新東名/秦野IC(本線IC)

撮影日 2019年11月17日 秦野IC(ランプ~本線IC) の続き

01_2019112118391337d.jpg

農道で工事用道路を横切り、小原トンネル上へ向かう【左下】
この工事用道路は小原トンネル上を走る市道/HS菖蒲031から、
小原トンネル西坑口付近へ降りて来る。造ってる時(2015年)に一度訪れてる
【右上】道路奥が小原トンネル坑口だが、Aバーが閉じてる

02_20191121183914708.jpg

農道を登って小原トンネル西坑口上へ
コッカら視認できるんは溝之尾橋と先の萱沼トンネル東坑口(一部)だけ

今回は溝之尾橋を見る目的があるんで、まぁよし
右側の上り線は普通の直線桁だが、左側下り線は若干Yの字形してる
下で見た時気付いたが、判り辛かったんで上から確認
溝之尾橋下り線の途中から、ランプウェイの分岐が始まってる

03_201911211839166e7.jpg

農道を移動し、小原トンネル西坑口も見とく
とっくに貫通してて、工事車両の通行路になってる

04_20191121183917ebc.jpg

一応念の為があるんで、農道、、じゃない、
柳川010での一番高くて見通しの良いトコまで登る【右上】

工事用道路を横切るトコは昔市道じゃ無かったんだが、
新東名が柳川010(旧936)を分断し迂回路になったんで、
通って来たのは農道じゃなく、迂回路となった柳川010であった【左上】
地図確認するまで気付かなかった

で、その一番高いトコには石碑があった。道祖神【右下】
(后土神/地母神系で秦野には数件あるそうだ)

そもそもこんなトコまで道が続いてるんは、畑があるからで、結構広い【左下】

05_201911211839193d3.jpg

見通しの良いトコから溝之尾橋越しの本線IC~ランプ
八沢008のカルバートと、その先にHS19を越える橋の橋台コッチ側が見える
そこら辺にランプ道が造られる訳だ。対象構造物が無いと判らん
よく見るとランプ道堤の左側は盛土が段区切りされてて、白い排水路まで設けてある
ソッチ側はランプ道堤の完成形なのか・・

もっと良く見ようと先に進む事は出来るんだが、近付くにつけ高さが低くなり、
見える範囲が狭まってく

06_20191121183920ed6.jpg

もっと本線寄りの方が見易いんだが、御覧の通りトラロープがずっと張り巡らされてる
ピンク線辺りは法面工されそうな雰囲気。本線沿いは側道でも出来るんかな

トンネル上、黄緑線が柳川010で、ソコ通って来た

07_201911211839222ac.jpg

撤収する前に、周りの見通せそうな場所が無いか、、、
左手/黄緑線は以前行った。も少し上と探すも、稜線には菖蒲031が通ってるんで、
ソッチの方が良いだろう
正面/濁沢対岸の山で概ねのトコからは見てる。
斜面左側には菖蒲030が登ってて、ソコ行った事ないので今度、、、ただ木々多そ

11月17日巡回ネタは以上である
御存知の通り、伊勢原大山ICから秦野ICまで2021年度、
その先御殿場ICまでが2023年度までと、開通時期が別れてしまった

秦野ICからR246ランプまで、2021年度開通が必須になってしまったんで、
今回廻った地区はドンドン進んでくと思われ
(SAなんて完成せんでも本線さえ通れば良いんで大丈夫だとは思う。
高取山トンネルも今年度中の予定、、進捗は判らん)

新東名八沢地図s

一応、今回の周辺地図 拡大


スポンサーサイト



新東名/秦野IC(ランプ~本線IC)

撮影日 2019年11月17日 秦野IC(ランプ道) の続き

01_20191120030117e47.jpg

いつもの八坂神社(跡)のルートでなく、隣の八沢008(旧932)を登る
新東名本線と交叉するが、その先に集落があるんで、通行は出来る

02_20191120030119b02.jpg

この道に出来たんはランプ道を潜るカルバートだ。まだ通れず周りをぐるっと迂回
ランプ道は片側1車線の2車線道路だが、カルバートは随分長い
この上にされる盛土量が多い/台形堤になるんで、長くなるのだ

03_20191120030120085.jpg

カルバート迂回路の外側は、盛土が積み上がってる
コレが「単に積んであるだけ」なのか「完成が近い堤」なのか、よく判らん

04_20191120030122e1c.jpg

先に進み、本線交叉まであと少しのトコで東/厚木側が開けた
【右下】コンクリ縁の池みたいだ。イメージ図にあった調整池みたいな奴と思われ【左下】
池から北側に上がったトコに道路縁っぽい側が設けられてる【右上】
池をぐるりと廻って本線に至る御殿場方面ランプか?【再び左下】
その道路縁は進んでる八沢008より低い高さで交叉してる【左上】

イメージ図だと御殿場方面ランプは八沢008交叉辺りで本線に合流してるな
そこいらが本線の凡そ道路高か!

