2021/10/21

阿蘇山噴火

1.gif
阿蘇ライブガメラ 阿蘇火山博物館・草千里 より

2_20211021001114645.jpg
現地に居た人は絶望感半端なかったろうなぁ

0_20211021004330985.jpg
慌てて逃げた車もあったが、観光バスの集団は一旦建物に避難し、
噴火が落ち着いてから移動した。GJ!
(私も慌てて逃げる派だが、道路が通れんかったらアウチだから建物避難が正解)

3_20211021001114299.jpg
阿蘇山の噴火史は有史以降でもメチャある
数十年間大人しい事もあるが、大体例年大小の噴火してる
(記録されて無いだけかも知れない)

気象庁/阿蘇山 有史以降の火山活動
https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/fukuoka/503_Asosan/503_history.html

4_20211021001114d76.jpg
某掲示板では九○ヲワタと賑わってるが、
例年の噴火も殆どが水蒸気噴火だし、今回も同様
マグマ噴火と根本的に違うし、即破局噴火する事も無い

6_202110210011146d8.jpg
阿蘇は昔行った事があるが、火山的には詳しく無いので、ちょいと調べた
地質調査所/火山地質図より中央火口丘辺り(加筆あり)
うむ、この程度ではよく判らんな

一応全体
https://blog-imgs-152.fc2.com/6/a/k/6ake7jz9zefp/5_2021102100111422c.jpg


スポンサーサイト



2021/10/19

南海トラフ地震と富士山噴火

01_202110190128186e8.jpg
富士山の噴火のハナシをしたんで、コッチも触れておこう
南海トラフ地震と富士山の噴火の関係だ

02_20211019012819611.jpg
南海トラフ地震で富士山が噴火するっうのは、ちゃんとした専門家も述べてる
最もメディア等の露出が多いのは鎌田浩毅氏だと思う
なんてちゃってと違い、ちゃんとした理論と考えを持ってる
ホームページもあるので、参考までに
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/resilience/~kamata/

05_20211019012824dbc.jpg
まぁ南海トラフなんて、次の周期はまだ先だから、、、
なんて思ってたんだが、ちょい前より発生確率が上がってる
30年以内に70~80%だ

おかしい、、過去の地震周期は100年から200年位だった筈
前回が1946年だから、次は2046~2146年の間頃なんじゃないか?
前々回との間が90年と短かったが、それでも2036年だぞ

06_2021101901282562f.jpg
南海トラフ地震の発生確率の計算を調べてみたら、BPT分布という計算らしい
以前は違ったと思うが、詳しい事は判らんかった
さいで、この方法は図左上のように周期や規模からグラフを描き、
そん中から年~年の面積で計算するそうだ
全体面積で割れば、その期間の確立がでるんだが、
現在まで地震が発生して無いので、その分は省いて計算する
下側が実際の計算。2020年から10年20年30年と面積増やせば、
残りはガンガン減るんは当たり前で、確率は高くなるんだが、
このグラフのピークが2030年頃になってるのが、よー判らん
真っ当に考えれば、周期100-200年の間を取って、
150年位先、すなわち2096年位がピークになるんじゃない?

そんなこんなで2021年時点で70~80%になってる
トコロでこの計算方法なら、10年以内、20年以内も計算できるんで、
そういう情報があっても良いと思う
(10年以内などかなり低くなる。ぶっちけ来年の確立も出る)

07_202110190128278db.jpg
話がそれた。南海トラフ地震と富士山噴火に戻る

そもそも南海トラフと富士山が関係するっうのは、
1707年の宝永地震後、49日で富士山が噴火したからで、
全ての連動説がこの件を根拠にしてる
南海トラフ地震は100-200年の周期で起きてるんで、
宝永地震以外の時も噴火して・・・

1096/99年、1605年、1854年、1944/46年は、偶々かも知れないが
富士山に噴火の兆候すら無い
されど、887年地震の50年後、937年に噴火してるので、
地震と噴火には関係あるに違いない
(684年地震と800年噴火間は116年と、かなり苦しい)
うーむ、やっぱ無理だよなぁ

