最初の奴が箱根板橋駅構内のものだ
広軌、狭軌、伴に分岐器がある
もっと変態的と記憶してたが、意外とシンプル

箱根登山線、もはやこのタイプは現存して無いだろうなぁ
2009/10/09

今日の酒匂川2号橋(仮)午後版

イメージ 1

https://bazu55555.fc2.net/blog-entry-432.html
前回より二週間も経ってるのに進展があまり無い

上流側の盛土は終わって、下流側が始まったところである

2009/10/07

御殿場線/第五相澤川橋梁

土木学会編/大正12年関東大地震震害調査報告書に意外なモノが載っていた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/725107/img_725107_21447122_2?1254912464

「国有鉄道 東海道線駿河足柄間第五相澤川橋梁東京方橋台の破壊(前面のものは旧線跡の廃橋台)」

旧線だって?

さらに本文中

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/725107/img_725107_21447122_0?1254912464


「本橋は始め単線として明示二十一年一月起工、同年九月竣工せるものなりしが、
明治二十四年二月複線工事成り、
その後明治三十六年冬及び同三十八年秋の二度に鉄桁及び橋台上部を補修せり。

『降て大正四年一月乃至八月の間に於て、
駿河足柄間に於ける一部線路の変更に伴いて現在の位置に架換へたり。』

尚大正六年十月暴風雨のため川床著しく洗掘せられたるを以て橋台橋脚の根固め沈枠工を施したり。」


大正四年に駿河(現在の駿河小山)足柄間に路線変更があったようだ

御殿場線(当時は東海道本線)は、勾配緩和の為に何度か路線変更されている
資料はあれど、100年前の跡など何も残って無い、、、と思ってた
震災時に残っていた旧橋台、これは期待できるかも知れない

で、第五相澤川橋梁ってどこだ?
第四相澤川橋梁まで知ってるので、その先沼津方面を地図で確認すると・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/725107/img_725107_21447122_1?1254912464

ココって事になります
1910年(明治43年)の地図と比べても違いが判らない
(左地図はあまり正確では無いので、元々比較できるモンではないのですが)

第五相澤川の写真に旧橋台が写っている位だから、ちょっとの変更なんだろう
それでも、わざわざ橋を架け替えてでも、勾配緩和をする必要性があった訳だ

写真は、橋梁を西側(地図上左)から写したようだ
という事は現橋梁の下流側に旧橋台がある事になる

さあて、機会があったら調べに行ってみよう
2009/10/06

箱根登山線/箱根板橋駅

先日の小さいカルバート訪問の続き
訪問日/2009年8月5日

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21429944_0?1254828942

今も木造駅舎が活躍している
昭和31年までは市内線(路面電車)も発着していた

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21429944_1?1254828942

小田原方面から見た箱根板橋構内(踏切から撮影)
平成18年に広軌のレールは外され、小田急の狭軌のみとなってしまった

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fe/4e/bazu55555/folder/109946/img_109946_21429944_2?1254828942

しかし、よく見ると外側にレールの跡
ちなみにこの先左側の1番ホームが箱根登山専用だったが、
小田急が止まるにゃ短すぎるので、現在は使われていない

ところで、写真加工してる時に気付いたのだが、左側のコレ(↓)なんだろ
すんごく気になる。もしかしてアレ?
(現地で気付けよなぁ、もう>本人)