本線道路高はトンネルや橋がその高さだが、
実際にはソコに行けんので、体感して無い/GPS等で測って無い
小原トンネル~萱沼トンネル間では初の本線道路高体験である(凡そだが)

05_201911200301239c1.jpg

【右上】GPS計測。ゲート位置、本線より若干高い
【右下】GPS計測。見た目道路側と同じ高さまで下がって
と、無事計測出来たんだが、改めて値見ると変だ。プラマイ誤差があるとしても、低すぎる

【左】図中、赤GPS値、紺地図読み標高
八沢008自身が標高200m位から登ってきてる途中なのに、それより低いとはオカシイ
ちな、緯度経度的にはかなり正確に出てる。高さだけ25m/43mも低い
(GPS2点の高さが28mも違うのも大きすぎる)
場所だけは正確にマークできたんで地図読みの標高値が正しい

さするにココラの本線道路高は概ね230m位か

GPSの緯度経度については、前にちょいと調べて理解してたが、
緯度経度だけで高さはおざなり、、、
ざっと調べたトコ、平面座標(緯度経度)に対して高度(標高)値は誤差が大きい
ぶっちゃけ数十mはよくある範囲で、100mズレる事もある
場所や衛星の数で変わるんだが、その状況を即確認できんので、
高度はあまり信用ならん、と覚えといた方が良いと思う

出先でも等高線のあるマップに緯度経度で表示させて、地図読みした方が良さげ
(ヤマレコなどでGPSルートを録るとマップテータから標高を再取得してるそうだ)

06_20191120030125ede.jpg

八沢008と新東名本線が交叉するゲートと、ちょい上まで行ってみた

07_20191120030126e4c.jpg

ゲートから西/御殿場側は大久保沢の仮設橋の向うが八沢007【右上】
東/厚木側は八沢007から見た風景ももより見通しが悪く、平場と盛土しか見えん【左上】
少し上から盛土【左下】、平場【右下】を見る。あははは、サッパリ判らん

この道に来んかったのは、こういう事情で、
何か出来るまでは見れるモンが無かったからなのだ
今回、たまたま漲水池が出来てたのと、御殿場方面ランプ側が出来てたんはラッキー
此処が本線ICの西端って事になる

08_2019112003012848c.jpg

続いて本線IC東端となる溝之尾橋へ向かう。桁が概ね架かってるのは知ってた

09_20191120030129cf3.jpg

現場着。桁は架かってるが、まだ仮橋脚が外れて無い

10_201911200301310b8.jpg

階段付きの足場風と、単なる青の二種類の仮橋脚があるようだ

11_2019112003013264c.jpg

橋桁は鋼の飯桁、間はすっぽり抜けてる。所々横梁は入ってる
鋼4/5径間連続合成少数飯桁、213/241m
と「少数飯桁」なんでコレで良さげ。この上に床版組んで合成桁になる、、、らしい

12_201911200301341f4.jpg

東/厚木方

13_201911200301355d4.jpg

西/御殿場方。コッチ側は橋の下をランプが横切る

14_201911200301375cf.jpg

谷上流にループが出来るんだが、まだそれらしき土坑は行われて無い

溝之尾橋の橋桁が(一応)架かったんで、橋上の状況を確認したい
ついにアソコへ行く、、って巡回で書いちゃったじゃないか

小原トンネル西坑口上へ続く

新東名/秦野IC(ランプ道)