富士山噴火の西暦年、赤字は噴火の確認が出来たものだ
そうで無いものは地学的に確認とれて無い

08_2021101901282813c.jpg
資料が若干古くて、既に色々更新されてるのだが、纏まってるので・・・
(故に火口や溶岩域は最新と若干違います)
噴火の確認(放射同位体測定等まで)取れてるのは以下の通り
800年延暦大噴火。檜丸尾第二・鷹丸尾溶岩(えんじ色)
864年貞観大噴火。青木ヶ原・氷穴溶岩(ピンク)
937年(承平7年)。剣丸尾第一溶岩(オレンジ)
1033年(長元5年)。剣丸尾第二溶岩(紫)
[名(岩相層序単元名)、年代確認は
産業技術総合研究所/富士火山地質図(第2版)(2016)の凡例一覧]

09_20211019012830c98.jpg
溶岩とかスコリアで確認が取れてないので外してるが、
噴火~降灰の規模が小さければ実際に噴火したかも知れない
800年延暦大噴火に埋もれてる可能性もある(区別されて無いとか)

10_20211019012831051.jpg
規模が判らんので判らん

11_20211019012833bd4.jpg
らしい。あまりにも情報が限られてる

実際のトコ、前出も含めて測定年に含まれるスコリア(火山灰)はあるんで、
小規模な降灰位は有り得る(たんだ確認できん)

ただ、それらを地震による噴火活動に含めるんはどうかと思う
地震無くても活動してる時はしてるし

12_20211019012834521.jpg
大流溶岩はその後の分析でAD800頃と判明してる
溶岩で該当するモンは無いし、スコリアも1120年以降1707宝永以前のは見つかって無い

炎=噴火溶岩流というのは早急する気がする。火映もありえる

13_20211019012836142.jpg
山梨市からというのも微妙で、頭しか見えないので若干高台に行かんと、、
もっと上なら5合目位まで見えるトコはあるが、かなり登らんと見えん

14_202110190128378b1.jpg
甲斐国都留とは、富士吉田市のお隣、即ち富士山吉田口(北口)の門前
文中の「カマ岩」と具体的な場所があり、
吉田口七合目の鎌岩尾根か六合-七号間の神満岩辺りと思われ

富士山は活動が大人しくなった12世紀頃から修験道が闊歩する一大霊山となる
15~16世紀には修験者に引率される衆人登山が盛んになった
(登山道的なのは14世紀~15世紀後半に開かれたとされる)
既に地名が付いてる程人は行き来してる筈なのだが「カマ岩燃る」
だけっうのが噴火とは思えない
吉田には修験者の宿的なモンもあったろうし、
吉田-大月との道筋となる都留に情報が入ってこん訳が無い

15_202110190128397c4.jpg
吉田口登山道の六合から七・八号の道筋。神満岩は判らんが、
鎌岩は七合目辺りの山小屋が並んでる辺りだそうだ
そこいらは須走-b期の噴出物であり、年代は約5600~3500年前にあたる

近隣の噴火活動がカマ岩に映ったとしても、
ソッチが見えずにカマ岩が照らされるというのも変だ
護摩焚きでもしたんだろか・・・

16_202110190128403e3.jpg
幾つかのソースを見ても、該当しそうなネタは無かった

南海トラフ地震と富士山の火山活動に関係はなく、
1707年の宝永49日後も「たまたま」という説もある

私もなんで富士山だけ?という考えもある
地震で火山が噴火するなら、箱根や伊豆の火山だって噴火していい筈

たんだ地震と火山はまったく関係してないかというと、
同じプレート運動によるものだし、
揺れでまったく影響を受けないというのも不自然
「噴火しそう」な時に大きな地震があれば、影響受けるでしょ
そういう意味私的には宝永49日後は関係あったんじゃないかと思う
たんだスタンバイじゃなきゃ即影響が出ないのは、歴史が語ってる

2021/10/16

富士山ハザードマップ 令和3年3月

01_20211016162433524.jpg
令和3/2021年の春先はこのニュースでざわついた
富士山ハザードマップが改定されて、溶岩流がコッチに来る可能性があるとな!

02_20211016162434805.jpg
早々に県のページで確認した。元になってるのはコチラの図

神奈川県/火山の防災情報/富士山について
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/j8g/bousai/1_3235_9_13.html

上の方、桂川~相模川経由で相模原市(旧津久井郡)にも来るが、
とりまおいといて、鮎沢川~酒匂川経由でやって来る可能性がある
こいつぁヤベぇ!

[富士山が噴火したら溶岩流以前に大変だが、今記事では溶岩流だけ解説します]

04_20211016162435627.jpg
旧ハザードマップでは御殿場で止まる筈だったのに、、、
どーして範囲が広がった?

05_20211016162437494.jpg
ちな過去に酒匂川筋に溶岩が流れ込んだ事は無い
御殿場の堆積物の下とかどーなってるか判らんが、
鮎沢川は河内川と合流する以前に足柄層(概ね昔の海底堆積物)を削って流れてる

06_20211016162438e0b.jpg
過去の溶岩流見ても同様。川沿いに流れるんは随分昔に桂川沿いに猿橋まで、
黄瀬川沿いに三島まで流れててるが、御殿場から鮎沢川への溶岩流は流れて無い
(その昔、酒匂川は鮎沢川→黄瀬川と流れてた。というハナシもある)

ちなみに、そんな遠くまで溶岩流れて大変・・・だが、
1万年~8000年前位の富士山がドンドカ成長してた頃のハナシなんで、
今日日そんな噴火するか?とも思うが、たった数千年前の事だからなぁ
火山としての富士山はとっても若い山なんで、これからかも知れんし

06b.jpg
猿橋いった時は意識しとらんかったから、溶岩見に行かんかった
桂川にも降りたけど、よく見て無い

06c.jpg
三島駅の南側に湧水がいっぱいあって、溶岩流が来てた事は知ってたが、
駅の北側に溶岩洞窟があったんは、正直驚いた(既に埋められてます)

07_20211016162443252.jpg
さて、令和3年改定で溶岩流範囲が広がった原因だが

左上/想定火口域拡大
新たな火口発見云々いっとりますが、そこら辺の火口は随分前から判ってた筈
右上/想定する過去の噴火年代を広めた。約3200年前~を約5600年前~に
左下/てな訳でH16版では溶岩7億㎥の推定だったが、倍近い13億㎥に
中下/主にIT技術の発達故と思うが、シミュレーションの計算地点を
H16版の5倍となる252地点に

という風に想定の年代と火口域を広めた結果、大幅アップとなったようです

08_2021101616244409c.jpg
開始地点は大規模噴火と中規模噴火の時、それぞれこんだけありますが、
全て追っかけるんは大変なんで、酒匂川筋にやって来るものだけ見分

09_202110161624463a6.jpg
中規模噴火溶岩流/M33地点。須走口5合目付近
最終的に南足柄市・開成町まで

10_20211016162447c4a.jpg
中規模噴火溶岩流/M34地点。須走口5合目付近
M33同様だが、コッチの方が早く到着

11_20211016162449947.jpg
中規模噴火溶岩流/M35地点。須走口5合目付近
鮎沢川-河内川出合付近まで到達

M33~M35は隣り合った極近い地点
ちな北側のM32だと御殿場にも流れるが大半は山中湖へ流れ入る
逆の南側M36だと御殿場で止まる(以降南下)

0_20211016172328d32.jpg
大規模噴火溶岩流/L28地点。須走口本七号やや南
桂川半分、酒匂川半分位か?山北に流れ込む

12_20211016162450165.jpg
大規模噴火溶岩流/L29地点。須走口本七号やや南
開成町を抜けて小田原市一部に到達

13_2021101616245256d.jpg
大規模噴火溶岩流/L30地点。須走口本七号やや南
開成町を抜けて小田原市一部に到達

L29とほぼ同じだが、御殿場市街の流れがちと違う

14_20211016162453e4c.jpg
大規模噴火溶岩流/L31地点。須走口本七号南。小山町御殿場市境近く
御殿場市街を抜けて、最大で開成町。なぉ、どうしてか山北谷蹂躙

15_20211016162455629.jpg
大規模噴火溶岩流/L32地点。須走口本六号-宝永山間。小山町御殿場市境付近
大半は黄瀬川に流れるが鮎沢川沿い県境辺りまで