撮影日 2019年11月17日 #1 の続き 前回 2019年09月08日

R246から料金所予定地を過ぎ、切通先のランプ道

01_20191119101702cdd.jpg

ランプ道が農道と交叉する地点・・・だが、農道は既に付替えられてる
廃農道となってしまったが、歩行者はまだ通れる

02_201911191017042cb.jpg

廃農道はフェンスで行き止まり、脇を階段で降れるが、期待した程の展望は無かった
ちな、フェンスの先にあるのは付替えられた農道である

03_20191119101705ba6.jpg

付替えられた農道へ戻り、降るとランプ道沿いに出る。農道は降ってカルバート潜る
ランプ道先には秦野市道/HS77の付替えとなる橋が出来つつある

04_20191119101706b70.jpg

R246方面を見れば切通で、掘り下げが進んでるようだ
脇には路盤っぽいのが出来てて、ランプ道初の「完成予定」地だ

05_20191119101708374.jpg

ランプ道/R246~本線間は真っ当な平面図が無いんで、イメージ図でご勘弁
元々、厚木秦野道路(圏央道厚木IC~伊勢原北IC~秦野中井IC~秦野西IC)の
秦野西ICに、新東名ランプが接続する予定が、色々々あって、暫定的に造らるんで・・・
R246~料金所付近/国交省関東地方整備局横浜国道事務所
料金所付近から本線IC/NEXCO中日本、と工事も別

R246から切通までは土坑で地形と違った道になるが、切通からHS19を越える橋までは、
自然地形の山腹を巻くんで、ここに道が出来ると予想・確認ができるのだ

平面図は無くても断面図があるんで参考になるかと思ったんだが、
コレ本当にランプ道か?R246をオーバーブリッジで越えるとか、厚木秦野道路じゃない?
図中Gランプが秦野西ICだとして、本線までは参考になるかと思ったが、
標高値が全然合って無い
「秦野IC関連事業」の図なんで、R246~本線区間として描いてある。オリジナルP

07_2019111910171107c.jpg

HS77に戻って先に進み、付替え橋の現場【右下】。もう橋桁が架かってる【左上】

08_20191119101712830.jpg

橋桁はランプ道を越えて向う側に・・・カーブして下の現場口に向かってる??
【左上から右下へ】

09_20191119101714d13.jpg

前回、【上左右】橋台1が付替え橋で、橋脚2と橋台3はランプ道とか言ってましたが、
1~3全部付替え橋でした【左下】 Oh!なんてこったい

だってイメージ図ぢゃそんな風になってたんだもん!
向う側の橋台が無いのはオカシイのに気付けよ>自分

10_20191119101715fbd.jpg

てな訳でHS77付替え橋は谷側に張り出して曲線を描く形になります
下の現場口辺りで接続するんで、HS77付替えとなるのは概ねこの橋区間

じゃランプ道はドコ通るかは、付替え橋と斜面の間のスキマ【右上】・・・

ぃゃぃゃ、此処でランプ道は現HS77と物理的(3次元的に)に交叉するんで、
斜面・道路も含めて削って通ります
ガードレールに赤白ポールが2本立ってるんで、多分ソコラ辺【左下】
【右下】その先は山腹にブチ当りますが、斜面の向う側は直ぐHS19交叉橋です

11_201911191017161af.jpg

HS77を降り切ったHS19川路橋
コチラ側の山腹は切り開かれ、
濁沢・HS19を越える橋の橋台~橋脚×2~橋台が一望できる

12_201911191017184ed.jpg

滝沢・HS19を越える橋、それぞれの橋台と橋脚
13_201911191017198e9.jpg

先の様子とHS19を進むと、脇の電柱が電工中だった。コレは経路を変えるパターン
振返り八沢007(至る旧八坂神社)の脇に真新しい鋼電柱(組立式)立ち並んでる

14_20191119101721906.jpg

八沢007、ランプ道交叉地点。此処の電柱取っ払うと思われ。鋼電柱はその迂回路
ゲートからR246側はHS19交叉橋の橋台(眩しい)、
本線側を見ると何か出来てる(ピンク!)

八沢007/旧八坂神社の新東名本線交叉はいつも見てるし、
萱沼トンネル工事を外から見ても(正直)面白く無いんで、
何か出来つつある一つ隣の道に行ってみる

≪続く≫

新東名/秦野IC(R246)