L28北側のL27では桂川流域、L32南側L33も鮎沢川に流れるが、大半は黄瀬川

とまぁ、全て可能性なんだが、
そもそも鮎沢川流域が富士山西側のごく一部なんで、万一の場合でも確率は低そ

16_202110161624562f1.jpg
それらを取りまとめたんがハザードマップになってる

気になったんが、鮎沢川筋から酒匂川に流れ込むには、
河内川と合流するんだが、(火山灰とか色々ありそだが)
丹沢湖を放流すれば、溶岩流を止められんか?
(だとしても天然堰止湖が出来るという別の地獄が待ってるが)

17_20211016162458327.jpg
てな訳で今回のシミュレーションに関する資料を漁って、色々調べてみた
溶岩流のシミュなんて実績ないだろ大変だなと思いつつ、
足柄平野蹂躙の断面図は置いといて
丁度地図が鮎沢川~(河内川)~酒匂川、合流する辺りでも急激な変化は見られ無いので、
河内川はザコ扱いなのか勾配しか見て無いのか、とりま河川の水は考慮してみたいみたいだ
という訳で万一の場合はワンチャンあるかも

18_20211016162459651.jpg
火口想定図と実際の火口が合ってるか見てみた
それなりの噴火災害のあった火口は網羅できてるようだ

富士山の火口、この場合の側火口だが、なんか方向性がある気がしない?
実際、南側の鑵子山~宝永山~山頂火口~大室山の南東-北西を最大に、
幾つかの側火口は連なってるので、そういう傾向にあると思われ
ちな地図上のピンク丸は深さ10km位のトコで度々M2-3の地震が起きてるトコ
プレートの境界辺りと思われるんで、その辺が富士山活動の原点なんかも知れない

19_20211016162501c1e.jpg
てな風に煽っといて富士山噴火すんじゃね?と思われるかも知れんが、、、、
判らん。専門家じゃないし
さりとて首都圏に近く、万一の場合は被害甚大なんで、
気象庁を始め各機関が常時観測してます
気象庁も月一で観測データも公開してるんで、
「雪が少ない」とか言って無いで参照してください

気象庁/全国の活火山の活動履歴等/富士山
https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/314_Fujisan/314_index.html


2021/10/15

スマホストラップ

01_2021101508221050c.jpg
2020年10月にスマホを買い替えたんだが、旧器にあったストラップホールが無い
というか、今日日ストラップホールのあるスマホの方が珍しい

スマホを落とす心配があるんで、ストラップは必須だ
ぃゃ地面に落とす程度なら良いが、橋の上とか擁壁の上とか崖っぷちとか
見通しの良いトコでスマホ使う事が多いんで、落とす=回収不能になるのを防ぎたい

02_20211015082211a37.jpg
ホールの無いスマホでストラップとくぐると、
ハードカバー付けて何やらの方法でストラップという手がある

とりまホールのあるカバーを仕入れてみたが、
ストラップ以前にカバー付けるとケース#2#3に出し入れするんに難儀する
こりゃ駄目だ
(ちな、国産のカバーにしてみたが、
旧器ではカバーの取り付け取り外しに難儀する程だったが、
コレは割と簡単に出来る・・・
カバー側にストラップを付けた場合、スマホがすっぽ抜けるじゃないか?)

03_20211015082213969.jpg
第二案としてヘッドホン(イヤホン)ジャックにストラップを付けられるアダプタ
amazonで1.76k円
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0125YFCLA

以前はPLUGGY LOCKという似たような奴があったが、既に手に入らない
日本正式代理店のオウルテック(販売終了)
https://www.owltech.co.jp/product/maitm03

04_202110150822144fc.jpg
物としてはジャックにアダプタを挿入し、回して中のゴムを締め付け固定する

生産販売国内メーカーという純国産品で、ゴムパーツなどの補修部品もあって超安心
アルマニア/ストラップタイプ イヤホンジャックカバー
https://alumania.net/products/mobile/strap_hp_cap/index.htm

ジャックにアダプタ付けると、
スピーカーから音が出なくなる機種とかもあるから事前に確認が必要
(設定によって回避できる機種もある)
ウチのは何の問題もなく使えた

05_2021101508221687c.jpg
スマホに紐付け

アダプタは取り外し可能なので、緩む方向に廻せば外せる
4ヶ月程使ったが、時折外れる程じゃなくても緩んでたりした
ジャック使わないんで、緩まないように接着封しちゃっても良いかな・・
(スマホで音楽聴かないし、
ハンズフリー用にイヤホンマイクもってるがBluetooth接続だし)

06_20211015082217886.jpg
ストラップ紐も、以前から探してたんだがショップ等に無くamazonポチ
ネックタイプ5本0.989k円(こん時はオレンジの短いのオマケ付き)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PJWV2KG

金属パーツや無駄な脱着が無い単純な紐って、なかなか無いんだよね
長さ調節も要らないのでニッパで撤去
予備が沢山ある


2021/10/14

サイコン更新

0_202110140617541e7.jpeg
UVカットのブルーシートをチャリカバーにしてたんだが、
2017年12月から使って、流石にボロボロになってもうた

01_20211014061332bdd.jpg
てな訳で今年の梅雨時期に普通のチャリカバーに変えた
UVカットブルーシートは光も通さん遮光性があったが、コッチはそうでもない
そのせいか夏場の暑さのせいか、
8月末まで動いてたサイコンSuaokiのBKV3000が死んだ
本体表示しないんで電池が切れたのかと思って交換しても駄目
一瞬ナニカでるけど、動作せず
2017年9月から使ってるから、経年っうもあるかも知れない

02_20211014061333ea0.jpg
てな訳で慌てて探して、amazonで中華のサイコンをポチっと
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09479676Z
買った時は2k円だったが、現在は2.18k円

03_20211014061335ce1.jpg
でかい=いっぱい表示&字が大きい
なんといっても私的必須の温度表示がある(今回計測テストしてない)
累積距離は旧サイコンから引き継ぎ

懸念はスイッチがタッチ式(おそらく静電)なんで、手袋して操作が難
SLEEPからの走り出しで自動復帰せず、スイッチを押す必要があったが、
静電なんで手袋を外す必要があり、、、と苦労したんだが

04_20211014061336ba8.jpg
走り出し(センサー部反応)では復帰せんが本体に振動センサーが内蔵されてて、
動かせばSLEEP復帰する。ぉぉぅ、これは便利

05_20211014061338468.jpg
一応、MODEスイッチで切りかえればカロリーとかストップウオッチの機能はあるが、
基本(いや絶対)使わないんでいいや

スペック上では最高速とか平均速度などの機能があるが、
何処でどーやって表示表示させるかマニュアル(日英)には書かれておらず、
方法が判らん、、、ひょっとして無いのかも

夜間(時間帯設定)でMODEスイッチ操作でバックライトも点く
(が夜間はメットライトで見てるんで、バックライトも使わない)

06_2021101406133903a.jpg
ハンドルマウントなんでゴチャゴチャしたチャリでも装着可
なんだが、意外と付けれる場所が無い
マウントのアオリの関係で右側じゃないと駄目だし、
マウントx本体の接続は180度しか変えられない
(amazonでは中央左側にマウント写真があり、この辺りが落とし処風
たんだ、装着の結果、微妙に角度がズレるかも知れない)
とないしたモンかと悩んだんだが、旧サイコンのマウントと似てるな・・

08_202110140613410a6.jpg
旧サイコンも同じ電池CR2032で、丸蓋の大きさも殆ど同じ
旧マウントに装着してるとユルユルだが辛うじて止まる
脱落防止に金属(銅)テープで止めて、コレで良いか

09_202110140613428a5.jpg
センサー部は前輪に設置
なお当初動かず、ハズレかと思ったが、新しい電池にしたら動いた
センサー部側は丸蓋締めでなく、単に蓋で押さえてるだけなんで、
カバーだけ外れそう。あと水入ったら一発で死ねるんで、
上部に金属テープ張っといた。無線接続なので金属テープは最小
今品は無線ペアリングじゃなく、ベタなアナログ通信

10_20211014061344c72.jpg
設置状況はこんな感じ
旧サイコンは温度や累積距離見るんに表示切替の必要があったが、
コレはまったく操作の必要が無いのが楽

11_20211014061345973.jpg
あんま出番が無いが、スマホホルダーを装着するとスマホ未装着でギリ

12_20211014061347d71.jpg
スマホ実装、まっ見えるな
旧サイコンもこんな状況で使ってたから、見えれば良いや

電池持ちや冬季寒い時期の動作など、1シーズン過ごさんと、そこら辺は判らん
が、安いから物は試しでも良い