撮影日 2019年11月17日 前回 2019年09月08日

01_20191118094442acc.jpg

R246にランプ道の橋が架かった

02_2019111809444320a.jpg

R246越えからR246接続(A2)まで、P2辺りまで桁が架かってる
A2には取り付きが設けられ、R246からのIN/OUTがピンク矢印の用に接続する

03_20191118094445f56.jpg

R246を挟んで反対側も同様に接続道が造られるんだが、フェンスがあるだけ
ソコの工事看板では令和2/2020年1月末、3月末の工期になってた

04_20191118094446f1b.jpg

ランプ橋の反対側、A1にはまだ土盛接続されて無い

05_201911180944487fe.jpg

フェンスの内側を見るが、コチラから見る限り何も出来て無い

06_20191118094449bbc.jpg

ランプ橋/R246交叉。コチラ(御殿場)側からR246で来ると、
上り勾配のせいか若干圧迫感がある。ホントに4.5m高あるんかな

07_201911180944513bc.jpg

架かったのは鋼箱桁風で、3本

08_201911180944537dc.jpg

イメージ図が近場に来たんで撮り直し
図でも判る通り、車線毎の桁じゃなく、上下線が通るんで、
箱桁に上部構造がくっ付く複合桁になると思われ

09_20191118094454a18.jpg

交叉を厚木側から。太陽がまぶしい

10_20191118094455d6b.jpg

中を通る迂回路がまだ通れるんで、入ってく

11_20191118094457bba.jpg

ここらは外側が覆われて無いんで、桁の様子が良く判る

12_20191118094458113.jpg

R246接続側の橋台A2にはカルバートが設けられてる
取り付きも出来て、埋めて盛土されると思われ

13_2019111809450064d.jpg

部材が置いてあったが、コレは桁本体じゃなく、側板か【左下】
桁断面が見えるトコと探したら、P3辺りに箱が取り付いてた。鋼の箱桁【右上】

14_201911180945016bd.jpg

堪能したんでR246渡ってHS77を登り、上から見通せるトコから
足元に造ってたんは厚木方面へのOUT線のカルバートだった
R246からは高台の上になるんで見えんかった

15_20191118094503206.jpg

HS77を登ってく途中の現場口【左上】
農道カルバートと降り道が形になってる【右上下】。
カルバートの向うでは重機の音がしてて、休日なのにご苦労様です
現場口付近は高過ぎるのか、ランプ道を掘割風に削ってる【左下】

16_2019111809450488f.jpg

料金所現場口から【右上】切通を掘り下げてるんだが、丁度太陽がソコラなんで見辛い
向う【ピンク星】から下が見えるかと、ちょい行ってみたが崩れてる【右下】
なんとか見てみたが、斜面下なんで見えない【左下】

ランプ道編へ続く

秦野八沢巡回

本日、秦野八沢方面への巡回へ

01_20191117185033744.jpg

の前に台風19号で被害出て数日不通となった小田急の現場
みやこ食堂Pから、木々の間から見えるんだが、イマイチ

02_20191117185034369.jpg

【右上】そこからブル道で河原へ降りれるけど、マッディだし第一マズイ
【左下】ちょい上流から河原へ降りる

03_20191117185036de8.jpg

第二菖蒲隧道の渋沢側の護岸が被害受けた。とりあえずの仮復旧状態
【ピンク矢印】この架線柱がコケたんだが、川側が無いんで中央の仮柱で立ってる
【青矢印】こんなトコに暗渠があった

04_20191117185037e76.jpg

そのうちちゃんと工事すると思われ
みやこ食堂Pの隅にでかいコルゲートが置いてあるが、コレ使うんだろか

05_20191117185039a8f.jpg

ちょい上流で河原に重機が降りてた
なる程、コルゲートで仮水路造って工事すると思われ

06_2019111718504034a.jpg

さて、本題の新東名/秦野ICランプ
11月3~5日夜間工事でR246にランプ橋を架けた筈、、
【左上】コレじゃない【右下】コレね

07_20191117185042fe8.jpg

HS77からランプ橋辺り。R246の先の桁も架けつつある
ぉぉぅ、手前はそーなったのか

08_201911171850433b4.jpg

HS77を進んで途中交叉する農道を見て、HS77付替え橋の辺り
ん~こうなったのか、予想と随分違った

09_201911171850450b0.jpg

八沢に出て見回すと以前造ってたのが出来てる。カルバートだったんかい

10_201911171850462ef.jpg

まだカルバートは潜れないが、その先、大久保集落へ向かう八沢008(旧932)を登る

11_20191117185048210.jpg

本線ICは盛土中で、まだ形になって無いが、下側の調整池は一応形になってる

12_20191117185049118.jpg

溝之尾橋は一応桁が架かってるんで見てく

13_20191117185051755.jpg

柳川のプライベートトンネルは閉塞されてる

14_201911171850521c0.jpg

工事用道路を横切る農道で本線上へ

15_20191117185054021.jpg

小原トンネル西坑口の上に出た
溝之尾橋の辺りから本線ICなんだが、まだ形になって無い
小尾根の向うに見えるんが萱沼トンネル東坑口

本日はコレまで。各所の詳細は後程


プロフィール

BAZU

Author:BAZU
還暦-1なんで若く無いです

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる